遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「溟界の漠-ゾーハ」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【溟界】テーマから「溟界の漠-ゾーハ」を考察します。

「溟界の漠-ゾーハ」のカード効果

f:id:hairon36:20210224150929j:plain

星4/闇属性/爬虫類族/攻1500/守1700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手はデッキから1枚ドローし、自分はデッキから「溟界の漠-ゾーハ」以外の「溟界」モンスター1体を手札に加える。その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。

「溟界の漠-ゾーハ」の登場で何ができるのか?

①お互いの手札入れ替え

「溟界の漠-ゾーハ」は、お互いの手札を入れ替える効果になります。

タイミング的には「溟界の漠-フロギ」と同じく、

●フィールドから墓地へ送られた場合

●墓地からの特殊召喚に成功した場合

のどちらかで発動することができ、相手は1枚ドロー自分は「溟界」モンスター1体をサーチした後、手札を1枚選んで墓地へ送る形になります。

 

「溟界の漠-ゾーハ」の効果でサーチするのは、やはり「溟界の滓-ヌル」か「溟界の滓-ナイア」が候補になってきます。

特に「溟界の滓-ヌル」をサーチできれば、そのまま墓地肥やし効果→自己蘇生効果を使うことで、ランク4のエクシーズ召喚へ繋げることができます。

「溟界の滓-ナイア」の場合は、通常召喚権が残っていることが前提となりますが、「溟界の滓-ナイア」で「溟界」魔法・罠カードをサーチして、ランク4のエクシーズ召喚という流れになります。

 

ただ、「溟界」モンスターをサーチできるものの、相手の墓地肥やしや手札の質を高めてしまう可能性があるため、その点には注意が必要です。

 

②自身のサルベージ

「溟界の漠-ゾーハ」の②の効果は、「溟界の漠-フロギ」と一緒の自身をサルベージする効果で、自己蘇生効果を持つ【溟界】モンスターだけでなく、墓地で効果を発動できる魔法・罠カードをコストにすると最適です。

 

ちなみに、「溟界の漠-ゾーハ」自身は、「溟界の滓-ヌル」や「スネーク・レイン」でデッキから墓地へ送れるモンスターになります。

他のカードとの連携

「溟界の漠-ゾーハ」による手札の入れ替え効果は、【溟界】テーマ内では「溟界王-アロン」の効果を起動させるトリガーになりますし、それ以外では「ライト・サーペント」、「霞の谷の幼怪鳥」、「トリックスターマンドレイク」などの手札から墓地へ送られた場合の効果を持つモンスターや【シャドール】などに代表されるような効果で墓地へ送られた場合の効果を持つカードのトリガーにもなります。

(ただし、相手にも利用される可能性があることに注意です。)

 

あとは、相手がモンスターを墓地へ送っていればという限られた条件となりますが、「廃車復活」や「魔轟神アンドレイス」のトリガーにもなったりします。

 

「溟界の漠-ゾーハ」のサルベージ効果は、手札から墓地へ送るので、上記で挙げたカードや墓地から除外することで効果を発動できる魔法・罠カードを送ることで、それらの効果の発動を狙えます。

感想・まとめ

今回は、【溟界】から「溟界の漠-ゾーハ」について、考察しました。

「溟界の漠-ゾーハ」もサルベージ効果は扱いやすいものの、手札の入れ替え効果は墓地肥やしの手伝いをすることにもなるので、注意して使わないと自分の首を絞めそうな効果ですね。

ではこれで、「溟界の漠-ゾーハ」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com