遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ヴァレット・シンクロン」収録確定!「クイック・リボルブ」を考察!!

【スポンサードリンク】

今回は、「サベージ・ストライク」の発売が近づいてきたということで、「クイック・リボルブ」のカード考察をしてみたいと思います。

「サベージ・ストライク」のCMにて、レベル1のチューナーである「ヴァレット・シンクロン」も収録されたので、発売後の活躍も期待できそうで、デッキから特殊召喚できるカードをお探しの方は、注目しておいたほうがいいかもしれないですね。

では、カード効果について見ていきましょう。

「クイック・リボルブ」のカード効果

遊戯王/クイック・リボルブ(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

速攻魔法
①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

「ヴァレット」デッキのサポートカードですが、カード効果は、「緊急テレポート」のようなデッキから特殊召喚できる速攻魔法カードです。

では、次にこのカードのプラス面、マイナス面について見ていきたいと思います。

「クイック・リボルブ」のプラス面

「クイック・リボルブ」のプラス面としては、速攻魔法なので、好きなタイミングで自由に発動できる点です。

あとは、「緊急テレポート」と違って、レベル制限がないので、上級も特殊召喚できますので、今後出てくる「ヴァレット」モンスター次第では、化けるかもしれないですね。(この記事を書いた時点ではいませんが。)

 

「ヴァレット」モンスターは、今のところレベル1~4が揃っているので、リンク素材やシンクロ素材のレベル調整、エクシーズ素材と柔軟に対応できます。

また、セットしておいて、相手ターンに発動して、守備力の高い「アネスヴァレット・ドラゴン」などを特殊召喚すれば、壁として活用することもできます。 

「クイック・リボルブ」のマイナス面

このカードでは、「ヴァレット」モンスターしか特殊召喚できない点と特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される点です。

 

一応デメリットとしては、特殊召喚したモンスターがエンドフェイズに破壊される点については、「ヴァレット」モンスターの共通効果(2番目)のトリガーになるので、実質メリットと言ってもいいかもしれません。

まとめ

「クイック・リボルブ」は、非常に使いやすく、効果もわかりやすいカードですね。

考察してみましたが、あまり補足することがなかったですww

 

「緊急テレポート」は、レベル3以下のサイキック族、「クイック・リボルブ」は、「ヴァレット」限定という違いがありますが、通常召喚権を残したままデッキから特殊召喚できる速攻魔法と言う点では、どちらも強くて、使ってみたいカードです。 

 

あと「サベージ・ストライク」のCM内で判明した「ヴァレット・シンクロン」ですが、アニメ通りの効果でしたね。

(OCG化に伴い、特殊召喚成功時にも対応していれば、「クイック・リボルブ」を活かせれたのにと少し期待していましたが…(笑)やはりアニメ通りでしたね。)

 

■ヴァレット・シンクロン

星1 闇 ドラゴン族/チューナー 0/0 
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

召喚成功時のみなので、サーチする方が良さそう。

「シンクロン」とつくモンスターなので、「調律」と言うカードの方が注目されそうですが…(笑)

蘇生効果は、レベル5以上の闇属性・ドラゴン族なので、「ヴァレット」以外のデッキでも活躍が見込めそうですね。

ではこのあたりで終わりたいと思います。

最後までありがとうございました。

 

※今回紹介した「クイック・リボルブ」は、「サーキット・ブレイク」にて、スーパーレアで収録されています。

遊戯王/クイック・リボルブ(スーパーレア)/サーキット・ブレイク

遊戯王/クイック・リボルブ(スーパーレア)/サーキット・ブレイク