遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

これでもう本屋へ買いに行くのもおさらば?Vジャンプ定期購読のメリットとデメリット、申し込み方法とは??

はじめに

どうも、ハイロンです!

今回は、Vジャンプの定期購読について書きたいと思います。

 

過去に付録カードが話題すぎて、Vジャンプが売り切れで買えなかった…! とか、忙しくて、買うの忘れてたという経験、ありませんか?

そんな時に便利なのが定期購読で、特典もあったりするので、この記事がVジャンプ定期購読について真剣に検討している人の参考になれば幸いです。

Vジャンプの定期購読とは

f:id:hairon36:20200520164620j:plain

※画像は2020年のものです。

Vジャンプ1年分の金額と送料を払って予約しておくというもので、Vジャンプ集英社)が毎年、4月の中旬から7月号上旬にかけて、新規年間定期購読キャンペーンとして募集しているものになります。

 

定期購読のキャンペーン特典としては、

  1. 毎号、定期購読者向けのスペシャル(SP)ペーパーが1枚ついてくる。
  2. 6号目と12号目に特典カードがついてくる。

 の2つになります。

 

SPペーパーについては、両面印刷されていて、SPペーパー内だけのプレゼント企画もあったりします。

 

ちなみに特典カードの方ですが、2019年からは遊戯王カードが6号目に3枚、12号目に3枚の合計6枚となっています。

(あとは、スーパードラゴンボールヒーローズから、2枚ずつの合計4枚ついてくるようです。)

 

管理人も定期講読を利用しているので、実際に定期講読を利用したメリットとデメリットを書いてみたいと思います。

Vジャンプ定期購読のメリットとは

f:id:hairon36:20200520170914j:plain

■特典カードがついてくる

やはり、定期購読の最大の魅力はこれですね。

さらに2019年からは2枚増えて、合計6枚の特典カードがもらえます。

 

ただ、ここ最近の特典カードは、「捕食植物スパイダー・オーキッド」や「SR カールターボ」ぐらいで、目立ったようなカードが入っていませんが、過去には「堕天使スペルビア」や「茫漠の死者」、「天狼王 ブルー・セイリオス」、「サンダー・シーホース」、「プリミティブ・バタフライ」と言ったカードが特典カードとなっていたこともあるので、意外と侮れません。

 

■1日前に自宅に届く

次は、これですかね。

要するに、一足早くフラゲができるということです。
ただ曜日の関係等で、発売日の1日前が日曜日や祝日の場合は、発売日にお届けとなることもありますが。

 

ちなみに、定期講読するVジャンプが1冊だけだと、ポストに入れてのお届けとなりますが、2冊以上だとダンボールに入っての宅配便でのお届けになります。

 

■本屋へ買いに行く必要がない

これは、定期講読で3冊頼んでいた場合は特にそうなります。

自宅に郵送で届くため、わざわざ本屋やコンビニを探し回って買いに行く必要がなくなりますし、店に行って売り切れていたという事態もなくなるので、そういったストレスからも解放されます。

 

では、次にデメリットの紹介です。

Vジャンプ定期購読のデメリットとは

■1年分の先払いをしなければならない

これは、1年分の金額と送料を払って予約しておくというものである故のデメリットでしょう。

毎月本屋で買うのが分割払いだとしたら、定期購読で8040円を支払うのは一括払いと言い換えることができますが、1度にまとめて払うのは、やはり出費としては大きい…。

 

ですが支払ったその後は、その後のVジャンプの支払いをする必要がなく、たとえVジャンプが特別定期で値上げした号があっても追加料金の支払いはありません。

 

なお、クレジットカードでの決済では、分割払いも選択できるため、デメリットが薄れています。

 

■送料込みの金額設定になっている

これは、自宅に送ってくるため、仕方がないことでもあります。

送料は毎号ベースで見ると、プラス100円前後の料金が定期購読料に含まれている計算になります。

確かに、本屋で買えば送料はいりませんが、その代わりに本屋へ行く手間や時間がかかります。

 

ただこの点に関しては、その送料分を特典カードで補てんしていると考えれば、悪くはない話ではないでしょうか?

 

■自分が不要だと思ったカードが付録でも届いてしまう

これが1番のデメリットかもしれませんね。

本屋で買うパターンであれば、 不要だと思ったカードなら、その月は買わないという選択肢があるのですが、定期購読ではそうはいかず、自宅に届いてしまいます。

これに関しては定期講読の申し込みをした時点では、何月号に何が付録カードとなるか、わからないですからね。

 

でもそんな場合は、カードショップ等で買い取りに出して現金化するというのも一つの手です。

 

ちなみに参考までにですが、私のケースの場合は、2019年8月号から前期分の定期購読が始まりましたが、その間の付録カードをまとめてみると…

2019年08月号「ストライカー・ドラゴン」

2019年09月号「天威の龍拳聖」

2019年10月号「塊斬機ダランベルシアン

2019年11月号「ワルキューレ・シグルーン」

2019年12月号「始原竜プライマル・ドラゴン」

2020年01月号「風霊媒師ウィン」

※ここで6号目なので、「EM ミス・ディレクター」、「スモーク・モスキート」、「DDイービル」が特典として送られてきました。

2020年2月号「焔聖騎士-リナルド

2020年3月号「アーマード・ビットロン」

2020年4月号「マシンナーズ・メタルクランチ」

2020年5月号「電脳堺姫-娘々」

2020年6月号「暗黒騎士ガイアオリジン」

2020年7月号「百年竜」

※ここで12号目なので、「SRカールターボ」、「SRブロックンロール」、「DDドッグ」が特典として送られてきました。

という内容でした。

 

前半は、「ストライカー・ドラゴン」や「天威の龍拳聖」、「塊斬機ダランベルシアン」、「風霊媒師ウィン」と使えるカードや一時期、話題になったカードも多かったのですが、後半は、「焔聖騎士-リナルド」のようなテーマ寄りや種族・属性寄りのカードが多かったですね。

付録カードについては、その月に出る予定のパックや商品と関連するカードが多い傾向ですが、Vジャンプ内の遊戯王マンガと関連するカードというパターンもあります。

 

では最後に、Vジャンプの定期購読の申し込み方法をまとめて終わりたいと思います。

Vジャンプ定期購読の申し込み方法とは

f:id:hairon36:20200520164638j:plain
申し込み方法については、2つのパターンあって、

●パソコンやスマホからの申し込み

●電話での申し込み

があるので、好きな方法を選択して申し込みをします。
※過去には、「払込取扱票」を使っての郵便局での申し込みがありましたが、2020年からはなくなってます。

パソコンやスマホからの申し込みの場合

こちらのURL(↓)にアクセスしてもらって、

store.hpplus.jp

 

Vジャンプ(定期購読)をカートに入れます。
複数頼む場合は、カート内にある右側の「1▼」を選んで、必要な個数選択。
そこから「ご注文手続きへ進む」を押すと、このような画面が出てくると思います↓

 

f:id:hairon36:20200520164918j:plain

※画像はスマホでの表示。
パソコンでは、ショッピングカートの右側に「ログインして注文手続きへ進む、会員以外の方、Amazonアカウントでのご注文」の順で、選択するようになってます。

●「集英社HAPPY PLUS STORE」の会員登録をしたことがある方は、「ログインしてご注文手続きに進む」へ

●はじめて利用する方は、「お届け先を入力して注文する」へ

Amazonアカウントを持っている方で、そちらで支払いたい方は、「Amazonアカウントでお支払い」へ

それぞれ進んで、支払い手続きを済ませます。

Amazonアカウントでお支払いは、1冊のみの場合に、選択できるみたいです。(スマホ画面でのみ。)

 

ちなみに、はじめて利用する場合は、「集英社HAPPY PLUS STORE」に会員登録(無料)する形になります。

 

支払方法ですが、

●クレジット支払い(一括or分割)

●d払い

auかんたん決済

●LINE Pay

●コンビニ前払い(セブンイレブン、ローソン、ミニストップセイコーマートファミリーマートデイリーヤマザキ

●ネットバンキング

●銀行決済(ATM)

から選べますので、お好きな方法で支払ってください。

 

電話での申し込みの場合

電話で申し込む場合は、集英社HAPPY PLUS STOREの申し込み専用窓口(電話番号:0120-337-480)に電話して申し込んでください。

 

ちなみに申し込み受付時間は、9:30~20:00で、土・日・祝日は9:00~18:00となっていますので、 お気を付けください。

 

最後に

Vジャンプの定期購読についてのメリット・デメリットと、申し込み方法について、書いてみました。

 

Vジャンプの定期購読は、1年分の金額と送料を先払いしますが、ちょっとだけ早く手に入れることができたり、特典カードがついてきたりとメリットも存在しますので、これまでを振り返ってみて、毎月Vジャンプを買い続けているなら、この機会に定期購読に変えてみるのもいいかもしれないですし、Vジャンプを手に入れれない状態に対するリスクを避けるための手段として、定期購読を使うのもありかもしれませんね。

 

では、このあたりで定期購読についての記事を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。