遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ストラクチャーデッキR ウォリアーズ・ストライク」3つで作る「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」デッキを紹介!!

f:id:hairon36:20190927155037j:image

どうも、ハイロンです。

今回は、「STRUCTURE DECK R-ウォリアーズ・ストライク-」が出たということで、そちらの商品を使って作った「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」(炎属性・戦士族)デッキを紹介したいと思います。

 

「STRUCTURE DECK R-ウォリアーズ・ストライク-」では、

●ゴッドフェニックス・ギア・フリード軸

●デュアル軸

●上記の2つを取り入れたデッキ

の3パターンが作れそうですが、今回は、看板モンスターの「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」軸の方を紹介したいと思います。

 

今回のデッキの面白いポイントとしては…

☆装備カードで装備モンスターをカスタマイズ??

☆ゴッド降臨!?

☆相手モンスターを装備!

になりますかね。

 

では早速、デッキレシピから見ていきましょう!

 デッキレシピ

〈メインデッキ40枚〉

f:id:hairon36:20190927185232j:image

〈モンスター20枚〉

ゴッドフェニックス・ギア・フリード×3

フェニックス・ギア・フリード×1

エヴォルテクター シュバリエ×3

蒼炎の剣士×1

エヴォルテクター エヴェック×3

昇華騎士-エクスパラディン×3

焔聖騎士-ローラン×3

増殖するG×3

 

〈マジック16枚〉

増援×1

クロス・オーバー×3

パラレル・ツイスター×3

武装鍛錬×3

ラプテノスの超魔剣×2

最強の盾×2

天命の聖剣×2

 

〈トラップ4枚〉

バーバリアン・ハウリング×1

デュアル・アブレーション×3

 

エクストラデッキは、今回の趣旨をふまえて無しとなっています。

入れるとすれば、サーチ効果を持つレベル1の「焔聖騎士-ローラン」を素材にできる「リンクリボー」や戦士族ということで「聖騎士の追想ゾルデ」あたりになるでしょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

【面白いポイント】

装備カードで装備モンスターをカスタマイズ??

遊戯王カード ラプテノスの超魔剣 ( ノーマルパラレル ) ウォリアーズ・ストライク ( SR09 ) | 装備魔法 ノーマルパラレル

今回のストラクRは、装備魔法がテーマの一部となっているので、モンスターに装備カードを装備して戦うこともできます。

 

装備魔法に関しては、メインデッキのモンスターが、「増殖するG」以外は、全て戦士族なので、戦士族専用の「最強の盾」、「天命の聖剣」と言ったカードや新規の「ラプテノスの超魔剣」をチョイスしました。

 

「最強の盾」は装備モンスターが、攻撃表示の場合は、守備力分だけ攻撃力がアップし、守備表示の場合は、攻撃力分だけ守備力がアップするので、ステータスによってはなかなかの上昇値となります。

 

「天命の聖剣」は、守りに適した装備魔法で、1ターンに1度だけ、装備モンスターを戦闘・効果破壊から守ります。

 

「ラプテノスの超魔剣」は装備モンスターが、攻撃表示ならば、相手の効果の対象にならず、守備表示ならば戦闘で破壊されないカードになります。

また、バトルフェイズ開始時には、装備モンスターの表示形式を変更して、モンスター1体を召喚するという変わった効果も備わっています。

 

モンスターでは、「昇華騎士-エクスパラディン」と「焔聖騎士-ローラン」の2体が、装備関連の効果を持っています。

 

「昇華騎士-エクスパラディン」は、召喚・特殊召喚時に、手札・デッキから炎属性・戦士族か、デュアルモンスターを装備できるので、「フェニックス・ギア・フリード」や「エヴォルテクター エヴェック」を装備して、②の効果による蘇生を狙って見たり、「焔聖騎士-ローラン」を装備して、サーチを狙ったりするといいでしょう。

 

「焔聖騎士-ローラン」は、手札から攻撃力500アップの装備魔法カードとして、自分のモンスターに装備できるモンスターで、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、デッキから自身以外の炎属性・戦士族モンスターか装備魔法カード1枚を手札に加えるサーチ効果を持っています。

 

ゴッド降臨!?

 遊戯王カード ゴッドフェニックス・ギア・フリード ( ウルトラレア ) ウォリアーズ・ストライク ( SR09 ) | 効果モンスター 炎属性 戦士族 ウルトラ レア

自分フィールドまたは墓地に、装備魔法カードを用意できれば、いよいよゴット=「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」を出す条件が整います。

 

「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」は、自分フィールドまたは墓地の装備魔法カード1枚を除外することで、簡単に手札から出てくる攻撃力3000のモンスターになります。

なお、「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」は「デュアル・アブレーション」で、手札1枚のコストとともに、デュアルモンスター1体をリリースすることで、手札・デッキから特殊召喚するという方法もあります。

 

相手モンスターを装備!

 遊戯王カード クロス・オーバー ( スーパーレア ) ウォリアーズ・ストライク ( SR09 ) | 通常魔法 スーパー レア

今回のストラクRの最大のウリと言ってもいいでしょう。

「サウザンド・アイズ・サクリファイス」に代表されるような相手モンスターを装備できるカードがこのデッキに2種類あり、それが最大の特徴にもなります。

 

まず、前の項目で登場した「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」になるのですが、続きがあって、攻撃するダメージステップ開始時に、フィールドの表側モンスター1体を攻撃力500アップの装備カードとして装備できる効果を持っています。

 

この効果で相手モンスターを装備しつつ、戦闘破壊できれば、2体のモンスターを処理できるので、一石二鳥ですね。

なお装備したモンスターは、③の効果のコストにも使えて、効果モンスターの効果の発動を無効にできます。

 

もう1枚のカードは、「クロス・オーバー」になります。

こちらは魔法カードで、発動時に表側の相手モンスターと自分フィールドに戦士族モンスターが必要となりますが、その戦士族に相手モンスターを装備する効果になります。

さらに、装備モンスターが戦闘・効果破壊される場合は、身代わりとして、その装備したモンスターを破壊できます。

 

装備化しての除去は、戦闘・効果破壊耐性を持つモンスターに対しては、滅法強いですね。

ただ、対象を取る効果に対して耐性を持つモンスターに関しては、「クロス・オーバー」は苦手と言ったところです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

「STRUCTURE DECK R-ウォリアーズ・ストライク-」のみを使って、デッキ構築をしてみました。

 

当初は、竹光セットや「妖精伝姫-シンデレラ」なども取り入れる予定でしたが、炎属性・戦士族というコンセプトや仮回しをして、少し合わないと思ったので外しました。

 

今回紹介した他にも、デュアルモンスター軸もできると思いますし、「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」が、装備魔法を使うテーマである「聖騎士」やレベル9と言うことで「王(ジェネレイド)」デッキにも出張できそうだなと思いました。

 

参考にしてみてくださいね! 

ではこのあたりで「STRUCTURE DECK R-ウォリアーズ・ストライク-」を使った「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。