遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【蟲惑魔パラディオン】デッキレシピ・回し方を紹介!

f:id:hairon36:20191206163104j:image

どうも、ハイロンです。

今回は、「リンクヴレインズパック3」で登場した「クロスローズ・ドラゴン」を入れて作った「蟲惑魔パラディオン」デッキを紹介したいと思います。

 

ではまずは、その「クロスローズ・ドラゴン」の効果から見ていきたいと思います。

「クロスローズ・ドラゴン」の解説

遊戯王カード クロスローズ・ドラゴン(シークレットレア) LINK VRAINS PACK 3(LVP3) | リンクヴレインズパック3 リンク・効果モンスター 闇属性 ドラゴン族

闇 ドラゴン族/リンク 800

種族が異なるモンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分・相手のメインフェイズに、このカードと自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。EXデッキから「ローズ」Sモンスターまたは植物族Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドのモンスターが効果で破壊された場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
【LINK-2:左/下】

「クロスローズ・ドラゴン」の効果ですが、自分・相手のメインフェイズに、自身と自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースすることで、エクストラデッキから「ローズ」モンスターまたは植物族モンスター1体をシンクロ召喚扱いで特殊召喚する効果になります。

 

出せる範囲のシンクロモンスターは限られますが、その効果で全体除去ができる「ブラック・ローズ・ドラゴン」を出すのがベストで、「クロスローズ・ドラゴン」の②の効果にも繋げることができる流れになります。

このデッキでの使い方!

「セラの蟲惑魔」とこのカードをリンク召喚し、相手ターンでの「ブラック・ローズ・ドラゴン」の特殊召喚と効果発動を狙います。

ちなみに手札に「ティオの蟲惑魔」と「パラディオン」モンスターが1体ずつあって、墓地に「蟲惑魔」モンスターが1体いれば、上記の布陣を作れます。

「クロスローズ・ドラゴン」の効果を押えたところで、作った「蟲惑魔パラディオン」デッキのレシピはこちらです↓

 デッキレシピ

〈メインデッキ40枚〉

f:id:hairon36:20191206163448j:image

〈モンスター20枚〉

星遺物-『星槍』×1

ティオの蟲惑魔×3

トリオンの蟲惑魔×3

天穹のパラディオン×2

ランカの蟲惑魔×3

神樹のパラディオン×3

星辰のパラディオン×3

魔境のパラディオン×2

 

〈マジック10枚〉

おろかな埋葬×1

増援×1

死者蘇生×1

星遺物を継ぐもの×2

ハーピィの羽根帚×1

オーバード・パラディオン×1

テスタメント・パラディオン×1

冷薔薇の抱香×2 

 

〈トラップ10枚〉

強制脱出装置×2

底なし落とし穴×2

奈落の落とし穴×2

破壊輪×1

神風のバリア -エア・フォース-×2

クローラー・パラディオン×1

 〈EXデッキ15枚〉

f:id:hairon36:20191206163355j:image

〈リンクモンスター10枚〉

マギアス・パラディオン×2

セラの蟲惑魔×2

クロスローズ・ドラゴン×1

I:P マスカレーナ×1

レグレクス・パラディオン×1

星鍵士リイヴ×1

アークロード・パラディオン×1

双穹の騎士アストラム×1

 

シンクロモンスター2枚〉

ブラック・ローズ・ドラゴン×1

サイバース・クアンタム・ドラゴン×1

 

〈エクシーズモンスター3枚〉

フレシアの蟲惑魔×1

No.60 刻不知のデュガレス×1

ライトドラゴン@イグニスター×1

【スポンサードリンク】

 

 

【デッキの回し方】

罠を仕掛け、相手を待ち伏せ??

こちらは「蟲惑魔」サイドの動きで、「蟲惑魔」モンスターの召喚から「セラの蟲惑魔」のリンク召喚を狙います。

 

まず今回、採用した「蟲惑魔」モンスターですが、召喚成功時に

●「ティオの蟲惑魔」は、墓地の「蟲惑魔」モンスター1体を蘇生。

●「トリオンの蟲惑魔」は、「ホール」or「落とし穴」通常罠を1枚サーチ。

●「ランカの蟲惑魔」は、「蟲惑魔」モンスター1体をサーチ。

できる効果をそれぞれ持っているので、その効果を使った後に「セラの蟲惑魔」のリンク召喚をします。

 

続いてリンクモンスターの「セラの蟲惑魔」の効果ですが、

遊戯王カード セラの蟲惑魔(シークレットレア) リンク・ヴレインズ・パック2(LVP2) | 落とし穴 ホール リンク 地属性 植物族 シークレット レア

地 植物族/800

リンクモンスター以外の「蟲惑魔」モンスター1体

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:リンク召喚したこのカードは罠カードの効果を受けない。

②:通常罠カードが発動した場合に発動できる。同名カードが自分フィールドに存在しない「蟲惑魔」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

③:このカード以外の自分の「蟲惑魔」モンスターの効果が発動した場合に発動できる。デッキから「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 【LINK-1:下】

 なので、相手ターンに「落とし穴」などの通常罠カードの発動を狙い、②の効果で「トリオンの蟲惑魔」や「ティオの蟲惑魔」を特殊召喚することで、③の効果にもつなげることができます。

 

「落とし穴」カードを用意できるので、なるべく「トリオンの蟲惑魔」からのリンク召喚を狙いたいところです。

 

駆け上がる階段リンク!?

 遊戯王 アークロード・パラディオン(シークレットレア) サイバネティック・ホライゾン CYHO 光属性 サイバース族

「パラディオン」モンスターは、リンク先に手札から特殊召喚できるのが特徴なので、その効果を上手く使いながら、階段を上るようにリンク数を上げていき、最終的には「アークロード・パラディオン」や「双穹の騎士アストラム」のリンク召喚を狙います。

 

具体的なやり方については、〈手順〉に書いておきましたので、そちらを見ていただけたらと思います。

〈手順〉

例:「神樹のパラディオン」と「天穹のパラディオン」が手札に2枚ある場合

※カード名が異なる「パラディオン」モンスターが2枚あれば、組み合わせは自由です。

1、「天穹のパラディオン」を召喚し、「マギアス・パラディオン」をリンク召喚。
 
2、「マギアス・パラディオン」のリンク先に「神樹のパラディオン」を特殊召喚し、「マギアス・パラディオン」の効果で、「星辰のパラディオン」をサーチ。
 
3、「マギアス・パラディオン」と「神樹のパラディオン」で、「レグレクス・パラディオン」をリンク召喚。
 
4、「レグレクス・パラディオン」のリンク先に「星辰のパラディオン」を特殊召喚し、「レグレクス・パラディオン」の効果で、「オーバード・パラディオン」か、「テスタメント・パラディオン」、「クローラー・パラディオン」の中から1枚をサーチと、「星辰のパラディオン」の効果で、まだ特殊召喚効果を使ってない「天穹のパラディオン」を墓地から回収。
 
5、「レグレクス・パラディオン」と「星辰のパラディオン」で、「アークロード・パラディオン」をリンク召喚。
 
6、 「アークロード・パラディオン」のリンク先に、「天穹のパラディオン」を特殊召喚
→攻撃力3600の 「アークロード・パラディオン」が完成。
 
7、そこから「天穹のパラディオン」を「マギアス・パラディオン」にして、 「アークロード・パラディオン」と「マギアス・パラディオン」を素材にすると、「双穹の騎士アストラム」が完成します。

※「双穹の騎士アストラム」のリンク召喚を狙う時は、「レグレクス・パラディオン」の効果で、「テスタメント・パラディオン」をサーチしておくと、戦闘で相手モンスターを破壊できる可能性が高いので、そのカードによって4枚ドローが狙えます。

 

応用ギミック

メインギミックの「蟲惑魔」と「パラディオン」を押えたところで、ここからはその2つを組み合わせた応用ギミックをいくつか紹介します。

1、クロスローズ・ドラゴンのリンク召喚

冒頭で軽く紹介した、手札に「ティオの蟲惑魔」と「パラディオン」モンスター1体、墓地に「蟲惑魔」1体がいる時に狙える「セラの蟲惑魔」+「クロスローズ・ドラゴン」です。

 

これにより、植物族モンスター+「クロスローズ・ドラゴン」がいるので、相手ターンのメインフェイズでの「ブラック・ローズ・ドラゴン」の特殊召喚シンクロ召喚扱い)が可能になります。

 

2、シンクロ召喚

遊戯王/サイバース・クアンタム・ドラゴン(シークレット)/ SAST-JP038 (中古品)

こちらも「クロスローズ・ドラゴン」を出すパターンを使いますが、「パラディオン」モンスターの部分をレベル3チューナーの「神樹のパラディオン」に変える必要があります。

 

そうすることによって、レベル7のシンクロ召喚が狙え、「セラの蟲惑魔」+「サイバース・クアンタム・ドラゴン」という布陣ができ、それにより「セラの蟲惑魔」を攻撃から守ることができます。

 

3、エクシーズ召喚

遊戯王カード ライトドラゴン@イグニスター(シークレットレア) イグニッション・アサルト(IGAS) | エクシーズ・効果モンスター 光属性 サイバース族 シークレット レア

 「ティオの蟲惑魔」の召喚時の効果は、墓地の「蟲惑魔」を1体蘇生できるので、それを利用してランク4を作ることもできます。

 

ランク4エクシーズモンスターですが、このデッキでは「フレシアの蟲惑魔」も良いのですが、「アークロード・パラディオン」や「双穹の騎士アストラム」いる時は、「ライトドラゴン@イグニスター」という選択肢も取ることができます。

 

「ライトドラゴン@イグニスター」は、対象を取らないモンスター破壊と、自分のモンスターが破壊される時に、エクシーズ素材を身代わりにできる攻守に関係する効果があり、もちろんその効果も使いますが、ここで注目したいのは②の効果です。

②:このカード以外の自分のサイバース族モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。

「ライトドラゴン@イグニスター」以外のサイバース族モンスターで、戦闘ダメージを与るだけで、墓地のリンクモンスターを蘇生できるので、これを利用して追撃することもできます。

 

ちなみにこの効果で「アークロード・パラディオン」や「レグレクス・パラディオン」を選択して、相手モンスターがいる場所に蘇生すると、これらのモンスターのリンクマーカーが上を向いているため、リンク先のモンスターの元々の攻撃力を加算でき、相手モンスターを戦闘破壊しやすくなるというメリットもあります。

 

 

あとは、罠カードに対する耐性はなくなりますが、「セラの蟲惑魔」や「I:P マスカレーナ」を蘇生させて、相手ターンを迎えるというプランも作れます。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「クロスローズ・ドラゴン」を入れた「蟲惑魔パラディオン」デッキを紹介してみました。

 

はじめは、「ローズ・ドラゴン」入りで考え始めましたが、「クロスローズ・ドラゴン」を作りつつ植物族も用意をしなければならないということで、断念しました。

 

そこから「クロスローズ・ドラゴン」のリンク素材指定に着目して、昆虫族と植物族の混合テーマである「蟲惑魔」とリンク1の植物族である「セラの蟲惑魔」にたどり着き、さらに種族がばらけている「パラディオン」を取り入れて作りました。

 

ただその結果、デッキを作る動機となった「クロスローズ・ドラゴン」が薄れていきましたがね…(笑)

 

今は、このデッキに「アーティファクト」を入れて、【HAT】ならぬ【CAT】にしようかなと考えています。

※CAT:「Crusadia/パラディオン」、「Artifact/アーティファクト」、「Traptrix/蟲惑魔」

 

この記事が、少しでも「クロスローズ・ドラゴン」デッキを作りたい人の参考になっていれば幸いです。

ではこれで「クロスローズ・ドラゴン」を使った「蟲惑魔パラディオン」デッキの紹介を終わりたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

▼「リンクヴレインズパック3」で強化をもらったデッキシリーズです。もしよろしければ見ていただけると嬉しいです▼

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com