遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「機巧兎-稻羽之淤岐素」を考察

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

【ドーン・オブ・マジェスティ】の発売が近づいてきたということで、その中に収録されるカードの考察をお届けします。

今回は、「機巧兎-稻羽之淤岐素(イナバノオキノシロ)」を考察します。

「機巧兎-稻羽之淤岐素」のカード効果

 f:id:hairon36:20210325125202j:plain

 星1/風属性/機械族/攻 50/守 50
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

「機巧兎-稻羽之淤岐素」の登場で何ができるのか?

①手札から該当する機械族モンスターを特殊召喚

「機巧兎-稻羽之淤岐素」の召喚成功で、手札から該当するモンスター1体を守備表示で特殊召喚できる効果を持ってます。

ただし、手札から特殊召喚できるのは、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターとなりますが、レベルは関係ないので、上級でも下級でも出すことができます。

 

【機巧】には召喚・特殊召喚に成功すると、該当するモンスターをサーチできる「機巧牙-御神尊真神」やリクルートできる「機巧狐-宇迦之御魂稲荷」、手札のモンスターを召喚できる「機巧嘴-八咫御先」がいるので、「機巧兎-稻羽之淤岐素」の手札から特殊召喚する効果をトリガーにすることができます。(しかもこれらのモンスターは上級モンスターなので、手札事故も回避できます。)

②打点強化

「機巧兎-稻羽之淤岐素」の②の効果は、墓地で自身を除外することによって発動できる効果で、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体の攻撃力を強化できます。

上昇値は、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になるため、結果的には総攻撃力は変わらず、対象のモンスターに攻撃力を集めただけになりますが、高打点で相手モンスターを倒したい場合や2回攻撃できる効果を持つモンスターがいる場合は、この効果を活かすことができるでしょう。

「機巧兎-稻羽之淤岐素」を使う上での注意点!

どちらの効果も攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターが必要な点ですね。

さらに①の効果は手札に、②の効果は自分の場に2体以上いないと機能しません。

また、①の効果は守備表示で特殊召喚する点と、②の効果を使ってしまうとそのターン中は、対象としたモンスターでしか攻撃できなくなる点に注意です!

「機巧兎-稻羽之淤岐素」と相性の良さそうなテーマ

①【ブンボーグ】

「機巧兎-稻羽之淤岐素」の手札から特殊召喚できる効果との相性が良く、その効果で手札事故を回避しながら上級モンスターを特殊召喚したり、「ブンボーグ002」の特殊召喚に成功した場合の効果の発動が狙えます。 

なお、打点強化の効果に関しては【ブンボーグ】の元々の攻撃力は500のため、複数体並んでないと厳しいのが、残念なところです。

 

【ブンボーグ】と似たような状況のテーマとしては、【ギミック・パペット】や【星遺物】あたりも該当します。

②【アンティーク・ギア】

こちらも手札から特殊召喚できる効果を利用できますが、一部のモンスターは攻撃力と守備力の数値が同じでも特殊召喚できないルール効果があるため、該当する機械族の数は大幅に減りますが、【アンティーク・ギア】には、ダメージステップ終了時まで何かしらのカードを発動できない共通効果があるため、「機巧兎-稻羽之淤岐素」の②効果も活かせたりします。

中でも「古代の機械熱核竜」は、「機巧兎-稻羽之淤岐素」の両方の効果と相性が良いですね。

感想・まとめ

今回は、 「機巧兎-稻羽之淤岐素」を考察しました。

何気に攻撃力と守備力が50というステータスのモンスターはこのカードが初だったりしますね!

「機巧兎-稻羽之淤岐素」の手札から特殊召喚する①の効果に関しては、レベル制限がないため、上級の機械族モンスターを特殊召喚して手札事故を回避するという使い方が無難そうですね。

②の打点強化に関しては、1体に攻撃力を集めるだけで総攻撃力は変わらないので、2回攻撃できる効果を持つモンスターを対象に取るなどの工夫をしたいところ。

ではこれで、「機巧兎-稻羽之淤岐素」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!