遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「溟界の昏闇-アレート」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【溟界】テーマから「溟界の昏闇-アレート」を考察します。

「溟界の昏闇-アレート」のカード効果

f:id:hairon36:20210224150337j:plain

星8/闇属性/爬虫類族/攻2000/守 800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、除外されている自分のモンスターの中から、爬虫類族モンスターを含むモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。

「溟界の昏闇-アレート」の登場で何ができるのか?

①自己蘇生

「溟界の黄昏-カース」と同じで、モンスター1体のリリースで墓地から自己蘇生できますが、こちらは相手に任意で墓地のモンスターをサルベージさせてしまう効果になります。

終盤になればなるほど、手札誘発をサルベージされてしまう可能性が高まるため、注意が必要になってきます。

 

ちなみに「溟界の昏闇-アレート」は、「溟界の滓-ヌル」や「スネーク・レイン」でデッキから墓地へ送れるモンスターになります。

 

②除外されているモンスターを墓地へ戻す

 「溟界の昏闇-アレート」が特殊召喚に成功した場合には、除外されている自分のモンスター2体を墓地に戻せますが、爬虫類族モンスターを1体含んでいないといけない条件があります。

 

【溟界】テーマ内では、「溟界の黄昏-カース」で蘇生した「溟界」モンスターや自己蘇生した「溟界の滓-ヌル」がフィールドから離れると除外されてしまうので、それらのカードを戻すために、使うこともできます。

他のカードとの連携

遊戯王/第10期/ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-/SR06-JP021 サクリボー

「溟界の昏闇-アレート」は、自分のモンスターをリリースして自己蘇生するので、「カプシェル」、「サイコ・エース」、「サクリボー」などのリリースされた場合(時)に効果を発動するモンスターをリリースすれば、それらのトリガーにもなれます。

あとは、【聖刻】や【六花】などのリリーステーマとも連携が取れそうですね。

 

他には、「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」が適用されていれば相手モンスター1体を代わりにリリースできたり、リリースするモンスターが闇属性であれば、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚できるトリガーにできたり、自分の墓地からモンスターが特殊召喚されるので、「サテライト・シンクロン」や「ドッペル・ウォリアー」を特殊召喚するトリガーにもなります。

 

除外されているモンスターを墓地へ戻す効果ですが、「溟界」以外の爬虫類族には、「覇蛇大公ゴルゴンダ」、「ワーム・ヤガン」など、自己再生後に除外されるモンスターがいたり、「ヤモイモリ」のような除外して発動するモンスターもいるので、それらのモンスターを戻して、再利用するという使い方がベストになるでしょう。

感想・まとめ

今回は、【溟界】から「溟界の昏闇-アレート」について、考察しました。

レベル8のモンスターを自己蘇生するために1体リリースで済むのは魅力的ですが、墓地からモンスターを回収されてしまう効果で、手札誘発を回収されてしまうおそれがあるので、「溟界の黄昏-カース」と比べると、使いどころが限られてきて、難しいのかなという印象を持ちました。

ではこれで、「溟界の昏闇-アレート」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com