遊戯王マスターラボ

デッキレシピやパックの開封結果を紹介している遊戯王ブログです。

「失烙印」、「烙印融合」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」から「失烙印」、「烙印融合」を考察したいと思います。

「失烙印」のカード効果

遊戯王カード 失烙印(ノーマルパラレル) アルバ・ストライク SD43-JP020

永続魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

②:自分が融合モンスターの融合召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を手札に加える。

「失烙印」の登場で何ができるのか?

①:安全な融合召喚

「失烙印」の①の効果は永続効果で、発動しておけば、

(a.)融合召喚する効果の発動を無効にされない

(b.)融合召喚成功時に相手はカードの効果を発動できない

の2つの効果が適用されます。

なので、「失烙印」を先出ししておけば、これらの効果を無効にしてくるカウンター罠であっても発動できないので、安全に融合召喚ができることになります。

②:「アルバスの落胤」関連のモンスターサーチ

「失烙印」の②の効果は、融合召喚に成功した場合に発動できる効果で、デッキから「アルバスの落胤」か、「アルバスの落胤」がテキスト内に記されているモンスター1体を手札に加えることができます

 

これにより、融合召喚の消費を回収できますし、「アルバスの落胤」の効果を使った融合召喚であれば、そちらの手札コストを回収することができますね。

 

サーチ候補となる「アルバスの落胤」関連モンスターですが、条件を満たすと手札から特殊召喚でき、「アルバスの落胤」や「妖眼の相剣師」などにアクセスできる「白の聖女エクレシア」となるでしょう。

それから、このカードの効果を発動できているということは、融合モンスターがいるということになり、そのモンスターが「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターであれば、相手モンスターの効果を無効にできる「鉄獣鳥 メルクーリエ」や手札から特殊召喚でき、「烙印」魔法・罠カードを手札にできる「スプリガンズ・キット」といったモンスターもサーチするモンスターとなります。

「烙印融合」のカード効果

f:id:hairon36:20211129141829j:plain

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

①:自分の手札・デッキ・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、 「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

「烙印融合」の登場で何ができるのか?

①:デッキ内融合

「烙印融合」は、手札・デッキ・フィールドから融合素材を2体送って、「アルバスの落胤」を素材とする融合モンスターを出せる融合魔法になります。

ただし、テキスト外効果として、 このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できないという誓約効果が付きます。

 

デッキから融合素材を送れるので、このカード1枚さえあれば、融合召喚できて、融合召喚の消費を抑えることができます。

 

このカードで融合召喚したい「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターですが、さらなる融合が狙えて、光属性モンスターを融合素材とする「烙印竜アルビオン闇属性モンスターを融合素材とする「神炎竜ルベリオンがまずは候補となってくるでしょうね。

 

融合素材とした光属性モンスターや闇属性モンスターが、墓地で効果を発動できるモンスターであれば、そこからアドバンテージを得ることもでき、実質「烙印融合」が墓地肥やしカードとして機能します。

 

その他には、攻撃力2500以上のモンスターを融合素材とし、高打点を狙える「灰燼竜バスタード」や、レベル8以上のモンスターを融合素材とし、自身は戦闘破壊耐性を持ち、他の自分のモンスターには相手モンスターの効果によって、対象にならない効果を付与する「痕喰竜ブリガンド」も候補となってきます。

 

これらの融合モンスターの融合素材は、上級モンスターであることが多いので、「烙印融合」で墓地へ送っておけば、手札事故を防げますし、さらにそのモンスターが自己蘇生効果を持っていれば、こちらも墓地肥やしカードになりますね。

 

なお、デッキ内のモンスターでのみ融合素材にする場合に限ると、「鉄駆竜スプリンド」や「氷剣竜ミラジェイド」は出せないので、その点は注意です。

(自分の場から該当する融合素材モンスターを送ると出せます。)

感想・まとめ

ストラクチャーデッキ−アルバ・ストライク−」に収録される「失烙印」、「烙印融合」を考察しました。

 

ストラクチャーデッキの新規の「烙印」魔法カードは、融合サポートに徹している効果ですね。

まさかデッキ内融合ができるカードを貰えるなんて思ってもなかったですし、「アルバスの落胤」の効果を使った場合を含む融合召喚する時の消費に関しては、何かしらのサポートが欲しいと感じていたので、「失烙印」の登場は待ちに待ったものが来てくれたなと思いました。

 

ではこれで「失烙印」、「烙印融合」の考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

今回、紹介した「失烙印」と「烙印融合」を使ったデッキレシピはこちらになります↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com