遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「サンダー・ディスチャージ」、「リザレクション・ブレス」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」のテーマ考察の最終回になる「勇者トークン」関連から罠カードである「サンダー・ディスチャージ」と「リザレクション・ブレス」を考察したいと思います。

サンダー・ディスチャージ

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合、「勇者トークン」のトークン名が記された装備カードを装備した自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、自分の手札・墓地から「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード1枚を選んで自分フィールドの装備可能なモンスター1体に装備できる。

「サンダー・ディスチャージ」は、モンスター除去効果を持つ罠カードになります。

発動には、①「勇者トークン」が存在すること、②「勇者トークン」が記された装備カードを装備した自分フィールドのモンスターがいて、そのモンスターを対象にする必要がありますが、「アラメシアの儀」からの一連の流れで用意できます。

 

モンスター除去の範囲は、発動時に対象とした自分のモンスターの攻撃力以下の相手モンスター全てを破壊するので、自分のモンスターの攻撃力が高ければ高いほど、範囲が広がります。

なのでこのカードを使うならば、「光の聖剣ダンネル」を装備しているといいですね。

 

モンスター除去の後にも効果の続きがあり、自分の手札・墓地から「勇者トークン」が記された装備魔法カード1枚を自分フィールドの装備可能なモンスター1体に装備できる効果もあります。

リザレクション・ブレス

f:id:hairon36:20210826005555j:plain

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。自分の手札・墓地からモンスターを2体まで選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。その後、自分の手札・墓地から「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード1枚を選んで自分フィールドの装備可能なモンスター1体に装備できる。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

「リザレクション・ブレス」も、「勇者トークン」が存在する場合に発動が可能で、自分の手札・墓地からモンスターを2体まで特殊召喚できる罠カードとなってます。

 

特殊召喚したモンスターがフィールドから離れた場合には除外されるというデメリットが付きますが、2体まで特殊召喚できるため、レベルが合っていればエクシーズ召喚をして回避することもできます。(自分のターンで発動できた場合)

なお、この効果で特殊召喚したモンスターの効果は使えるので、特殊召喚に成功した場合に発動する効果や相手ターンでも発動できる効果を持つモンスターを特殊召喚して、妨害したいところです。

 

こちらにも「サンダー・ディスチャージ」と同じく、その後の効果があり、手札・墓地から「勇者トークン」が記された装備魔法を装備できます。

感想・まとめ

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」から「サンダー・ディスチャージ」、「リザレクション・ブレス」の2枚を考察しました。

 

「サンダー・ディスチャージ」は、広範囲に及ぶ効果から発動条件が多くある一方で、「リザレクション・ブレス」は、「勇者トークン」がいることのみだけなので、使いやすい印象ですね。

 

ではこれで「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「サンダー・ディスチャージ」、「リザレクション・ブレス」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!