遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「喜劇のデスピアン」、「悲劇のデスピア」、「デスピアの導化アルベル」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【ドーン・オブ・マジェスティ】の発売直前ということで、「デスピア」の下級モンスターである「喜劇のデスピアン」、「悲劇のデスピア」、「デスピアの導化アルベル」を考察してみたいと思います。

「デスピア」の下級モンスターの特徴としては、それぞれの「デスピア」モンスターの固有効果と墓地で発動できる2つの効果を持っていますが、1ターンに1度、どちらかしか発動できないのが特徴となります。

喜劇のデスピアン

f:id:hairon36:20210414013326j:plain

 星1/闇属性/天使族/攻 0/守2000
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「デスピア」カードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの融合モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

「喜劇のデスピアン」の①の効果はいわゆる手札誘発効果で、「デスピア」カードを対象を取るカード効果を無効にできるため、相手のカードから守ることができます。

ただし、対象を取らない効果についてはカバーできなので安心できませんが、対象を取っていれば破壊・バウンス・除外・墓地送りを問わない点は強みと言えるでしょう。

 

②の効果は、墓地から自己蘇生できる効果で、コストとして自分の場の融合モンスターをリリースする必要があります

そのまま使うと戦力ダウンとなってしまいますが、相手ターンでも発動できることから、破壊されそうな融合モンスターをリリースしたり、「簡易融合」や「簡素融合」などで破壊が確定している融合モンスターをリリースするのもありですね。

なお、「烙印劇城デスピア」があれば、「喜劇のデスピアン」が相手のカードでフィールドから離れるか、戦闘で破壊されることによって、リリースした融合モンスターがレベル8以上なら、蘇生することもできます。

悲劇のデスピアン

※No image

星1/闇属性/天使族/攻 400/守 400
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが効果で墓地へ送られた場合、または効果で除外された場合に発動できる。デッキから「悲劇のデスピアン」以外の「デスピア」モンスター1体を手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

「悲劇のデスピア」の①の効果は、自身以外の「デスピア」モンスターのサーチ効果になります。

「悲劇のデスピア」が効果で墓地へ送られた場合or除外された場合に発動できるので、融合素材にした時や「終末の騎士」、「おろかな埋葬」などの墓地肥やし、「闇の誘惑」、「封印の黄金櫃」などの効果で除外できるカードを、「デスピア」モンスターのサーチカードとすることができるので、狙いやすい効果と言えそうです。

 

②の効果は、墓地で自身を除外することで発動でき自分の墓地の「烙印」魔法・罠カードをセットできる効果になります。

この効果で、「デスピア」に関連する「烙印劇城デスピア」や「烙印開幕」だけでなく、「アルバスの落胤」に関する「烙印」カードも再利用できるので、混ぜてみてもいいかもしれないですね。

デスピアの導化アルベル

f:id:hairon36:20210414222901j:plain

 星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

「デスピアの導化アルベル」の①の効果は、「烙印」魔法・罠カードのサーチ効果になります。

発動タイミングは召喚・特殊召喚に成功した場合ということで、気軽に発動できます。サーチ先は、やはりデッキから「デスピア」を特殊召喚できる「烙印開幕」を筆頭に、合効果を内蔵した「烙印劇城デスピア」が候補となってくるでしょう。

 

②の効果は、「デスピアの導化アルベル」を墓地から自己蘇生するとともに、相手の効果モンスター1体の効果を無効にする効果になります。

こちらは自分の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れたり、戦闘破壊された場合に、自己蘇生効果を発動できるので、タイミングが限られてきますが、ターン終了時まで効果を無効にできる点と壁モンスターになれるので、融合モンスターを出した後の保険として墓地へ置いておきたいところです。

感想・まとめ

今回は、「デスピア」下級モンスターである「喜劇のデスピアン」、「悲劇のデスピア」、「デスピアの導化アルベル」を考察しました。

効果的には、「デスピア」デッキの安定性の鍵を握る「悲劇のデスピア」と「デスピアの導化アルベル」をうまく使いたいところで、融合召喚の下準備を整えたいところですね。

 

次回は、「デスピア」の上級モンスター・融合モンスターについて取り上げます。

ではこれで「デスピア」の下級モンスターのカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

yugioh-minor-labo.hatenablog.com