遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【P.U.N.K.(パンク)】デッキレシピ・回し方・魅力を紹介!

【スポンサーリンク】

f:id:hairon36:20210918020912p:plain

どうも、ハイロンです。

今回は、P.U.N.K…【P.U.N.K.(パンク)】デッキを紹介したいと思います!

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」の中では最後の紹介となりましたが、今回紹介するデッキレシピは、純構築型ではなく、「ジャックナイツ」を混ぜたサイキック族寄りに作ってますので、今から【P.U.N.K.】デッキを作ろうと思っている方やデッキを改良したくて良い案を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では、まずは【P.U.N.K.】の魅力を紹介したいと思います。

【P.U.N.K.(パンク)】の魅力

遊戯王カード No-P.U.N.K.フォクシー・チューン(スーパーレア) グランド・クリエイターズ(DBGC) | デッキビルドパック ノウ パンク サイキック族

「P.U.N.K.」は、レベル3の地属性・サイキック族の下級モンスターと、レベル8の上級モンスターで統一されていて、融合・シンクロを狙えるテーマで、以下の特徴が魅力となっています。

魅力①:サーチ手段が豊富!

「P.U.N.K.」の最大の魅力は、サーチ手段が豊富という点になります。

「P.U.N.K.」の下級モンスターには、ライフを600払って何かしらの「P.U.N.K.」カードをサーチできる効果がありますし、上級モンスターにもサーチ効果やリクルート効果があるので、デッキの安定感はズバ抜けていると言えます。

魅力②:サポートカードが優れている

「P.U.N.K.」のもう1つの魅力としては、「P.U.N.K.」のサポートカードが優れている点になります。

「P.U.N.K.」には、「P.U.N.K.」モンスターを守りながら相手モンスターを破壊するような効果が魔法カードに多い一方で、罠カードはどのようなデッキでも入れることができる汎用効果を持つのが特徴になります。

 

また「P.U.N.K.」の下級モンスターがサイキック族ということで、「緊急テレポート」などのサイキック族側のサポートカードも使えるので、サポートカードには恵まれていると言えそうです。

 

では続いて【P.U.N.K.(パンク)】を使ったデッキレシピを紹介します!

【P.U.N.K.(パンク)】デッキ紹介

f:id:hairon36:20210918020817j:plain

《モンスター:22枚》

No−P.U.N.K.オーガ・ナンバー×2

紫宵の機界騎士×3

紺碧の機界騎士×1

No−P.U.N.K.フォクシー・チューン×2

蒼穹の機界騎士×2

精霊獣使い ウィンダ×3

Uk−P.U.N.K.娑楽斎×2

Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー×3

Go−P.U.N.K.ワゴン×1

No−P.U.N.K.セアミン×3

 

《魔法:13枚》

星遺物を継ぐもの×1

死者蘇生×1

ハーピィの羽根帚×1

Go−P.U.N.K.ワイルド・ピッキング×1

一点着地×2

フューチャー・グロウ×3

緊急テレポート×2

星遺物の機憶×2

 

《罠:5枚》

Jo−P.U.N.K.ナシワリ・サプライズ×2

Jo−P.U.N.K.デンジャラス・ガブ×3

 

エクストラデッキ:15枚》

Uk−P.U.N.K.カープライジング×2

精霊獣騎 ガイアペライオ×2

フォーミュラ・シンクロン×1

PSYフレームロード・Ζ×1

PSYフレームロード・Ω×1

フルール・ド・バロネス×1

Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン×2

宵星の機神ディンギルス×1

転生炎獣アルミラージ×2

水晶機巧−ハリファイバー×1

PSYフレームロード・Λ×1

【P.U.N.K.(パンク)】デッキの回し方・ポイント

このデッキは、「P.U.N.K.」と「ジャックナイツ」とのサイキック族の混合デッキであるため、デッキの回し方としては、①「P.U.N.K.」側の動きをしつつ、②「ジャックナイツ」の特殊召喚も狙いながら、③「フューチャー・グロウ」による打点強化の3つを軸としています。

①「P.U.N.K.」の動き

遊戯王カード No-P.U.N.K.セアミン(スーパーレア) グランド・クリエイターズ(DBGC) | デッキビルドパック ノウ パンク チューナー サイキック族

「P.U.N.K.」の動きとしては、「P.U.N.K.」モンスターのサーチ効果を使いながら、「P.U.N.K.」魔法や罠カードによる妨害をしつつ、「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」のシンクロ召喚が最終ゴールとなります。

「P.U.N.K.」モンスターのサーチ効果について

まずは、下級「P.U.N.K.」モンスターが持つサーチ効果を使って、手札や場を整えていきますが、各モンスターごとのサーチ先の目安としては、以下のようになります。

「No−P.U.N.K.セアミン」の場合

「No−P.U.N.K.セアミン」は、「P.U.N.K.」モンスターをサーチできるということで、基本的には「No−P.U.N.K.フォクシー・チューン」をサーチします。

 

「No−P.U.N.K.フォクシー・チューン」には、自身と手札1枚を墓地へ送ることで、「P.U.N.K.」モンスターをデッキから特殊召喚できるので、融合召喚を狙う場合は「Uk−P.U.N.K.娑楽斎」、バックを固めたい場合は「Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー」を特殊召喚します。

 

もしくは、「No−P.U.N.K.セアミン」をリリースして、「No−P.U.N.K.フォクシー・チューン」を特殊召喚して、戦闘で相手モンスターを破壊してライフを回復するという形にすることもできます。

 

「No−P.U.N.K.セアミン」を「緊急テレポート」でサーチしていた場合は、「Uk−P.U.N.K.娑楽斎」をサーチ&通常召喚してそのまま融合召喚するか、「Go−P.U.N.K.ワゴン」をサーチ&通常召喚して、「水晶機巧−ハリファイバー」のリンク召喚して、「Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー」を特殊召喚することで、「P.U.N.K.」魔法・罠カードを1枚ずつサーチするという形も狙うことができます。

 

「Go−P.U.N.K.ワゴン」の場合

「Go−P.U.N.K.ワゴン」は、「P.U.N.K.」魔法カードをサーチできますが、このデッキでは、「Go−P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」の一択になります。

 

「Go−P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」は、「P.U.N.K.」モンスターが相手モンスターと戦闘を行った場合に、そのモンスターをダメージステップに破壊できるカードとなるので、このカードがあれば、攻撃力が低い「P.U.N.K.」モンスターでも戦闘に参加できますし、相手モンスターからの攻撃でも発動できるので、戦闘における妨害ができます。

 

「Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー」の場合

「Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー」は、「P.U.N.K.」罠カードをサーチできるので、場面によって「Jo−P.U.N.K.ナシワリ・サプライズ」と「Jo−P.U.N.K.デンジャラス・ガブ」のサーチを使い分けます。

 

「Jo−P.U.N.K.ナシワリ・サプライズ」は相手のセットカードを破壊できますが、「P.U.N.K.」モンスターがいると、相手の表のカードも破壊できるので、破壊による妨害を優先したい場合は、こちらになります。

 

「Jo−P.U.N.K.デンジャラス・ガブ」は、相手フィールドのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする妨害カードで、さらに「P.U.N.K.」モンスターがいると、その無効にしたモンスターの元々の攻撃力分ライフを回復できるので、モンスター効果を警戒する場合は、こちらを優先します。

「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」のシンクロ召喚と効果について

遊戯王カード Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン(ウルトラレア) グランド・クリエイターズ(DBGC) | デッキビルドパック ウキヨエ パンク シンクロ

「P.U.N.K.」の最終地点となる「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」のシンクロ召喚には、レベル8とレベル3・チューナーの「P.U.N.K.」モンスターで作りますが、「P.U.N.K.」テーマ内だけでは、レベル3の「P.U.N.K.」モンスターを2体並べて、そのうち1体をリリースして、レベル8の「P.U.N.K.」モンスターを特殊召喚するという形で狙います。

 

レベル3の「P.U.N.K.」モンスターを2体並べる方法ですが、「緊急テレポート」と通常召喚権を使う方法もありますが、「Uk−P.U.N.K.カープライジング」を融合召喚して、「Uk−P.U.N.K.カープライジング」の効果を使うと同じことができます。

 

ただし、いずれの場合でも、「No−P.U.N.K.セアミン」の特殊召喚から、レベル8の「P.U.N.K.」モンスターのサーチという行為は、必須となってきます。

 

「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」をシンクロ召喚できれば、「自分のフィールド・墓地のサイキック族レベル3モンスターの種類の数まで相手フィールドのカードを手札バウンス」する効果が発動できるので、展開する過程の中で、なるべくレベル3のサイキック族を墓地へ送っておきたいところです。

(上記の展開方法を使うと、2〜4種類は墓地へ落ちている状態となっているはずです。)

 

なおこの効果は、シンクロ召喚の成功で発動できるため、「Uk−P.U.N.K.娑楽斎」の相手ターン中にシンクロ召喚できる効果を使うと、相手ターン中でも発動が狙えます。

 

また、「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」は、「P.U.N.K.」モンスターを墓地から蘇生できる効果を持っているので、シンクロ召喚の後は、こちらの効果を使って、レベル8やサーチ効果を持つ「P.U.N.K.」モンスターを蘇生することになりますが、シンクロ召喚の成功で発動できる効果と蘇生効果は、1ターンに1度、どちらかしか使えない点には注意が必要です。

②「ジャックナイツ」の特殊召喚

紫宵の機界騎士 スーパーレア 遊戯王 エクストリーム・フォース exfo-jp020

「ジャックナイツ」モンスターは、同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合に、その縦列の自分の場に手札から特殊召喚できる効果を持っています。

なので基本的に「ジャックナイツ」の特殊召喚は、相手モンスターや相手の魔法・罠ゾーンにカードがある同じ縦列に自分の魔法・罠カードをセットすることで済みます。

 

しかしながら、先行での展開や相手の盤面にカードがない場面もあると思うので、そんな時に「ジャックナイツ」モンスターを特殊召喚したい場合は、攻撃力1000以下の「P.U.N.K.」モンスターと魔法・罠カード1枚を使って、「ジャックナイツ」を特殊召喚できるゾーンを作っていきます。

その手順としては、

①攻撃力1000以下の「P.U.N.K.」モンスターを通常召喚。

②通常召喚した攻撃力1000以下の「P.U.N.K.」モンスターを素材に「転生炎獣アルミラージ」をリンク召喚。

③「転生炎獣アルミラージ」と同じ縦列に魔法・罠カードを置く。

これにより「ジャックナイツ」を特殊召喚できるゾーンを作ることができます。

 

なお、この時に攻撃力1000以下の「P.U.N.K.」モンスターが、「Jo−P.U.N.K.Mme.スパイダー」か、「Go−P.U.N.K.ワゴン」であれば、魔法・罠カードをサーチ効果で用意できるため、上記のことを1枚で完結できます。

 

また「ジャックナイツ」には、デッキから特殊召喚ができる「星遺物の機憶」というカードがあるので、そちらのカードを使っての特殊召喚もできますが、発動後、ターン終了時まで「ジャックナイツ」しか特殊召喚できない制約が付きますし、特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻るというデメリットがある点に注意したいところです。

 

特殊召喚した後の「ジャックナイツ」は、アタッカーとして戦闘に参加させたり、レベル8の「紫宵の機界騎士」や「紺碧の機界騎士」であれば、「Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」のシンクロ素材にすることができます。

③「フューチャー・グロウ」による打点強化

遊戯王 GENF-JP056-N 《フューチャー・グロウ》 Normal

永続魔法

自分の墓地に存在するサイキック族モンスター1体をゲームから除外して発動する。

このカードがフィールド上に存在する限り、 自分フィールド上に表側表示で存在する全てのサイキック族モンスターの攻撃力は、 このカードを発動するために除外した モンスターのレベル×200ポイントアップする。

「フューチャー・グロウ」は、自分の墓地のサイキック族モンスターを除外することで、サイキック族の打点をアップできるので、このカードで自分の場のサイキック族モンスターの打点の底上げを狙います。

 

「フューチャー・グロウ」で除外するサイキック族モンスターですが、レベル3の「P.U.N.K.」モンスターを除外すると、600しか上昇しないので、レベル5やレベル8の「ジャックナイツ」を除外して、1000または1600の打点アップを狙いたいところです。

デッキに採用したカードについて

ここでは、【P.U.N.K.(パンク)】以外の採用したカードについて、採用理由や補足を加えて紹介します。

精霊獣使い ウィンダ

遊戯王OCG 精霊獣使い ウィンダ レア RATE-JP026-R 遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト]

「精霊獣使い ウィンダ」は、相手によって破壊されると、デッキまたはエクストラデッキから「霊獣」モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できるモンスターになります。

 

基本的な動きとしては、このモンスターで戦闘破壊または自爆特攻して、エクストラデッキから「精霊獣騎 ガイアペライオ」を特殊召喚し、そのまま高打点を活かす使い方もしますが、「精霊獣騎 ガイアペライオ」はサイキック族なので、リンク素材などにして墓地へ落としつつ、「フューチャー・グロウ」で除外することで、サイキック族の打点を2000上げる動きもできます。

 

こうなると、レベル3の「P.U.N.K.」モンスターでも、上級モンスタークラスの打点となるので、このカードは、「フューチャー・グロウ」の効果を広げるために採用している部分になります。

一点着地

遊戯王カード 一点着地 レア EXTRA PACK 2019 EP19 | エクストラパック2019 永続魔法 レア

「一点着地」は、手札から自分の場にモンスター1体を特殊召喚できた時に、1枚ドローできるカードで、「ジャックナイツ」をはじめ、上級の「P.U.N.K.」モンスターが手札から特殊召喚できる効果を持つため、ドローソースとして採用してます。

 

なおこのカードは、単純に「ジャックナイツ」の特殊召喚ができるゾーンを作れるカードにもなるため、出す位置にも注意したいところです。

フォーミュラ・シンクロン

相手ターンでの妨害を増やすために採用してます。

基本的な使い方としては、「水晶機巧−ハリファイバー」の相手ターンで発動できる効果で特殊召喚して、1枚ドローしつつ、レベル8のモンスターとともに「フルール・ド・バロネス」のシンクロ素材にしたり、レベル5の「蒼穹の機界騎士」がいれば、レベル7のシンクロ召喚も狙えます。

最後に

今回は、【P.U.N.K.(パンク)】デッキを紹介しました。

発売当初は純構築で作ろうと思ってましたが、下級の「P.U.N.K.」モンスターが、サイキック族ということで、これらのモンスターをアタッカーとして活用したいと考えた結果、今回紹介したデッキレシピの形となりました。

 

実は、「ジャックナイツ」と「フューチャー・グロウ」のギミックについては、過去に紹介したサイキックビートデッキの主軸だったのですが、昔からこのブログを見てくれている読者さんはそれに気づきましたかね?

 

ということで、【P.U.N.K.】デッキに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ではこれで【P.U.N.K.】デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com