遊戯王マスターラボ

デッキレシピやパックの開封結果を紹介している遊戯王ブログです。

管理人が選ぶ2021年の遊戯王カード5選(2021)

【スポンサーリンク】

どうも、ハイロンです。

今年も残すところあと少しということで、今回は、2021年に登場した遊戯王カードの中から、このカードの登場はヤバいなと思ったカードについて、ランキング形式で振り返って紹介したいと思います。

第5位:ガーディアン・キマイラ

遊戯王カード ガーディアン・キマイラ ウルトラレア BATTLE OF CHAOS BACH | バトル・オブ・カオス 融合・効果モンスター 闇属性 獣族 ウルトラ レア

第5位は、「バトル・オブ・カオス」で登場した「ガーディアン・キマイラ」です。

ヤバいと思ったポイントは、やはり「ガーディアン・キマイラ」を魔法カードによって融合召喚に成功した場合の効果ですね。

 

融合素材はカード名が異なるモンスターを3体指定しているものの、手札から融合素材とした数だけドローし、自分のフィールドから融合素材とした数だけ相手のカードを選んで破壊できる効果がヤバいですね。

 

このドロー&カード破壊効果によって、融合召喚の消費を回収できるだけでなく、手札や場で不要となっているモンスターをアドバンテージに変えることができる融合モンスターという見方もでき、おまけに攻撃力3300の高打点で、さらに墓地に「融合」があれば、相手の効果の対象にならない耐性付きモンスターとなるため、来年もさまざまな融合デッキで見ることになりそうですね。

第4位:フルール・ド・バロネス

遊戯王カード フルール・ド・バロネス(ウルトラレア) 疾風のデュエリスト編(DP25) | デュエリストパック シンクロ・効果モンスター 風属性 戦士族

第4位は、「デュエリストパック−疾風のデュエリスト編−」で登場した「フルール・ド・フルーレ」です。

レベル10のシンクロモンスターでありながら、2つの強力な汎用効果を持っているのが、ヤバいポイントでしたね。

 

その2つの効果ですが、シンプルながらフィールドのカードを1枚破壊できるカード除去効果と、カード(モンスター・魔法・罠)の発動を無効にするメタ効果を持っていたので、制圧モンスターとしての役割もあり、2021年の上半期は、このモンスターをいかに出すかが鍵でしたね。

第3位:烙印融合

遊戯王カード 烙印融合(スーパーレア) アルバ・ストライク SD43-JP021

第3位は、「ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」で登場した「烙印融合」です。

こちらのヤバいポイントは、やっぱりデッキ内のモンスターを使って融合召喚もできるという点ですね。

 

融合先は「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターになりますが、このカード1枚から制圧モンスターを構えることができるのがヤバいですね。

 

フュージョン・デステニー」が2022年1月から禁止となりますが、そのカードの後釜として、2022年は、こちらをよく見かけることになるかも?

ただ個人的には、「アルバスの落胤」推しなので、あまり出張パーツとして使われてほしくないのですがね(苦笑)

第2位:アラメシアの儀

遊戯王カード アラメシアの儀(ウルトラレア) グランド・クリエイターズ(DBGC) | デッキビルドパック 通常魔法 ウルトラ レア

第2位は、「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」で登場した「アラメシアの儀」です。

 

このカード1枚から「勇者トークン」の特殊召喚→「運命の旅路」のセットまで続き、「勇者トークン」関連モンスターや装備魔法までサーチできてしまうという流れまで持っていけるのが、ヤバいですね。

 

今年は、出張パーツとなりうるカードの登場が目立った1年だったのですが、このカードもその1枚ですね。

いろんなデッキに取り入れることができるので、様々な【勇者◯◯】デッキが誕生しているのも面白いところです。

(管理人は、【勇者パラディオン】を作ってみたいなと企んでおります。)

 

今までありそうでなかった、RPGをモチーフとしているテーマということも、グットポイント!ですね。

第1位:D−HERO デストロイフェニックスガイ

遊戯王カード D-HERO デストロイフェニックスガイ ウルトラレア BURST OF DESTINY BODE | バースト・オブ・デスティニー デステニーヒーロー

2021年に登場したカードの中で、ヤバいと思ったカード第1位は、「バースト・オブ・デスティニー」で登場した「D−HERO デストロイフェニックスガイ」で、今年の新人王を選ぶとしたら、やはりこのカードになるでしょうね。

 

何と言っても、「フュージョン・デステニー」1枚から出てくる出しやすさもありつつ、自己蘇生効果持ち&相手ターンでも使えるフリーチェーンでのカード除去ができる妨害モンスターという点がヤバかったです。

 

「墓穴の指名者」などで除外されない限り、フィールドに君臨する姿は、まさに名前の通りの不死鳥でしたね。

 

1月から「フュージョン・デステニー」が禁止になりますので、見かけることは少なくなりそうですが、このモンスター自体は普通に使えるので、今だからこそ、純構築で使ってみたいという気持ちが出ていたりします。

まとめ

2021年に登場した遊戯王カードの中で、管理人がヤバいと思ったカード5選は、

5位 ガーディアン・キマイラ

4位 烙印融合

3位 フルール・ド・フルーレ

2位 アラメシアの儀

1位 D−HERO デストロイフェニックスガイ

でした。

 

2021年は、汎用的で、出張パーツになりうるカードがよく登場したので、ちょっと昔の【スタンダード】を思い出したのですが、2022年は、どういったカードが登場するのでしょうかね?

 

ではこのあたりで「2021年に登場した遊戯王カードの中で、管理人がヤバいと思ったカード5選」を終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

過去にハイロンがヤバいと思ったカードはこちら↓

yugioh-sinaprice.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com