遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ジーナの蟲惑魔」、「クラリアの蟲惑魔」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「ライトニング・オーバードライブ」から【蟲惑魔】の新規である「ジーナの蟲惑魔」、「クラリアの蟲惑魔」 の2枚を考察していきたいと思います。

ジーナの蟲惑魔」のカード考察

f:id:hairon36:20210305135324j:plain

ジーナの蟲惑魔」のカード効果

星4 地 植物族 1400/1400
このカード名の①③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドにセットされた罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
③:自分の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

ジーナの蟲惑魔」の登場で何ができるのか?

●「ジーナの蟲惑魔」の①の効果

「蟲惑魔」リンクやエクシーズ召喚の補助

セットされた罠カードが必要なものの、罠カードの種類は問わずに墓地へ送れば、手札から特殊召喚できるので、「蟲惑魔」のリンクモンスターやエクシーズモンスターへ繋ぐことができます。

 

「セラの蟲惑魔」がいる状態で「ジーナの蟲惑魔」を特殊召喚できれば、デッキから「ホール」・「落とし穴」通常罠カードをセットできるので、その場合は実質ノーコストとなります。

 

またこのカードの登場により、セットできる罠カードがあれば「ランカの蟲惑魔」のサーチ効果から展開できるようになってます。

 

墓地効果を持つ罠カードを送る

コストで送るのは、罠カードであれば何でもいいので、「ホール」や「落とし穴」通常罠カードだけでなく、墓地効果を持っている罠カードを墓地へ送れるので、出張させることもできそうです。

 

●「ジーナの蟲惑魔」の②の効果

「蟲惑魔」の共通効果で、 「ホール」・「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない効果になります。

 

●「ジーナの蟲惑魔」の③の効果

墓地の「ホール」・「落とし穴」通常罠カードをセット

③の効果は、「ジーナの蟲惑魔」の墓地効果で、自分の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合のみに、墓地の「ホール」・「落とし穴」通常罠カードをセットできるので、1度使ったカードや「フレシアの蟲惑魔」の効果でデッキから墓地へ送ったカードをセットするといいでしょう。

 

セットした「ホール」・「落とし穴」通常罠カードが除外されない部分は、「ティオの蟲惑魔」の特殊召喚成功した場合の効果の強化版といえますが、効果を発動できる条件が設定されているという違いがあります。

 

「クラリアの蟲惑魔」のカード考察

 f:id:hairon36:20210305135346j:plain

「クラリアの蟲惑魔」のカード効果

地 植物族/リンク 1800 
昆虫族・植物族モンスター2体
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク召喚したこのカードは罠カードの効果を受けない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が発動した「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードは発動後に墓地へ送らず、そのままセットできる。
③:自分エンドフェイズに、自分の墓地の「蟲惑魔」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
【LINK-2:右/下】

「クラリアの蟲惑魔」の登場で何ができるのか?

●「クラリアの蟲惑魔」の①の効果

「蟲惑魔」エクシーズモンスターやリンクモンスターが持っている効果で、「ホール」・「落とし穴」通常罠カードから罠カード全般と範囲が広がってます。

 

●「クラリアの蟲惑魔」の②の効果

「ホール」・「落とし穴」通常罠カードの再利用

ジーナの蟲惑魔」や「ティオの蟲惑魔」の再利用効果は、墓地から好きな「ホール」・「落とし穴」通常罠カードをセットできるタイプでしたが、「クラリアの蟲惑魔」は、発動した「ホール」・「落とし穴」通常罠カードをセットするタイプという違いがあります。

 

●「クラリアの蟲惑魔」の③の効果

「蟲惑魔」モンスターの蘇生

これまでは「蟲惑魔」モンスターの蘇生は、「ティオの蟲惑魔」が担ってましたが、これからは「クラリアの蟲惑魔」が加わります。

ただ、自分のエンドフェイズとタイミング的には遅いですが、リンク素材にした「蟲惑魔」モンスターや特殊召喚に成功した場合の効果を持つ「蟲惑魔」モンスターを特殊召喚するのがベターですね。

 

最後に

「ライトニング・オーバードライブ」に収録される「ジーナの蟲惑魔」と「クラリアの蟲惑魔」 について、考察してみました。

罠地獄となりそうな効果を持っていますし、「ジーナの蟲惑魔」の登場により、「ランカの蟲惑魔」のサーチ効果から展開ができるようになったのが、一番の強化なのかなと思って考察してました。

 

「蟲惑魔」は、可愛いモンスターばかりいるので、作ってみたいという誘惑が襲ってきそうです(笑)

ではこれで、「ジーナの蟲惑魔」、「クラリアの蟲惑魔」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【ライトニング・オーバードライブ】関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com