遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」、「Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回も「P.U.N.K.(パンク)」の続きとして、魔法カードを考察したいと思います。

ちなみに 「P.U.N.K.」魔法は、頭に「Ga(ガガク)」が付くカードになり、「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」と「Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート」の2枚が該当します。

共通する部分としては、「P.U.N.K.」モンスターと関わるような効果と相手の効果によって破壊された場合に、「P.U.N.K.」モンスターに何かしらの耐性を与えるのが特徴となっていて、「Ga-P.U.N.K.ワゴン」でサーチます。

Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング

f:id:hairon36:20210823222724j:plain

永続魔法

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の「P.U.N.K.」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。

②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分フィールドの全ての「P.U.N.K.」モンスターは、このターン戦闘では破壊されない。

 「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」は、戦闘を介するモンスター除去効果で、対象を取らず、「P.U.N.K.」モンスターの戦闘=モンスター除去とすることができます。

全体的に「P.U.N.K.」モンスターの打点は、低めに設定されているので、このカードを発動しておけばその点を少しはカバーできますし、相手からの攻撃でも対応しているのもポイントです。

 

なお、相手によってこのカードが破壊された場合の共通効果は、「P.U.N.K.」モンスターに戦闘破壊耐性を与える効果となってます。

Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート

遊戯王カード Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート(ノーマルパラレル) グランド・クリエイターズ(DBGC) | デッキビルドパック ガガク パンク 永続魔法

永続魔法

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の「P.U.N.K.」モンスターを対象とする効果を相手が発動した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分フィールドの全ての「P.U.N.K.」モンスターはこのターン、相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

「Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート」は、相手が自分の「P.U.N.K.」モンスターを対象にした場合に、相手のカードを除去できる効果を持ってます。

相手依存となるので、好きなタイミングで狙えるものではないですが、このカードがあると相手の対象を取る効果に対しての牽制にはなります。

 

なお、「P.U.N.K.」魔法の共通効果は、「P.U.N.K.」モンスターに、効果対象と効果破壊に対する耐性を付与する効果となってます。 

感想・まとめ

「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」と「Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート」を考察しました。

 

どちらも受身的で、相手に依存する効果であるものの、「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」の①の効果は、戦闘を介すだけで発動できるので、こちらから狙っていけ

 

ではこれで「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「Ga-P.U.N.K.ワイルド・ピッキング」と「Ga-P.U.N.K.クラッシュ・ビート」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次の関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com