遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」、「No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回も、「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」から「P.U.N.K.(パンク)」を考察したいと思います。

 

前回は、下級モンスターの「P.U.N.K.」でしたが、今回は上級の「P.U.N.K.」になります。

「P.U.N.K.」の上級モンスターは、レベル8の「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」と「No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー」の2体がいて、自分の場の「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースすることで手札から特殊召喚できる部分と、レベル8以外の「P.U.N.K.」モンスターに関する効果を持つ部分が共通点となります。

No-P.U.N.K.フォクシー・チューン

f:id:hairon36:20210820202905j:plain

星8 光 獣族 2300/2600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。自分の手札を1枚を選んで墓地へ送り、デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を特殊召喚する。

③:1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」の①の効果は、「P.U.N.K.」上級モンスターに共通する部分で、自分の場の「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースすることで手札から特殊召喚できる効果を持ちます。

リリースしたい「P.U.N.K.」モンスターは、やはりこのカードをサーチしながら、打点を上げれる 「No-P.U.N.K.セアミン」になってきます。

 

②の効果は、デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体をリクルートできる効果で、「P.U.N.K.」モンスターの構成上、実質レベル3の「P.U.N.K.」モンスターを出す効果となってます。

発動時のコストとしてこのカードを送り、効果処理の過程で手札を1枚墓地へ送るので、2枚の消費となるため、手札的にはマイナス2枚となるので、サーチ効果を持つ「P.U.N.K.」モンスターで、アドバンテージを回収したいところです。

 

③の効果は、ライフ回復効果で、戦闘破壊した相手モンスターの元々の攻撃力を回復します。

「No-P.U.N.K.セアミン」の打点アップで戦闘破壊できるモンスターの範囲が広がるので、①の効果と組み合わせたいですね。

No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー

f:id:hairon36:20210823222706j:plain

星8 闇 悪魔族 2500/2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

②:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を手札に加える。

③:1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、その相手のモンスターの元々の攻撃力分アップする。

「No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー」の①の効果も、「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」と同じ方法で手札から特殊召喚できる効果になります。

 

②の効果については、デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体をサーチできる効果で、現状はレベル3の「P.U.N.K.」モンスターをサーチすることになります。

この効果に関しては、「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」と違って、手札コストがないので、扱いやすく、「Uk-P.U.N.K.娑楽斎」以外のレベル3の「P.U.N.K.」モンスターをサーチすれば、手札を減らさずに済みますね。

 

③の効果は、このカードの打点アップ効果で、相手モンスターが効果を発動した時に、そのモンスターの元々の攻撃力分を得ることができます。

相手が使ってきたモンスター効果のタイプがモンスター除去でなければ、打点では負けにくいモンスターが誕生しますね。

感想・まとめ

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」と「No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー」を考察しました。

 

どちらも手札から墓地へ送ることで、「P.U.N.K.」モンスターをリクルートorサーチできるので、デッキの安定性を高めることができ、さらに「P.U.N.K.」モンスターを1体をリリースして手札から特殊召喚できるため、場合によってはアタッカーとしての役割をできるのもいいですね。

 

それからどちらのモンスターも「No-P.U.N.K.セアミン」の効果と相性が良い点も見逃せないところです。

 

ではこれで「No-P.U.N.K.フォクシー・チューン」と「No-P.U.N.K.パンクオーガ・ナンバー」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次の関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com