遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【カード考察】発動条件がゆるいコントロール奪取カード!「大捕り物」を考察!!

 

今回は、「ダーク・ネオストーム」の判明しているカードの中から、罠カードの「大捕り物」を考察したいと思います。

能力的には、汎用的な罠カードになります。

 

■大捕り物

●カードの種類:永続罠カード
●収録パック:ダーク・ネオストーム(DANE-JP078)
●レアリティ:レア


f:id:hairon36:20190104133806j:image

 永続罠
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。

そのモンスターのコントロールを得る。

そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。

そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 「大捕り物」はコントロール奪取系の罠カードです。

 

 コントロール奪取系カードは、発動条件があったりしますが、このカードは『相手フィールドの表側表示モンスター1体』を対象にして発動するだけなので、比較的にゆるめの条件となってます。

 

ただ、奪ったモンスターは攻撃できず、効果を発動できなくなりますが、リリースや各種の召喚法の素材には、自由に使えるので、奪ったモンスターはそれらの召喚法の素材にして処理するのがいいでしょう。

 

そのほかの活用としては、罠カードという点を活かし、相手のバトルフェイズに一番攻撃力が高いモンスターを奪って、攻撃を回避したり、相手のリンクモンスターを奪って、その後の展開を狂わせたりすることが考えられます。

 

それから永続罠カードのため、墓地へ行っても、「ブービートラップE」で使いまわすということもできます。

 

 

非常に良い点が目立つところですが、「大捕り物」は、モンスターを対象に取り続ける効果という裁定が出たので、相手モンスターのコントロールを得た後に、「大捕り物」が場から離れた場合には、相手にコントロールが戻ってしまう点には、注意です!

(しかも、戻ったモンスターは、通常通り、攻撃や効果の発動ができます。)

 

 

※発売後、上記のような裁定が出たようです。

以前、紹介した記事内では、「大捕り物」が破壊されてもコントロールはそのままという旨とそれを活かした方法を記載していました。

誤った情報を記載してしまい、大変に申し訳ございませんでした。

 

 

 

 【最後に】

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ダーク・ネオストーム」から「大捕り物」を取り上げてみました。

 

総合的に見ると、コントロール奪取のカードでは、珍しく発動条件がほぼなく、汎用的なコントロール奪取系の罠カードと言えるので、手に入れておいてもいいでしょう。

 

では、このあたりで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!