遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

準制限から無制限へ緩和!「デビル・フランケン」【今週の1枚】

【今週の1枚】は、2019年10月1日から施行されるリミットレギュレーションの緩和組からこのカードを取り上げたいと思います↓

遊戯王OCG デビル・フランケン パラレル仕様 20AP-JP012-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]

 

■デビル・フランケン/Cyber-Stein

●カードの種類:効果モンスター

●初収録パック:BOOSTER6

●レアリティ:ノーマル、ノーマルパラレル、レア、スーパー

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
①:5000LPを払って発動できる。エクストラデッキから融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

効果は、ライフコストを払って、融合モンスターを特殊召喚するものになります。

 

払うライフコストについてですが、5000なので、終盤では腐りますが、払うコストとしては大きく、自分と相手のライフ差が広がるので、それを利用する戦術も考えることができますね。

 

ちなみにライフ差の分、攻撃力がアップするカードとしては、「九十九スラッシュ」や「ハンディ・ギャロップ」、「No.35 ラベノス・タランチュラ」などがあります。

 

それから、「デビル・フランケン」のライフコストを払うと多くの場合は、相手よりも自分のライフが少ない場合が多いので、「巨大化」に代表されるような装備魔法をはじめ、「進化する人類」や「イタチの大暴発」と言ったカードも利用できます。

 

特殊召喚する融合モンスターですが、攻撃力重視であれば、「青眼の究極亜竜」や「青眼の究極竜」、「サイバー・エンド・ドラゴン」、「極戦機王ヴァルバロイド」などになり、制圧重視であれば、「ナチュル・エクストリオ」や「異星の最終戦士」あたりが候補になってくるでしょう。

 

なお、特殊召喚した融合モンスターは、蘇生制限を満たしてないので、注意が必要です。

 

強力な効果を持っている「デビル・フランケン」ですが、コストを払ってしまうとライフが3000以下の場合が多いので、「デビル・フランケン」を狙われて、敗北しないようにしたいところです。

 

ということで、【今週の1枚】は10月1日から無制限に緩和される「デビル・フランケン」でした。

出てくる融合モンスターとライフ差を上手く、戦術に取り入れたいところですね。

 

ではまた、次回もお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!