遊戯王マスターラボ

デッキレシピやパックの開封結果を紹介している遊戯王ブログです。

【氷水】デッキレシピ・回し方・魅力を紹介!

【スポンサーリンク】

f:id:hairon36:20220406171450j:plain

どうも、ハイロンです。

今回は、少しずつ強化をもらっている【氷水(ヒスイ)】デッキを紹介します。

今から【氷水】デッキを作ろうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【氷水】の魅力とは?

遊戯王カード 氷水のトレモラ(レア BURST OF DESTINY(BODE | バースト・オブ・デスティニー ヒスイ 効果モンスター 水属性 水族 レア

【氷水】は、「バースト・オブ・デスティニー」で初登場した水属性・水族テーマで、以下の特徴を持っています。

魅力①:水属性モンスターが破壊されると特殊召喚

他のテーマにない【氷水】の特徴としては、自分の表側の水属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に、墓地の「氷水」を除外することで、手札・墓地から「氷水」モンスターを特殊召喚できる効果を発動できる点になります。

 

この効果があることによって、場にモンスターが途切れない状況を作ることができますし、自分のカードによって水属性モンスターが破壊されても発動することができるので、戦線維持ができます。

 

なおこの効果は、「バースト・オブ・デスティニー」で登場した「氷水のトレモラ」、「氷水のアクティ」、「氷水のティノーラ」が持っている効果になるので、あらかじめ墓地へ送っておきたいところです。

魅力②:守備表示で攻撃!

今回の「バトル・オブ・カオス」で新たに追加された魅力となりますが、水属性モンスターに装備することができる「氷水艇キングフィッシャー」を装備すると、「氷水」モンスターは守備表示のままで攻撃できるようになります。

 

基本的には「氷水」モンスターは、攻撃力と守備力が同じモンスターが多いのですが、「氷水帝コスモクロア」と「氷水のエジル」は、攻撃力よりも守備力の方が高いモンスターとなるため、「氷水艇キングフィッシャー」の守備表示で攻撃できる効果の恩恵を受けれるモンスターとなります。

 

また「氷水艇キングフィッシャー」には、装備状態から自分の場に特殊召喚しながら、装備モンスターの守備力以下の攻撃力を持つ相手モンスターを手札バウンスする効果も持っているため、モンスター除去をしながら戦闘に参加することもできます。

 

これ以外にも、もう1つ【氷水】の魅力がありますが、そちらについてはデッキの戦略にもなってくるため、後述する【氷水】デッキの回し方・ポイントで紹介したいと思います。

【氷水】デッキレシピ紹介

では「パワー・オブ・ジ・エレメンツ」までの新規カードを取り入れた【氷水】デッキレシピを紹介します!

《モンスター:22枚》

氷水艇キングフィッシャー×1

海亀壊獣ガメシエル×1

氷水艇エーギロカシス×1

氷水帝コスモクロア×2

絶海のマーレ×3

氷水のトレモラ×3

氷水のエジル×3

氷水のアクティ×3

氷水のティノーラ×1

水界の秘石ーカトリン×2

彩宝龍×1

ガーディアン・スライム×1

 

《魔法:13枚》

氷水底イニオン・クレイドル×3

テラ・フォーミング×1

おろかな副葬×2

氷水揺籃×3

簡易融合×1

簡素融合×1

ハーピィの羽根帚×1

氷水の呪縛×1

 

《罠:5枚》

氷結界×3

氷水浸蝕×2

 

エクストラデッキ:15枚》

マスター・ボーイ×1

海晶乙女コーラルアネモネ×2

海晶乙女グレート・バブル・リーフ×1

テセウスの魔棲物×2

神・スライム×1

白闘気白鯨×1

魔救の奇跡ードラガイト×1

飢鰐竜アーケティス×1

相剣大公ー承影×1

餅カエル×1

深淵に潜む者×1

No.103  神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1

バハムート・シャーク×1

【氷水】デッキの回し方・ポイント

遊戯王 第11期 07弾 BACH-JP007 氷水のエジル【スーパーレア】

【氷水】デッキの回し方としては、「氷水のトレモラ」、「氷水のアクティ」、「氷水のティノーラ」が持つ墓地効果を使ってモンスターを維持しつつ、「氷水のエジル」のサーチ効果で、フィールド魔法の「氷水底イニオン・クレイドル」をサーチして、弱体化効果を狙ったり、「氷水揺籃」で「氷水帝コスモクロア」などの「氷水」モンスターをサーチしながら、シンクロやエクシーズ、リンク召喚も狙いつつ、戦うのが基本になります。

「氷水底イニオン・クレイドル」で弱体化

冒頭で紹介した【氷水】の魅力の3つ目がこちらになります。

「氷水底イニオン・クレイドル」は、自分・相手を問わないモンスターの召喚・特殊召喚で、ターン終了時まで相手モンスター全ての打点を下げる効果を発動できます。

ただし、この効果の発動時に自分の場の水属性モンスターを対象に取って、そのモンスターの攻撃力分を下げるので、この効果を使う前提として、自分の場に水属性モンスターがいる状態にしておく必要がありますし、対象にした自分の水属性モンスターの攻撃力が0となってしまうので、攻撃表示である場合にはその点に注意です。

 

期待できる下落値としては、「氷水」モンスターの攻撃力は1000〜2500となるので、相手モンスターの攻撃力を下級モンスタークラスに落とすことができますし、このデッキでの最高値は「神・スライム」の3000となり、ほとんどのモンスターの攻撃力を0にできるので、戦闘で有利に立てる効果となってます。

 

なお「氷水底イニオン・クレイドル」は、発動時の効果として、墓地または除外ゾーンの「氷水」モンスターを手札に加える効果もあります。

シンクロ召喚について

主にレベル8、レベル9のシンクロ召喚を狙います。

チューナーは、「簡易融合」、「簡素融合」でエクストラデッキから呼び出せる「テセウスの魔棲物」や、「氷結界」で墓地へ送って手札に加えることで特殊召喚できる「彩宝龍」を使って、レベル5チューナーを用意し、レベル3やレベル4のモンスターとともにシンクロ素材にします。

 

狙えるシンクロモンスターは主に3体で、相手モンスターがいる状況で、モンスター除去をしつつ、2回攻撃ができるレベル8の「白闘気白鯨」、魔法・罠カードに対する妨害ができるレベル8の「魔救の奇跡ードラガイト」、非チューナーがレベル4の場合は、ドロー効果とモンスター除去を持つレベル9の「飢鰐竜アーケティス」という感じで、使いわけます。

 

あと、レベル10のシンクロモンスターもいますが、こちらは「氷水艇エーギロカシス」を特殊召喚できた場合で、レベル3の「氷水のエジル」がいる時という限定的な場面で狙うことになります。

エクシーズ召喚について

エクシーズ召喚は、ランク4を狙っていきます。

「氷水」モンスターの墓地効果や「氷水のトレモラ」、「水界の秘石ーカトリン」などのサポートを使って、レベル4のモンスター2体を並べますが、レベルが合わない時は「海晶乙女コーラルアネモネ」などのリンク召喚へ切り替えます。

 

出したいエクシーズモンスターとしては、「餅カエル」を出せる「バハムート・シャーク」を筆頭に、「氷水底イニオン・クレイドル」が発動している状況下では、効果を撃ちや

すい「No.103  神葬零嬢ラグナ・ゼロ」、相手が墓地を利用してくるデッキであれば「深淵に潜む者」が候補となるので、盤面に合わせてエクシーズ召喚したいところです。

【氷水】デッキで作りたい盤面

遊戯王カード 氷水底イニオン・クレイドル レア BATTLE OF CHAOS BACH | バトル・オブ・カオス フィールド魔法 レア

ここでは、【氷水】デッキで作りたい盤面例を紹介しておきます。

パターン①:「氷水のエジル」+「氷水浸蝕」

【氷水】デッキにおける基本の形の1つで、墓地に「氷水のトレモラ」、「氷水のアクティ」、「氷水のティノーラ」のいずれかがいることが条件となってきますが、「氷水のエジル」から以下の手順を踏むことで、相手の表側のカードを無効にして妨害をしながら、ハンドアドバンテージを得ることができます。

※以下の例では墓地に「氷水のアクティ」がいることを前提としてます。

手順

①:「氷水のエジル」を召喚して、「氷水浸蝕」をサーチしセット。

②:相手ターンで、「氷水浸蝕」の効果を発動して、相手の表側のカード1枚(相手が使ってきたカードに対してチェーンする形でもOK)を無効にしつつ、「氷水のエジル」を破壊。

③:自分の場の水属性モンスターが破壊されたことにより、墓地の「氷水のアクティ」の効果を使って、「氷水のエジル」を特殊召喚

④:「氷水のエジル」の効果で、デッキから「氷水」魔法・罠カードをサーチ。

「氷水浸蝕」の効果は1ターンに1度しか使えませんが、永続罠カードなので墓地に破壊効果に対応する「氷水」モンスターさえいれば、自分・相手ターンにかけて②〜④の手順を繰り返すことができます。

なお、「氷水のアクティ」が墓地にいることを例としましたが、「氷水のエジル」を「氷水のトレモラ」の①の効果で手札から特殊召喚すると、召喚権を残しながら、墓地に該当する「氷水」モンスターを用意できます。

パターン②:「氷水底イニオン・クレイドル」+「氷水帝コスモクロア」

こちらも【氷水】デッキで作れる基本の形で、フィールド魔法があると手札から特殊召喚できる「氷水帝コスモクロア」の効果を使うと、簡単にこの布陣を作れますし、「氷水底イニオン・クレイドル」の発動時の効果で、墓地の「氷水帝コスモクロア」をサルベージすることでも、この形にできます。

 

この布陣の利点としては、「氷水底イニオン・クレイドル」があることによって、モンスターの召喚・特殊召喚で相手モンスターを弱体化させながら、「氷水帝コスモクロア」の②の効果によって、相手フィールドのモンスターに「召喚・反転召喚・特殊召喚したターンにしか効果を発動できない」という制約を付けることができ、さらにまた、「氷水」モンスターが相手と戦闘を行うダメージ計算時に、相手モンスターの攻撃力を1000ダウンさせる点になります。

 

なお「氷水帝コスモクロア」に「氷水艇キングフィッシャー」を装備しておけば、守備表示のまま攻撃できるので、「氷水底イニオン・クレイドル」の打点下げ効果で対象を取って攻撃力が0になったとしても、そのまま戦闘に参加できます。

「氷水の呪縛」を加えると、召喚・反転召喚・特殊召喚した相手モンスターの効果の発動を封じることができるので、「氷水帝コスモクロア」と「氷水底イニオン・クレイドル」がある限り、相手フィールドのモンスターの発動する効果を完封し続けることができます。

(ただし、永続効果は封じれません。)

パターン③:「氷水底イニオン・クレイドル」+「No.103  神葬零嬢ラグナ・ゼロ」

「No.103  神葬零嬢ラグナ・ゼロ」は、元々の攻撃力とは異なる攻撃力を持つ表側攻撃表示の相手モンスターがいる時に、エクシーズ素材を1つ取り除くことで、そのモンスターを破壊して、1枚ドローできるエクシーズモンスターになります。(相手ターンでも発動可能。)

 

なので、相手モンスターを弱体化できる「氷水底イニオン・クレイドル」とは相性がよく、モンスターの召喚・特殊召喚からそのままモンスター除去&1枚ドローに変えることができるため、「氷水帝コスモクロア」を用意できなかった場合は、レベル4を2体並べて、「No.103  神葬零嬢ラグナ・ゼロ」をエクシーズ召喚するのもいいでしょう。

デッキに採用したカードについて

ここでは、【氷水】以外の採用したカードについて、採用理由や補足を加えて紹介します。

「彩宝龍」

遊戯王/第10期/07弾/SAST-JP027 彩宝龍 R

「彩宝龍」は、通常のドローなどで手札に加わったり、墓地から手札に加わった場合に、手札から特殊召喚できるレベル5のチューナーになります。

【氷水】は「氷結界」と相性が良いので、そちらの効果で墓地へ送り、「彩宝龍」を手札に加えることで、特殊召喚が狙えるため、採用してます。

 

なお、墓地を経由して、手札から特殊召喚した場合には、フィールドから離れると除外されますが、そこは「氷水艇エーギロカシス」による攻撃力・守備力のアップに繋がるので、シンクロ素材として使用していきます。

「神・スライム」

遊戯王 DP24-JP001 神・スライム (日本語版 ウルトラレア) デュエリストパック -冥闇のデュエリスト編-

「神・スライム」は、攻撃力0の水族・レベル10モンスターをリリースして特殊召喚ができるので、採用してます。

「ガーディアン・スライム」を出してリリースという手もありますが、【氷水】では、「氷水底イニオン・クレイドル」の効果で、対象にして攻撃力が0になった「氷水帝コスモクロア」をリリースすることでも、出すことができるので、相手モンスターを弱体化させて、「神・スライム」で殴るということもできます。

 

さらに「神・スライム」自身は、戦闘で破壊されず、「神・スライム」以外の自分のモンスターには、相手モンスターの攻撃対象にならず、効果の対象にもできないという2つの耐性を与えてくれるので、アタッカーとしてだけでなく、ディフェンス面も支えてくれる融合モンスターにもなります。

コラム:新規の【氷水】カードでどう変わったのか?

遊戯王カード 氷水帝コスモクロア ウルトラレア BATTLE OF CHAOS BACH | バトル・オブ・カオス 効果モンスター 水属性 水族 ウルトラ レア

ここでは、「パワー・オブ・ジ・エレメンツ」までに登場した新規の【氷水】カードによって、デッキがどう変わったのかについて、まとめも兼ねて触れておきたいと思います。

変化①:純構築デッキが作れるようになった

新規カードの追加によって、できるようになったことと言えば、まずはこれですね!

これまではモンスターが3種類だったので、他の水属性と混ぜて作る必要がありましたが、今回の新規カードの登場によって、モンスターに関しては、ほぼ純構築に近い構築ができるようになってます。

変化②:デッキの戦術の追加

今までの【氷水】は、水属性モンスターをサポートするのがメインで、水属性モンスターが戦闘・効果破壊された場合に、「氷水」モンスターを手札・墓地から特殊召喚するという控えめな感じでしたが、「バトル・オブ・カオス」以降に来た新規カードによって、守備表示のまま攻撃できたり、「氷水底イニオン・クレイドル」による弱体化や「氷水帝コスモクロア」、「氷水の呪縛」、「氷水浸蝕」といったカードが追加されたことにより、妨害もできるようになって、デッキの戦術の幅が広がったのは、大きな変化だと言えます。

【氷水】の新規カード情報!

10月15日発売の「フォトン・ハイパーノヴァ」にて、【氷水】の新規カードが2枚追加されるので、それらのカードについては、こちらの記事内で確認していただければと思います。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

最後に

「氷水艇エーギロカシス」が登場したので、除外される「水界の秘石ーカトリン」や「彩宝龍」を入れて、【氷水】デッキを少し改良してみました。

 

イラストも水の妖精のような可愛い姿をしているので、【氷水】デッキに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ではこれで【氷水】デッキの紹介を終わります。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

【氷水】と同じく、「パワー・オブ・ジ・エレメンツ」で強化されたテーマの紹介になります。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

【氷水】と同じ属性である水属性の【六花】デッキの紹介になります。

(こちらも「パワー・オブ・ジ・エレメンツ」で強化されたテーマです。)

yugioh-minor-labo.hatenablog.com