遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「Uk-P.U.N.K.カープ・ライジング」、「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回も、「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」から「P.U.N.K.(パンク)」を考察します。

 

前回は、「P.U.N.K.」の上級モンスターでしたが、今回は「P.U.N.K.」のエクストラモンスター編です。

エクストラデッキから出てくる「P.U.N.K.」は、融合モンスターの「Uk-P.U.N.K.カープライジング」とレベル11のシンクロモンスターである「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」の2体になります。

 

現状「P.U.N.K.」の融合モンスターは、シンクロ召喚へ繋げるサポート役で、「P.U.N.K.」シンクロモンスターが主役という役割になってます。

 

「P.U.N.K.」テーマ内では、シンクロモンスターについては、レベル3のチューナーとレベル8の組み合わせで出せますが、融合モンスターについては、「P.U.N.K.」専用の融合カードはなく、今のところは「Uk-P.U.N.K.娑楽斎」の効果で出すこととなります。

Uk-P.U.N.K.カープライジン

f:id:hairon36:20210820202926j:plain

星8 水 魚族/融合 1000/2600

「P.U.N.K.」モンスター×2

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。手札・デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

②:このカードをS素材としてS召喚に成功した場合、自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 「Uk-P.U.N.K.カープライジング」は、自身をリリースすることで、手札・デッキから「P.U.N.K.」モンスターを2体まで特殊召喚できる①の効果が鍵になります。

 

この効果でレベル3チューナー2体を特殊召喚できるので、サーチ効果を持つ「P.U.N.K.」モンスター2体を特殊召喚して、融合召喚の消費を回収できますし、さらにその中に、「No-P.U.N.K.セアミン」を混ぜておくと、「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」のサーチから①の効果でリリースして特殊召喚することで、レベル3チューナー+レベル8のモンスターを用意でき、「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」が出せます。

 

「Uk-P.U.N.K.カープライジング」の②の効果は、シンクロ素材になった場合に、「P.U.N.K.」モンスターに、そのターン限定の2回攻撃付与になります。

展開の流れの上では、シンクロモンスターに付与することが自然になると思いますが、「P.U.N.K.」モンスターであればいいので、場合によっては上級モンスターにしてもいいですね。

Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン

f:id:hairon36:20210820202941j:plain

星11 風 海竜族/シンクロ 3000/2800

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:このカードがS召喚に成功した場合、自分のフィールド・墓地のサイキック族・レベル3モンスターの種類の数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。

②:「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」以外の自分の墓地の「P.U.N.K.」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」は、シンクロ召喚の成功で、相手の場のカードを手札バウンスする効果で、戻す数は、自分の場・墓地のサイキック族・レベル3モンスターの種類数となります。 

 

「P.U.N.K.」だけだと最高で4枚の手札バウンスとなりますが、この効果についてカウントされるのはサイキック族・レベル3なので、全バウンスも夢ではなく、「Uk-P.U.N.K.娑楽斎」の効果によって、相手ターンにシンクロ召喚できると面白いですね。

 

②の効果は、「P.U.N.K.」モンスターの蘇生効果で、こちらはシンクロ召喚した以降に、自分のターンで使う効果となります。

蘇生する「P.U.N.K.」モンスターに、レベル制限はないため、アタッカーを増やすならレベル8の上級モンスターを、手札を増やしたいのであれば、下級モンスターを狙いたいところですね。

 

なお①、②の効果は魅力的ですが、1ターンに1度、どちらかしか使えない点に注意が必要です。

感想・まとめ

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「Uk-P.U.N.K.カープライジング」と「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」を考察しました。

 

「Uk-P.U.N.K.カープライジング」は、脇役・サポート役といったところで、経由すれば「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」を出せますね。

その一方で、「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」は、「P.U.N.K.」のボス感があって、どちらの効果も強く、レベル11のシンクロモンスターは、これまでほとんどいなかったので、そのレベル帯の強化にも繋がってますね。

 

ではこれで「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「Uk-P.U.N.K.カープライジング」と「Uk-P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次の関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com