遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【ガスタ】デッキレシピ・回し方を紹介!

【スポンサードリンク】

f:id:hairon36:20210422013948j:plain

どうも、ハイロンです。

今回は、【ドーン・オブ・マジェスティ】で3枚の新規カードを貰った【ガスタ】デッキを紹介します。

ここに来てのまさかの強化で驚きもありましたが、個人的に大好きなテーマなので、すごく嬉しいです!

ではまずは【ガスタ】の魅力について紹介させていただきます。

【ガスタ】とは?

【ガスタ】は、「デュエルターミナル」で登場した風属性のシンクロテーマで、特徴としては、主に戦闘破壊された場合に他の「ガスタ」モンスターをデッキから特殊召喚できるリクルート効果を持っていることで、これにより戦闘における持久戦を得意としてます。

また、効果の性質上、発動できるカードが制限されるダメージステップ(終了時)に墓地にてリクルート効果が発動するので、無効にされにくいのも強みと言えるでしょう。

 

そのリクルート効果を活かしながら、勝ちパターンに持っていったり、墓地に「ガスタ」モンスターが貯まるので、それをデッキに戻して効果を発動するような効果を持つモンスターもいたりするのも特徴となります。

 

そのような特徴を持つ【ガスタ】に、【ドーン・オブ・マジェスティ】にて、新たに「ガスタ・ヴェズル」、「ダイガスタ・ラプラムピリカ」、「ガスタへの追い風」の3枚が加わりましたので、それらのカードを取り入れたデッキレシピを紹介します!

【ガスタ】デッキレシピ

f:id:hairon36:20210421203333j:plain

〈モンスター:20枚〉

霊媒師ウィン×3

ガスタの神裔 ピリカ×3

ガスタの巫女 ウィンダ×2

ガスタ・グリフ×3

ガスタ・ヴェズル×3

ガスタ・ガルド×3

ガスタ・イグル×3

 

〈魔法:15枚〉

おろかな埋葬×1

おろかな副葬×3

死者蘇生×1

優麗なる霊鏡×1

ハーピィの羽根帚×1

緊急テレポート×2

脆刃の剣×3

ガスタへの追風×3

 

〈罠:5枚〉

ガスタへの祈り×1

仁王立ち×2

ハーピィの羽根吹雪×2

 

エクストラデッキ:15枚〉

ダイガスタ・ファルコス×1

ダイガスタ・ガルドス×1

ダイガスタ・ラプラムピリカ×2

スターダスト・チャージ・ウォリアー×1

ダイガスタ・スフィアード×2

魔救の奇跡ーラプタイト×1

星風狼ウォルフライエ×1

電脳堺狐ー仙々×1

転生炎獣アルミラージ×1

セキュア・ガードナー×1

HSR-GOMガン×1

蒼翠の風霊使いウィン×1

王神鳥シムルグ×1

コラム:新規が来る前に使っていた【霊使いガスタ】のデッキレシピ

おまけとして、このデッキになる前(=【ドーン・オブ・マジェスティ】が発売する前)に組んでいた【ガスタ】デッキも載せておきます。

f:id:hairon36:20210421203150j:plain

【ドーン・オブ・マジェスティ】が発売する前までは、【SR】を取り入れつつ【霊使い】型の【ガスタ】デッキにしてました。

特に「精霊術の使い手」が「風霊媒師ウィン」をサーチしつつ、「ガスタ・グリフ」をコストにできる1枚で2役をこなせるキーカードになります。

また、「SRカールターボ」は、Vジャンプの定期購読のカードあるため手に入りづらいカードでありますが、風属性が自分の場にいると手札から特殊召喚ができたり、「ガスタの神裔 ピリカ」の蘇生対象になれるので、展開の鍵になることも。

【ガスタ】デッキの回し方

ここからは、【ガスタ】デッキの回し方について解説します。

【ガスタ】デッキの回し方の鍵となるポイントは、主にリクルート効果とシンクロ召喚の2つになります。

【ガスタ】のリクルート効果

遊戯王 ガスタ・ガルド DT10-JP020 ノーマル

まずは、【ガスタ】の基本部分である戦闘破壊された時などに発動するリクルート効果について押さえておきましょう。

今回デッキに採用した範囲で、リクルート効果を持つ「ガスタ」モンスターをまとめると以下のようになります。

カード名 発動条件とリクルート
ガスタの巫女 ウィンダ

相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られた時

→チューナーの「ガスタ」モンスター

ガスタ・ガルド

フィールドから墓地へ送られた時

→レベル2以下の「ガスタ」モンスター

ガスタ・イグル

戦闘によって破壊され墓地へ送られた時

→チューナー以外のレベル4以下の「ガスタ」

相手依存とはなりますが、「ガスタ・ガルド」→「ガスタ・イグル」→「ガスタの巫女 ウィンダ」→「ガスタ・ガルド」と繋げれると、リクルート効果のサイクルが起き、バトルフェイズをやり過ごすことができます。

後で紹介しますが、これを利用して勝ちに繋げることもできるので、覚えておくといいでしょう。

 

なお「ガスタ・ガルド」は、戦闘以外でも対応してますが、「時の任意効果」であるため、コストやシンクロ・リンク素材になった場合にはタイミングを逃す点に注意が必要です。

 

またこれらのモンスターとは別の方法によって、リクルート効果を発動できる「ガスタ・グリフ」もいます。

【シングルカード】遊戯王DT ガスタ・グリフ ノーマル

星2/風属性/鳥獣族/攻 800/守 300
このカードが手札から墓地へ送られた場合、デッキから「ガスタ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。「ガスタ・グリフ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

「ガスタ・グリフ」は、手札から墓地へ送られた場合に、リクルート効果を発動できる「ガスタ」モンスターで、こちらは手札コストにも対応しているため、「風霊媒師ウィン」や「ガスタへの追風」といったカードを使って、リクルート効果を起動させます。

特殊召喚する「ガスタ」モンスターについては、次のシンクロ召喚をするためのモンスターを特殊召喚するといいでしょう。

【ガスタ】のシンクロ召喚

【ガスタ】はシンクロテーマでもあるので、ここでは【ガスタ】デッキにおけるシンクロ召喚のパターンについて3つ紹介します。

①「ガスタの神裔 ピリカ」を使うパターン

遊戯王OCG ガスタの神裔ピリカ ノーマル PRIO-JP029

まず、「ガスタの神裔 ピリカ」ですが、召喚・特殊召喚の成功時に、墓地の風属性チューナーを効果を無効にして守備表示で特殊召喚できるので、そのままシンクロ召喚ができます。

ただし、効果を発動したターンは、風属性以外のモンスターを特殊召喚できなくなるので、その後の展開には注意が必要です。

 

なお「ガスタの神裔 ピリカ」は、レベル3のサイキック族でもあるので、「緊急テレポート」による特殊召喚にも対応してます。

②「ガスタ・ヴェズル」を使うパターン

遊戯王カード ガスタ・ヴェズル(レア) DAWN OF MAJESTY(DAMA) | ドーン・オブ・マジェスティ チューナー・効果モンスター 風属性 鳥獣族 レア

続いて「ガスタ・ヴェズル」ですが、こちらも召喚・特殊召喚の成功で発動できる効果があり、デッキから「ガスタ」モンスターを墓地へ送った後、手札から「ガスタ」モンスターを特殊召喚できる効果を使うと、シンクロ召喚ができます。

 

なお、「ガスタ」モンスターが戦闘破壊されるか、墓地へ送られた場合に、自身を手札から特殊召喚できる効果もあるので、シンクロ召喚だけでなく、壁モンスターを増やしたりすることもできます。

③「ガスタへの追風」を使うパターン

遊戯王 第11期 05弾 DAMA-JP061? ガスタへの追風

「ガスタへの追風」は、装備魔法なので自分の場に「ガスタ」モンスターが必要になってくるもののデッキから該当するモンスターを特殊召喚できるカードとなります。

基本的には、下級の「ガスタ」モンスターに装備してすることになるので、装備したモンスターと種族が異なる「ガスタ」を特殊召喚します。

 

このデッキでは、鳥獣族であれば「ガスタの神裔 ピリカ」、「ガスタの巫女 ウィンダ」を、サイキック族であれば、「ガスタ・ヴェズル」、「ガスタ・ガルド」、「ガスタ・イグル」の中からシンクロ召喚したいモンスターに合わせて選ぶことになります。

シンクロモンスターについて

【ガスタ】デッキでは、「ガスタの神裔 ピリカ」の存在や【ガスタ】の勝ちパターンがあるので、基本的にはレベル6のシンクロを狙います。

また「ガスタ・ヴェズル」の効果で、「ガスタの神裔 ピリカ」を特殊召喚すると、レベル3が3体並ぶことから、レベル6のシンクロモンスターを経由する形で、レベル9のシンクロモンスターも狙えます。

ただし、「風霊媒師ウィン」や「ガスタの神裔 ピリカ」の効果を使うと、風属性しか出せなくなるので、シンクロ先は風属性限定となります。

 

レベル6は、「ダイガスタ・スフィアード」が中心となりますが、それについては次で紹介します。

「ダイガスタ・スフィアード」の登場で状況一変??

遊戯王/第7期/DT11-JP040 ダイガスタ・スフィアード【スーパーレア】

星6/風属性/サイキック族/シンクロ/攻2000/守1300

チューナー+チューナー以外の「ガスタ」と名のついたモンスター1体以上

このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分の墓地の「ガスタ」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。(①の効果)

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上の「ガスタ」と名のついたモンスターの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。(②の効果)

また、このカードは戦闘では破壊されない。(③の効果)

戦闘破壊されるとリクルート効果が発動する「ガスタ」ですが、「ダイガスタ・スフィアード」が登場すると状況が一変します!

「ダイガスタ・スフィアード」で注目すべき効果は2つ目の効果で、自分の「ガスタ」が戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受けることになります。

この効果を利用して、「ガスタ」モンスターの自爆特攻とリクルート効果によるサイクル(「ガスタの巫女 ウィンダ」でストップしますが。)を絡めることで、相手モンスターの攻撃力次第では、相手のライフを一気に削ることができ、勝利を掴めることになります。

これが【ガスタ】デッキにおける勝ち筋となりますし、さらに相手モンスターに「脆刃の剣」を装備しておくと、与える戦闘ダメージが加速します。

 

「ダイガスタ・スフィアード」の1つ目のサルベージ効果も、状況や回収するカードによって、いろいろなことができる効果で、通常召喚権を使わずに「緊急テレポート」などからシンクロ召喚していた場合は、「ガスタ・ガルド」や「ガスタ・イグル」を選ぶことで、2つ目の効果を利用した「ガスタ」のリクルート効果のサイクルへ繋ぐことができます。

 

その他には、捨てるカードがあれば「ガスタ・グリフ」、「ガスタ」モンスターが墓地へ送られる状況を作り出すことができれば「ガスタ・ヴェズル」も回収したい候補となってきます。

それから回収する「ガスタ」カードについては種類を問わないため、装備魔法の「ガスタへの追風」を回収して自身の破壊耐性を高めるといったこともできます。

【ガスタ】デッキに採用したカードについて

最後に【ガスタ】デッキに採用したカードについて補足を入れておきたいと思います。

転生炎獣アルミラージ+セキュア・ガードナー

「脆刃の剣」があるけど、「ダイガスタ・スフィアード」が出せない緊急時に使うセットです。

今回デッキに採用した「ガスタ」モンスターの攻撃力は1000以下なので、「転生炎獣アルミラージ」にして、「セキュア・ガードナー」にリンク召喚して、「脆刃の剣」を装備することで、3000打点が作れます。

「セキュア・ガードナー」は、自分が受ける戦闘・効果ダメージを1ターンに1度だけ0にできるため、「脆刃の剣」の維持にも繋がります。

星風狼ウォルフライエ

レベル9のシンクロモンスターなので、出す機会は少ないですが。

こちらも「脆刃の剣」関連のモンスターで、「星風狼ウォルフライエ」に装備すれば、攻撃力が4000以上となるため、相手ターンでも使える相手フィールドのモンスターのデッキバウンス効果を狙うことができます。

おろかな副葬

デッキから魔法・罠カードを墓地へ送れるカードで、基本的には「ガスタへの追風」を送って、「ガスタ・グリフ」の効果を起動させるために使いますが、「仁王立ち」を墓地へ送って、戦闘させるように仕掛けることもできます。

優麗なる霊鏡

試験的な採用で、「ダイガスタ・スフィアード」の横に「ガスタ」モンスターを並べたいため、手札から特殊召喚をできるカードを探していたところこのカードに行き着きました。

打点を少し上げてしまうものの、「ダイガスタ・スフィアード」で回収したモンスターをこのカードで特殊召喚できるため、シンクロ召喚に通常召喚権を使っていても、「ガスタ」を横に置くことができます。

なお、制約効果は装備化しているモンスターだけに対するものなので、特殊召喚したモンスターの効果を使えるのもポイントになります。

最後に

【ドーン・オブ・マジェスティ】にて登場した「ガスタ・ヴェズル」、「ダイガスタ・ラプラムピリカ」、「ガスタへの追い風」の3枚を入れて、【ガスタ】デッキを再構築してみました。

 

今回の新規カードによって、「ガスタ・グリフ」を送れるテーマ内のカードはなかったので、他から力を借りなければならなかったところが改善されただけでなく、手札からの展開手段が増えたり、シンクロ召喚からのさらなるシンクロ召喚ができるようになったりという強化でした。

 

【ガスタ】デッキを作る時は、ぜひ上記を参考にしてみてくださいね!

ではこれで新規を追加した【ガスタ】デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。