ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】リバーステーマ「サブテラー」の大熱波導師ビートデッキ!!

 

f:id:hairon36:20181216022327j:image

今回は、私ハイロンが愛用して使っているデッキの1つである導師ビートデッキを紹介したいと思います。

 

最近、注目度が上がっているのかな?と感じていたりしますが、果たして来期(2019年1月)以降環境入りができるのでしょうか?

 

 では、まずはメインデッキから紹介したいと思います。

 メインデッキ編

f:id:hairon36:20190501144635j:image

〈モンスター17枚〉

サブテラーの導師×3

サブテラーの射手×3

カオスポッド×2

サブテラーの妖魔×3

増殖するG×3

灰流うらら×2

屋敷わらし×1

 

〈マジック15枚〉

地中界シャンバラ×3

テラ・フォーミング×1

強欲で金満な壺×3

強欲で謙虚な壺×3

大熱波×3

ハーピィの羽根帚×1

スケープ・ゴート×2

 

〈トラップ7枚〉

神風のバリア -エア・フォース-×2

サブテラーの決戦×2

無限泡影×3

大会とかで優勝しているデッキレシピを見ると、カウンター罠や「御前試合」を採用していることが多いのですが、それらを採用せず、フリー向けにオリジナリティーを加えて構築しています。

 

デッキとしては、手札誘発を使って、相手の動きを妨害したり、「大熱波」や「増殖するG」で相手の展開を止めながら、「サブテラーの導師」や「サブテラーの決戦」、フィールド魔法の「地中界シャンバラ」の3枚を駆使して、ビートしていくと言った感じになります。

 

以前にも紹介したので、ここからはそこからの変更点を中心に紹介したいと思います。

▼以前、紹介した導師ビートデッキはこちら↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

前回からの変更点

■カオスポッド

【遊戯王シングルカード】 《ゴールドシリーズ 2012》 カオスポッド ノーマル gs04-jp001

初見殺し&大量展開系対策として入れてます。

さらに「大熱波」が適用中にリバースできれば強力な効果となるので、「大熱波」とは、以下の裁定もあるため相性が良いカードになります。

~参考~

遊戯王カードwikiより引用〉

Q:このカード(=「大熱波」)の発動後、《カオスポッド》がリバースした場合、効果処理はどのようになりますか?


A:通常通りフィールド上のモンスターをデッキに戻しシャッフルし、加えた枚数分のモンスターが出るまでデッキの上からカードをめくります。レベル4以下の通常モンスターがいれば裏側守備表示で特殊召喚し、それ以外は墓地へ送られます。(10/08/27)

つまり、バニラモンスターの特殊召喚は許してしまいますが、効果モンスターであれば実質、モンスター除去をしていることになります。

(ちなみにデッキ破壊も兼ねているという状況にもなります。)

 

なお、EXデッキのモンスターは、EXデッキに戻るため、数にカウントされない点に注意です!

 

 

■強欲で金満な壺

遊戯王カード 強欲で金満な壺(スーパーレア) サベージ・ストライク(SAST) | 通常魔法 スーパー レア

「サベージ・ストライク」で、新たに登場したドローソースです。

エクストラデッキは、そんなに使わないデッキなので、除外しても問題ありません。

(「スケープ・ゴート」を使った時ぐらいなので。)

 

ただ発動タイミングが、メインフェイズ開始時なので、「大熱波」と「強欲で金満な壺」が手札に同時にある場合は、どちらかしか発動できない点には、注意が必要です。

 

その場合、私は「大熱波」を優先させて、相手の展開を止めて、次の自分のターンで「強欲で金満な壺」でドローを取るといった感じが多いです。

(「地中界シャンバラ」があれば、基本的に「大熱波」発動がベストです。)

 

 

■手札誘発モンスターの整備

サーチできる手札誘発の「サブテラーの妖魔」という存在がいるので、その他は「増殖するG」や「灰流うらら」、「屋敷わらし」といった感じです。


紹介した当時は、「灰流うらら」を1枚しか持っていなかったのですが、その後1枚を手に入れて2枚にしました。
(今ならストラクにも再録されたので、さらに集めやすくなりましたね。)

 

「大熱波」について

 遊戯王 STBL-JP061-R 《大熱波》 Rare

さきほどから「大熱波」とチラチラ名前が挙がっていますが…。

このカードについては、以前にも紹介しましたが、このカードの発動を前提としてデッキを作った部分もあるので、もう一度紹介しておきます。

 

 「大熱波」の効果を見ていただくと、わかるかもしれませんが、

通常魔法
メインフェイズ1の開始時に発動する事ができる。
次の自分のドローフェイズ時まで、お互いに効果モンスターを召喚・特殊召喚する事はできない。

いわゆる行動を制限する系の魔法カードで、発動してしまえば、お互い効果モンスターの召喚・特殊召喚をすることができません。

 

ただ、読者の中には気づいた方もいるかもしれませんが、このカードには抜け穴があって、モンスターのセットや反転召喚、リバースはできるのです。

そこを利用していきます。

 

導師ビートには、幸いにもセット状態から表側にできる「地中界シャンバラ」がありますし、相手がモンスターをセットした場合でも、裏側守備モンスターをデッキバウンスする「サブテラーの射手」という存在がいるので、優位に立つことができます。

 

では、次はエクストラデッキを紹介したいと思います。

 EXデッキ編

f:id:hairon36:20190501144704j:image

〈リンクモンスター15枚〉

サクリファイス・アニマ×1

リンクリボー×1

リンク・スパイダー×2

アンダークロックテイカー×1

セキュリティ・ドラゴン×1

ミセス・レディエント×2

ダブルバイト・ドラゴン×1

トロイメア・ケルベロス×1

トロイメア・フェニックス×1

アークロード・パラディオン×1

トロイメア・ユニコーン×1

ヴァレルロード・ドラゴン×1

ヴァレルソード・ドラゴン×1

EXデッキは、積極的に使っていくようなデッキではないので、何でもいいのですがね(笑)

主に、「スケープ・ゴート」からのリンク召喚を想定しているので、一応、汎用で固めてみました。

しかし、「強欲で金満な壺」で除外されてしまうこともあるので、出せれたらいいなという感じで割り切っています。


サイドデッキ編

f:id:hairon36:20190501144722j:image

〈モンスター5枚〉
屋敷わらし×1

幻創龍ファンタズメイ×2

ダイナレスラー・パンクラトプス×2

〈マジック5枚〉
ブラック・ガーデン×2

盆回し×1

サイクロン×2

〈トラップ5枚〉
拮抗勝負×3

ヴェンデット・リボーン×2

フリー対戦がメインなので、出番はそんなにありませんが、一応サイドデッキも作ってみました。

 

モンスターについては、対墓地効果メタの「屋敷わらし」、対リンクの「幻創龍ファンタズメイ」を入れつつ、汎用の「ダイナレスラー・パンクラトプス」と言った感じにしています。

 

魔法カードについては、「サブテラーの導師」や「サブテラーの射手」、「サブテラーの妖魔」の攻撃力が800の倍数ということで、それらのモンスターを蘇生できるフィールド魔法の「ブラック・ガーデン」をサイドに忍ばせています。

 

「ブラック・ガーデン」は、召喚・特殊召喚に反応するタイプの効果を持っていますが、フィールド魔法なので、「地中界シャンバラ」と競合してしまうのが難点。

ですが、それは逆に「盆回し」を入れるチャンスでもありますが...。


「サイクロン」は、魔法・罠カード除去に対しては「ハーピィの羽根帚」しかないので、物足りないと感じた時に欲しいかなと思って入れております。

 

罠カードについては「拮抗勝負」は、導師ビートは、大量展開系のデッキに対しては、苦手な傾向なので、それを補うために入れてます。

 手札から発動できる場合があるので、自分から仕掛けることもできますが、導師ビートでは、「地中界シャンバラ」や「サブテラーの決戦」などフィールドに残るカードがあるので、少し相性が悪いのかなと思いはじめてます。

 


「ヴェンデット・リボーン」は実験的なカードで、簡単に言うと相手モンスターをリリースしながら、「ヴェンデット・トークン」1体を生み出す罠カード。

 

一見すると、1枚でモンスター除去と壁モンスターを用意できるので、メインに投入できる!と思ってしまいますが、2つの問題点が...。

まず、リリースできる相手モンスターですが、トークンのレベルを決めるのに関係してくるため、必然的にレベル持つモンスターになる点で、リンクモンスターやエクシーズモンスターに対しては無力という点が、最大の課題かなと。

そして2つ目は、このトークンが存在する限り、自分は、「ヴェンデット」モンスターしか召喚・特殊召喚できないという制約を受けてしまう点です。

この点は「地中界シャンバラ」があれば、解消されますが、除去されたり、来ない場合は、自分に対して「大熱波」を発動されているのと同じ状態になるので、厳しい状況に。

ただ、トークンが壁となって戦闘破壊されれば、この制約はなくなるので、そこまで深刻な問題点とは言えないですがね...。

 

遊戯王/ヴェンデット・リボーン(ノーマル)/エクストラパック 2017

 

最後に

「大熱波」を軸にした導師ビートを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

「大熱波」を使っている側から見ると、発動すれば、相手の展開が遅れたり、動きが止まったりするので影響力が大きく、また魔法カードということもあり、無効にしにくいのかなといった印象で、強いカードだなと思って使わさせてもらってます。

 

なので、バニラだけでなく、リバーステーマには、オススメできる1枚です。

 

ではこのあたりで大熱波導師ビートのデッキ紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。