ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【カード考察】対効果モンスター系のフィールド魔法!「魔鍾洞」を考察!!

今回は、「ダーク・ネオストーム」で登場したフィールド魔法カードの「魔鍾洞」を考察したいと思います。

お店によっては、割安な値段で放置されていることもあったりしますが…。

では早速、考察してみたいと思います。

 

■魔鍾洞

●カードの種類:フィールド魔法カード
●収録パック:ダーク・ネオストーム(DANE-JP064)
●レアリティ:スーパーレア

 

f:id:hairon36:20190111195219j:plain

 フィールド魔法
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(2):自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。このカードを破壊する。

 「魔鍾洞」は、効果モンスターに対する抑止力系のフィールド魔法カードと言ったところですね。

長々と1番目と2番目の効果が書かれていますが、簡潔にまとめると『モンスターの数が多いプレイヤーは、モンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。』ということになります。

そして、3番目の効果は、エンドフェイズにお互いのモンスターの数が同じだった場合に、このカードを破壊するというものです。

 

 

 【カード効果について】

「魔鍾洞」が適用されていると、モンスターによる攻撃宣言ができなくなり、モンスターの効果も発動できなくなるので、

例えば、『デッキからモンスター1体を特殊召喚する』や『墓地からモンスター1体を特殊召喚する』と言った効果を持つモンスターの効果を撃てなくなったりするので、それらを多用する大量展開系のデッキには、発動されるときついカードとなりそうですね。

 

また、モンスターの数については、フィールドを参照しますが、「モンスターの効果を発動できず」という部分は、場所も問われていないので、「魔鍾洞」の効果が適用されてしまうと、手札・墓地で発動する効果も発動できないことになってしまいます。

 

なお、「魔鍾洞」はモンスター効果の分類で言うと、誘発効果、起動効果、誘発即時効果を持つ効果モンスターの効果に対しては、発動を封じれますが、永続効果を持つモンスターやルール効果に関しては、「魔鍾洞」で対応できない効果になるので、その点は注意してくださいね。

 

 

 【対処法】

このカードを使われた場合の対処法は、適用されているとモンスター効果での除去は望めないため、「サイクロン」などの魔法・罠カード除去カードで、除去できれば1番いいのですが…。

効果の性質上、『モンスターの数が多いプレイヤー』に適用される効果でもあるので、

●自分のモンスターを減らす。

→リンク召喚やシンクロ召喚、エクシーズ召喚をして減らしたり、コストでモンスターを墓地へ送ったりという手段があります。

 

●相手のモンスターを増やす。

→こちらは、あまり機会がないかもしれませんが、相手にモンスターを送りつけるカード(「おジャマ・トリオ」など)を使う。

 

という2つのどちらかで、相手が「魔鍾洞」の効果を受けるようにさせるか、「自分のモンスターの数=相手モンスターの数」になるようにして、「魔鍾洞」の3番目の効果での破壊を狙うかのどれかになりますね。

 

 

 【ルール面から見た「魔鍾洞」】

最後に、「魔鍾洞」に関するルールを、公式HPやQ&Aで調べてみました。

「魔鍾洞」の1番目、2番目の効果は、

●チェーンブロックの作られない(チェーンを組まない)効果

対応するプレイヤーに適用される効果

という裁定が出ています。

 

3番目の効果に関しては、

●お互いのモンスターの数が同じ状態の場合に、必ず発動する効果

●対象を取る効果ではない

●チェーンブロックを作る(チェーンを組む)効果

という裁定に。

「対応するプレイヤーに適用される効果」という部分は、覚えておいたほうがいいかもしれませんね。

 

※なお、対応するプレイヤーに適用される効果については、こちらのQ&Aもチェックしていただければと思います↓

 

参照:公式サイトのカードデータベース

「魔鍾洞」適用中の「禁じられた聖槍」に関するQ&A(2019年1月11日回答)

www.db.yugioh-card.com

 

 

 【終わりに】

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ダーク・ネオストーム」から「魔鍾洞」を取り上げてみました。

フィールド魔法ということもあり、「メタバース」で相手ターンに発動できるので、「チキンレース」、「ブラック・ガーデン」とともに、これからは「魔鍾洞」というカードも考えたいところです。

 

なお、このカードを使う場合は、お互いのモンスターの数の差に気を付けて、自分が「魔鍾洞」のカード効果の適用を受けないようにしたいですね。

 

では、このあたりで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!