遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「結晶の魔女サンドリヨン」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【マギストス】の新規カードの「結晶の魔女サンドリヨン」を考察していきたいと思います。

「結晶の大賢者サンドリヨン」から進化した姿…
「とってもお綺麗です!」

「結晶の魔女サンドリヨン」のカード効果

f:id:hairon36:20210305135018j:plain

ランク4 光 魔法使い族 1000/2800
属性が異なる魔法使い族レベル4モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「マギストス」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「マギストス」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが装備されている場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

「結晶の魔女サンドリヨン」の登場で何ができるのか?(カード考察)

①「マギストス」の展開ルートの増加

「マギストス」は、「絶火の大賢者ゾロア」から展開するのが基本でしたが、これからはランク4の「結晶の魔女サンドリヨン」を作って、展開するというルートが加わります。

 

具体的には、「結晶の魔女サンドリヨン」の①の効果によって、デッキから「マギストス」モンスター1体を特殊召喚できるので、「絶火の大賢者ゾロア」を特殊召喚してシンクロ召喚に繋げれることができますし、 「結晶の大賢者サンドリヨン」を特殊召喚して「聖なる法典」をサーチし、「法典の守護者アイワス」を融合召喚できるルートが選択できることになります。

②装備する側の「マギストス」モンスターの増加 

「結晶の魔女サンドリヨン」にも、装備されている状態で発動できる効果を持っているので、「絶火の大賢者ゾロア」や「聖魔の大賢者エンディミオン」などで、装備するモンスターが増えることになります。

 

装備されている場合の効果は、相手モンスターの効果を一時的に無効にできる効果なので、厄介な効果を持つモンスターに使って、盤面突破を狙いたいところです。

 

最後に

「ライトニング・オーバードライブ」に収録される「結晶の魔女サンドリヨン」について、考察してみました。

いつか「マギストス」にも強化が来るだろうと思ってましたが、ようやく来てくれましたね。

「マギストス」のランク4と言えば、「結晶の女神ニンアルル」がいましたが、魔法使い族のサルベージ効果と少し物足りない効果で、どちらかと言うと、積極的に場に出したいようなエクシーズモンスターではありませんでした。

(装備した時の効果を主に利用するようなモンスターでした。)

 

なので、「絶火の大賢者ゾロア」を軸とするシンクロ構築になることが多かったですが、「結晶の魔女サンドリヨン」の登場によって、これからはランク4寄りの構築もありになりそうですね。

 

ではこれで、「結晶の魔女サンドリヨン」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【ライトニング・オーバードライブ】関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com