遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

これはある意味、手札誘発サーチカード!?「サブテラーの継承」を考察!!

【スポンサードリンク】

今回は、「サベージ・ストライク」に収録することが判明したカードを考察します!

【サブテラー】使いやリバーステーマ使いにとっては朗報とも言える「サブテラーの継承」について見ていきたいと思います。

では、まずはカード効果について見ていきましょう!

「サブテラーの継承」のカード効果

f:id:hairon36:20210331003924j:plain

通常罠

このカード名のカードは、1ターンに1枚しか発動できない。

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。

●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、モンスター1体を選んで墓地へ送り、同じ属性でカード名が異なるリバースモンスター1体をデッキから手札に加える。

●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、リバースモンスター1体を選んで墓地へ送り、同じ属性で元々のレベルが低いモンスター1体をデッキから手札に加える。

 「サブテラー」罠カードですが、テキスト内に「サブテラー」の文字がないので、リバーステーマにも入れることができます。

カード効果としては、サーチ効果になります。

手札or自分フィールドの表側表示モンスターを送る必要がありますが、使い方やモンスターの構築次第では、いいカードになりそうな予感がします。

「サブテラーの継承」の1つ目の選択肢について

1つ目の選択肢は、モンスター1体を送ると、そのモンスターと同じ属性で、カード名が異なるリバースモンスターをサーチします。

「モンスター1体を選んで送る」と書いているので、リバースモンスターを送っても大丈夫で、こちらは属性さえ合っていれば、レベルは関係ないので、出番のない手札誘発や不要な自分フィールドのモンスターをコストにして、リバースモンスターに変えておくといったことができそうです。

 

サーチ先を調べてみると、

光属性なら「ライトロード・ハンター ライコウ」や「聖なる魔術師」、「魔導雑貨商人」をはじめ、「ワーム」あたりがサーチできます。

 

闇属性なら、「闇の仮面」や「深淵の暗殺者」などや「シャドール」、「ティンダングル」といったテーマのカードをサーチできます。

 

地属性なら、「メタモルポット」や「カオスポッド」、「ハネハネ」、「人喰い虫」などから、「サブテラー」や「クローラー」といったカード達がサーチできます。

 

水・炎・風属性については、リバーステーマがなく、個別カードの種類も少ないので、ここでの紹介は割愛させていただきます。

 

あとは、リバースモンスターの「霊使い」あたりも候補になってくるのかなといったところです。

「サブテラーの継承」の2つ目の選択肢について

2つ目の選択肢の方は逆に、リバースモンスターを送って、そのモンスターと同じ属性で元々のレベルが低いモンスターをサーチします。

レベル4以上のリバースモンスターを送ることができれば、手札誘発あたりも狙えます。

(手札誘発のレベルは3以下が多いですからね。手札誘発サーチカードになります。)

 

墓地へ送るモンスターがレベル4以上の

・光属性のリバースモンスターなら、「エフェクト・ヴェーラー」や「幽鬼うさぎ」

・闇属性のリバースモンスターなら、「浮幽さくら」や「D.D.クロウ」

・地属性のリバースモンスターなら、「増殖するG」や「屋敷わらし」

・炎属性のリバースモンスターなら、「灰流うらら」

 

あたりのサーチが可能です。

 

問題はレベル4以上がいるリバーステーマですが、

光属性は「ワーム」、

闇属性は「シャドール」や「ティンダングル」、

地属性は「サブテラー」がいますが、

炎属性に関しては、残念ながらいません。

 

個別では、レベル4で「ファイヤー・ソーサラー」、「炎の女暗殺者」というモンスターならいますが、これはいかがなものですかね?

まとめ

「サブテラーの継承」について考察してみました。

はじめは「サブテラー」の強化かなと思いましたが、よく読んでみると手札誘発もサーチできるというカードでした。(本来は違うと思う!)

 

このカードの登場によって、リバーステーマであるということがメリットとなってきそうですね。

 

ではこのあたりで終わりたいと思います。

最後までありがとうございました。