ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

初心者にオススメ??戦闘になれば強い!?「ビック・バイパー T301」を使った光・機械族デッキを紹介!!【遊戯王デッキレシピ】

今回紹介するデッキですが、「ビック・バイパーT301」を使ったデッキを紹介したいと思います。

 

実はこのデッキは、ツイッターのアンケートをしたのですが、その中で投票数が多かったデッキでもあります。

投票していただいた皆様、ありがとうございますm(__)m

では、「ビック・バイパーT301」の効果から見ていきましょう。

「ビック・バイパー T301」とは

 遊戯王カード ビック・バイパー T301(レア) ライジング・ランペイジ(RIRA) | 効果モンスター 光属性 機械族 レア

星4/光属性/機械族/攻1200/守 800

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札・墓地に存在し、自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

②:このカード以外の自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力は1200アップする。

今回の主役である「ビック・バイパー T301」ですが、相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、手札・墓地から特殊召喚できるモンスターで、自身以外の自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力を1200アップさせる永続効果を持ちます。

 

上昇値としてなかなか高いので、このカードを特殊召喚することで、下級モンスターが一気に上級モンスターの攻撃力を得ることが可能となります。

 

それを狙って今回はデッキを作ってみましたので、どうぞ! 

 

デッキレシピ

〈メインデッキ40枚〉

f:id:hairon36:20190704172556j:image

〈モンスター20枚〉

壊星壊獣ジズキエル×2

サイバー・ドラゴン×3

先史遺産ネブラ・ディスク×3

先史遺産ゴールデン・シャトル×3

ビック・バイパー T301×3

サイバー・ドラゴン・コア×3

サイバー・ドラゴンネクステア×3

 

〈マジック16枚〉

おろかな埋葬×1

エマージェンシー・サイバー×3

サイバー・リペア・プラント×3

アイアンドロー×2

ハーピィの羽根帚×1

ミニマム・ガッツ×2

先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット×2

リミッター解除×2

 

〈トラップ4枚〉

 神風のバリア -エア・フォース-×2

 大捕り物×2

 

エクストラデッキ15枚〉

f:id:hairon36:20190704172618j:image

〈リンクモンスター4枚〉

機関重連アンガー・ナックル×1

プラチナ・ガジェット×2

サイバー・ドラゴン・ズィーガー×1


〈融合モンスター4枚〉

キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2

キメラテック・メガフリート・ドラゴン×2

 

〈エクシーズモンスター7枚〉

武神帝-ツクヨミ×1

No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク×1

No.41 泥睡魔獣バグースカ×1

ギアギガントX×1

No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック×1

サイバー・ドラゴン・ノヴァ×1

サイバー・ドラゴン・インフィニティ×1

 

デッキとしては「ビック・バイパー T301」の効果があるため、光属性・機械族モンスターで統一しつつ、機械族サポートカードで固めたシンプルな構築にしてみました。

 

デッキの回し方・動かし方

遊戯王 VJMP-JP156 プラチナ・ガジェット【ウルトラレア】 Vジャンプ特典

デッキの動かし方としては、 シンプルで「ビック・バイパー T301」が手札・墓地にいる時に、光属性・機械族を召喚や特殊召喚します。

 

その後、バトルフェイズに入り、相手モンスターを攻撃対象に攻撃宣言して、「ビック・バイパー T301」を特殊召喚

 

これだけで、自分の光属性・機械族モンスターの攻撃力が1200アップするので、戦闘が有利になり、そのまま殴り勝てることになるでしょう。

 

なお、「ビック・バイパー T301」は自身の効果で特殊召喚してしまうと、フィールドから離れた場合に除外されるので、戦闘を行った後はランク4のエクシーズモンスターにすると、回避できます。

 

あとは「サイバー・ドラゴンネクステア」を特殊召喚してその効果で、墓地の攻撃力2100の「サイバー・ドラゴン」を釣り上げてきて、「プラチナ・ガジェット」を作り、使っていない召喚権と「プラチナ・ガジェット」の特殊召喚効果で、光属性・機械族モンスターを並べると言ったこともできます。

 

 

採用したカードについて

遊戯王 先史遺産ネブラ・ディスク LVAL-JP081 ノーマル

ここからは採用したカードについて、紹介していきたいと思います。

■壊星壊獣ジズキエル

相手の厄介なモンスターを除去しつつ、「サイバー・ドラゴン」を召喚・特殊召喚して、「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」の特殊召喚へ繋げたりもできます。

 

あとは、「ミニマム・ガッツ」の効果の対象にして、「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」によるワンキルコンボのターゲットにするという側面もあります。

 

光属性・機械族のため「サイバー・リペア・プラント」でもサーチできますね。


■先史遺産ネブラ・ディスク

召喚時の効果で、「オーパーツ」カードをサーチできるモンスターで、その効果で「先史遺産ゴールデン・シャトル」をサーチできますが、「先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット」をサーチして発動するだけでも、攻撃力2600のモンスターが誕生することになります。

 

さらに「ビック・バイパー T301」がいれば、そこから攻撃力3800のモンスターに成長しますよ(笑)

遊戯王 先史遺産ネブラ・ディスク LVAL-JP081 ノーマル

遊戯王 先史遺産ネブラ・ディスク LVAL-JP081 ノーマル

 

 

■「サイバー・ドラゴン」モンスター

サイバー・ドラゴン」は上述したように、展開や「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」、「キメラテック・メガフリート・ドラゴン」による除去要因でもありますが、リンク召喚をはじめ、「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」や「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」と言ったエクシーズ召喚にもつながるので、状況に応じて変えるといいでしょう。


サイバー・ドラゴン・コア」の効果では、「エマージェンシー・サイバー」と「サイバー・リペア・プラント」がサーチできます。

 

サイバー・ドラゴンネクステア」が欲しい時は、「エマージェンシー・サイバー」を、「先史遺産ネブラ・ディスク」や「ビック・バイパー T301」が欲しい時は、「サイバー・リペア・プラント」をサーチと、使い分けします。

 

 

■アイアンドロー

機械族の効果モンスターが2体のみの場合に発動できて、2枚ドローする魔法カードです。

 

光属性・機械族モンスターの召喚と「ビック・バイパー T301」の特殊召喚の組み合わせで並べることができますし、「サイバー・ドラゴン」あたりでも2体並ぶので、比較的に発動しやすいドローソースです。

 

今週の1枚に取り上げたカードでもありますね↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

戦術的にはとてもシンプルなので、初心者にオススメできるデッキとなっているのですが、やはりデッキを作る段階で「サイバー・ドラゴンネクステア」と「エマージェンシー・サイバー」のシングル価格が高いのがネックに…(泣)

(ごめんなさい)

 

代替案としては、「ライティ・ドライバー」3枚、「レフティ・ドライバー」2枚、「アイアンドロー」1枚にするか、「ゴールド・ガジェット」や「シルバー・ガジェット」の3枚ずつに変えてもいいかなと思います。


もしくは、「CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)」にて収録されることになった「機巧嘴(きこうし)-八咫御先(ヤタノミサキ)」が、光属性・機械族と言うことで、そちらを入れて作るのもありかなと思いましたので、ひょっとしたら作るハードルを下げれるかも(?)

 

▼ちなみに「機巧嘴-八咫御先」は、このカードです。

f:id:hairon36:20190704173433j:plain

 

発売後に試して大丈夫そうだったら、デッキレシピの方も更新しておきますね。

 

ではこのあたりで「ビック・バイパー T301」を使ったデッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。