Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

「TG(テックジーナス)」特集!~「サベージ・ストライク」での強化決定!!~【特集記事】

さて「サベージ・ストライク」の発売が近づいてきたということで、まだ情報を追いつけていけてない方に向けて、収録されるカテゴリーカードについて取り上げたいと思います。

 

今回は「TG(テックジーナス)」について、見ていきたいと思います。

「TG」と言えば、アニメでアンチノミー(ブルーノ)が使うモンスターで、シンクロ時代を盛り上げてくれたテーマでもあります。

 

では新規の「TG」について見ていきましょう!

【メインモンスター編】

■TG スクリュー・サーペント


f:id:hairon36:20181004144359j:image

星4 水 海竜族/チューナー 1300/500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「TG スクリュー・サーペント」以外の自分の墓地のレベル4以下の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。

②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

 

1番目の効果は、召喚・特殊召喚時に、墓地のレベル4以下の「TG」を蘇生する効果。

特殊召喚時にも対応しているので、後ほど紹介する「TG スター・ガーディアン」のサルベージからの特殊召喚で出したいところです。

 

蘇生する「TG」モンスターですが、「TG」のシンクロモンスターはレベル5が多いので、シンクロする場合は、まずレベル1の非チューナーを蘇生したいところ。

こちらも後で紹介する「TG ブースター・ラプトル」が候補になってきます。

 

なお、この蘇生効果は、「TG ワーウルフ」の特殊召喚するトリガーにもなるので、そちらも合わせて使っていきたいところです。

 

2番目の効果は、「TG」モンスターのレベルを1つ上げるor下げるというレベル調整効果。

「TG」モンスターは、レベル5のシンクロモンスターになれるようになっていますが、メインデッキに入るモンスターのレベルがバラバラなので、意外とこの効果が役に立つことがあるかもしれません。

 

さりげなく海竜族初のレベル4チューナーです。

 

■TG ブースター・ラプトル


f:id:hairon36:20181004144415j:image

星1 風 恐竜族 400/300
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

①:自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

 

「TG ブースター・ラプトル」は、「TG」がいる時に手札からお手軽に特殊召喚できるモンスター。

シンクロモンスターのレベル調整やリンク素材の数を増やしたい時にいると便利なモンスターですね。

こちらも「TG ワーウルフ」を特殊召喚するトリガーになります。

 

そして、フィールドから破壊される必要がありますが、デッキから自身以外の「TG」モンスター1体をサーチできる効果も持っています。

この効果は、過去の「TG」モンスターが持つ共通効果と同じですね。

 

見た目は鳥獣族に見えますが、実は恐竜族

なので、このカード自体は「化石調査」でサーチすることができます。

 

 

■TG タンク・ラーヴァ


f:id:hairon36:20181004144429j:image

星1 地 昆虫族/チューナー 0/0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのこのカードを「TG」SモンスターのS素材とする場合、このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

②:このカードが「TG」SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「TGトークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 

 チューナーですが、1番目の効果で非チューナーとして扱うことができるので、器用に扱えそうなモンスターです。

 

また、「TG」SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合に、「TGトークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を攻撃表示で特殊召喚できるので、このトークンを使って、「TG レシプロ・ドラゴン・フライ」やレベル5のシンクロ素材などに使いたいところ。

ただ、攻撃表示で特殊召喚されるので、残さずにおきたいところです。

 

【エクストラモンスター編】 

■TG スター・ガーディアン


f:id:hairon36:20181004144441j:image

星5 光 戦士族/シンクロ/チューナー 100/2200
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

②:自分メインフェイズに発動できる。手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚する。

③:相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

今回、新たに出るレベル5シンクロ・チューナーです。

1番目の効果は、特殊召喚に成功した場合に、墓地の「TG」モンスター1体をサルベージ効果。

ポイントは、「特殊召喚に成功した場合」という部分で、シンクロ召喚成功時はもちろんですが、「死者蘇生」などの蘇生カードで特殊召喚した場合でも発動するというところです。

 

しかも、サルベージ効果を活かすように、2番目の効果で、自分メインフェイズに手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚するという効果を持っています。

この効果で、さらに上のシンクロモンスターを狙いたいですね。

 

3番目の効果は、シンクロ・チューナーモンスターによくあるパターンの効果となっています。(こちらが本家ですが。)

 

■TG トライデント・ランチャー


f:id:hairon36:20181004143405j:image

地 機械族/リンク 2200
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上【LINK-3:左下/下/右下】 
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない。

②:相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

 「TG」初のリンクモンスターになります。

リンク召喚に成功すると、手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターを1体ずつリンク先に特殊召喚できるので、その後は、「TG」モンスターのシンクロ召喚という流れに持って行けます。

墓地に「TG ハイパー・ライブラリアン」か「TG スター・ガーディアン」がいたら面白くなりそうですね。

 

さらに、このカードのリンク先の「TG」モンスターは、対象を取る効果から守れるという2番目の効果もあります。

 

やはり「水晶機巧-ハリファイバー」経由でこのカードをリンク召喚するのが、消費が少なく効率的と言えそうです。

 

 

【最後に】

以上が「サベージ・ストライク」に入る新規の「TG」カードになります。

「TG ストライカー」と「TG ワーウルフ」が再録されているとは言え、新規だけでは組めそうにないので、「エクストリーム・ビクトリー」時代の「TG」モンスターも必要になってきそうですね。

もし持っているなら作ってみてくださいね~! 

 

「TG」デッキについては、管理人は作りたいと憧れていた時期もありましたが、その当時は「TG サイバー・マジシャン」が手に入らず諦めました…(泣)

「TG サイバー・マジシャン」を手に入れることができれば、今回の強化を機会に作ってみたいです。

 

ではこのあたりで~。

最後まで読んでいただきありがとうございました!