遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「烙印の剣」、「烙印断罪」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」から「烙印の剣」、「烙印断罪」を考察したいと思います。

「烙印の剣」のカード効果

f:id:hairon36:20211127164203j:plain

通常罠

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:自分の墓地から「烙印」魔法・罠カードを任意の数だけ除外して発動できる。除外した数だけ自分フィールドに「氷剣トークン」(ドラゴン族・闇・星8・攻2500/守2000)を特殊召喚する。

②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の、「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

「烙印の剣」の登場で何ができるのか?

①:トークン生成

「烙印の剣」は、墓地から「烙印」魔法・罠カードを任意の枚数を除外することで、その数だけの「氷剣トークン」を特殊召喚する罠カードになります。

 

なお「氷剣トークン」は、レベル8・闇属性・攻撃力2500・守備力2000というステータスなので、そのまま戦闘要因や壁モンスターとして活用したり、「灰燼竜バスタード」、「痕喰竜ブリガンド」、「神炎竜ルベリオン」の融合素材にすることもできます。

また、「氷剣トークン」が特殊召喚されたターン内であれば「鉄駆竜スプリンド」の融合素材や、「氷剣トークン」を「リンクスパイダー」などにすることで、「氷剣竜ミラジェイド」の融合召喚も狙えます。

②:除外されている「アルバスの落胤」関連モンスターの回収

「烙印の剣」の②の効果は、いわゆる墓地で発動する効果で、「烙印の剣」を除外して発動することで、除外されている「アルバスの落胤」1体またはそのカード名がテキストに記されているモンスター1体を手札に加えるサルベージ効果になります。

 

サルベージする「アルバスの落胤」関連モンスターですが、「アルバスの落胤」、「白の聖女エクレシア」、「鉄獣鳥 メルクーリエ」、「軒轅の相剣師」の中から状況や盤面に合わせて、回収したいところです。

 

ちなみに「アルバスの落胤」関連のモンスターを除外する方法としては、「烙印竜アルビオン」や「白の烙印」、「赫の烙印」によって融合素材を除外する方法があるので、このカードの発動を見越した融合素材の選択をしておくといいでしょう。

「烙印断罪」のカード効果

f:id:hairon36:20211127164222j:plain

カウンター罠

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターを、自分フィールドの表側表示モンスターの中から1体または自分の墓地から2体選んで持ち主のEXデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

②:墓地のこのカードを除外し、「烙印断罪」以外の自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

「烙印断罪」の登場で何ができるのか?

①:モンスターを特殊召喚するカードへの妨害

「烙印断罪」は、モンスターを特殊召喚するカード効果の発動を止めれるカウンター罠で、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターをEXデッキに戻し、その発動を無効にします。

なおEXデッキに戻す「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターは、自分の場か墓地から選べますが、自分の場から戻す場合は1体になり、墓地から戻す場合は2体となります。

 

戻す数は増えますが、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターがいなくても発動できるのはメリットですね。

【アルバスの落胤】では、「天底の使徒」や「烙印の気炎」などで、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターを墓地へ落とすことができますし、「烙印竜アルビオン」や「神炎竜ルベリオン」の効果を使って自分の場に融合モンスターを2体並べることも難しくはないので、発動できる機会は多いでしょう。

②:「烙印」魔法・罠カードの回収

「烙印断罪」の②の効果も墓地で発動できる効果で、こちらは「烙印断罪」以外の墓地の「烙印」魔法・罠カードを手札に回収できるサルベージ効果になります。

 

回収したい「烙印」魔法・罠カードですが、前のターンに使用した「烙印融合」を回収したり、相手ターンで融合召喚をすることを狙うのであれば「赫の烙印」、融合モンスターを蘇生または帰還できる「烙印凶鳴」あたりが候補となってくるでしょう。

 

なお、墓地から回収するので、墓地の「烙印」魔法・罠カードを除外してしまう「烙印の剣」とは少し相性が悪いですね。

感想・まとめ

ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」に収録される「烙印の剣」、「烙印断罪」を考察しました。

 

「烙印」罠カードは、融合モンスターをサポートする効果が多かったのですが、「烙印の剣」は、融合召喚サポートと「アルバスの落胤」関連モンスターの回収、「烙印断罪」は、モンスターの特殊召喚に対するメタ効果と「烙印」魔法・罠カードの回収ということで、サポートの範囲が広がってますね。

 

ではこれで「烙印の剣」、「烙印断罪」の考察を終わります。

いよいよ発売の「ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」!

今から楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com