ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】「機巧蛇―叢雲遠呂智」の加入でパワーアップ!除外を力に変える「金のギガ・レイズ」デッキ!(2019年4月制限対応)



f:id:hairon36:20190422001124j:image

どうも、ハイロンです。

 

今回紹介するデッキは、過去にも紹介したことがある「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」が主役の「金のギガ・レイズ」デッキの最新版を紹介したいと思います。

 

実はこのデッキ、めちゃくちゃフリーで使っているデッキでもあります。

 

では、今回のトピックスです↓

デッキレシピについて

 

〈メインデッキ60枚〉

f:id:hairon36:20190417223307j:image

モンスター34枚

ヘクサ・トルーデ×3

機巧蛇―叢雲遠呂智×3

妖精伝姫-シラユキ×3

妖精伝姫-カグヤ×3

鉄の騎士×3

黄金のホムンクルス×2

怪鳥グライフ×3

終末の騎士×1

鉄のハンス×3

黒き森のウィッチ×3

クリッター×3

魔界発現世行きデスガイド×1

破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ×3

 

マジック16枚

シュトロームベルクの金の城×3

チキンレース×3

テラ・フォーミング×1

おろかな埋葬×1

強欲で貪欲な壺×3

ブラック・ホール×2

ハーピィの羽根帚×1

ツインツイスター×2

 

●トラップカード10枚

メタバース×3

拮抗勝負×3

トリックスター・リンカーネーション×1

大捕り物×3

 

〈EXデッキ15枚〉

f:id:hairon36:20190417223326j:image

●リンクモンスター9枚

副話術士クララ&ルーシカ×1

転生炎獣アルミラージ×1

リンクリボー×1

トラックブラック×1

見習い魔嬢×2

聖騎士の追想ゾルデ×1

ペンテスタッグ×1 

空牙団の大儀 フォルゴ×1

●エクシーズモンスター6枚

宵星の機神ディンギルス×1

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

銀河眼の光波竜×1

No.62 銀河眼の光子竜皇×1

No.84 ペイン・ゲイナー×1

No.77 ザ・セブン・シンズ×1

このデッキは、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」の攻撃力が『除外されている数×300アップ』することに注目して、生まれたデッキです。

 

なので、「シュトロームベルクの金の城」や「強欲で貪欲な壺」などで、積極的に自分のデッキのカードを除外していき、フィニッシャー級の攻撃力となった「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」でライフを削りに行きます。

 

つまり、このデッキのステップとしては、

  1. 「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」をサーチ
  2. 自分のデッキを除外する
  3. モンスター2体を手札・墓地から送って、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」を特殊召喚

となります。

 

ちなみに「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」のサーチの仕方は、攻守が0のため「クリッター」や「黒き森のウィッチ」をリンク素材にするなどして、フィールドから墓地へ送って、サーチ効果を発動するのが確実な方法になります。

 

遊戯王OCG 破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ ウルトラレア VJMP-JP125-UR

 

前回からの改良点について

以前にも紹介しましたので、そこからの改良点と新たに採用したカードを中心に紹介していきたいと思います。

 

▼前回、紹介した「金のガンドラ」デッキのレシピと見比べると違いがわかると思いますので、参考までに↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

60枚構築へ

大きな変更点として、まずは構築枚数です。

前回は55枚構築で紹介しましたが、いろいろとカードを取り入れて、改良を重ねた結果、現在の60枚構築になりました。

 

除外するカードの変更

 遊戯王/第10期/09弾/RIRA-JP029 機巧蛇?叢雲遠呂智【ウルトラレア】

これまでは、このデッキの除外するカードは、

・強欲で貪欲な壺

・強欲で金満な壺

・シュトロームベルクの金の城

・妖精伝姫-シラユキ

の4種類でしたが、「強欲で金満な壺」が高騰してしまい、別のデッキに回したかったのと、エクストラデッキを利用したいという理由から退団へ。

 

それによりしばらくは3枚体制でしたが、「ライジング・ランペイジ」にて「機巧蛇―叢雲遠呂智」が即戦力ルーキーとして加入し、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」などが、安定的に攻撃力を得ることができるようになったと同時に、レベル8ということで、ランク8になるという選択肢も増えました。

 

また「機巧蛇―叢雲遠呂智」が闇属性ということで、同時に「終末の騎士」や「おろかな埋葬」といったカードも加わっています。

 

新たな勝ち筋の追加

遊戯王カード 【黄金のホムンクルス】 DT12-JP016-N 《デュエルターミナル?エクシーズ始動》

 これまでは、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」のパワーで押しきったり、「ヘクサ・トルーデ」の破壊効果を使いつつビートダウンするというスタイルで戦ってました。

 

しかし、負けるパターンとして、これらのモンスターが裏側で除外されて、「シュトロームベルクの金の城」でデッキが削られて負けるというパターンも見てきたので、勝ち筋を増やす必要を感じていました。

 

そこでまずは、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」と似たようなモンスターとして「黄金のホムンクルス」を追加しました。

「黄金のホムンクルス」は、レベル6の上級モンスターですが、「機巧蛇―叢雲遠呂智」や「妖精伝姫-シラユキ」と言った容易に特殊召喚できるモンスターでリリース素材を用意できることや、「クリッター」や「聖騎士の追想ゾルデ」等でのサーチに対応している点が採用の後押しになりました。

 

それなら「紅蓮魔獣ダ・イーザ」を入れればいいじゃん?と思った方もいるかもしれませんが、管理人独自のデッキ構築の裏ルールとして、7期以降のカードを使うというルールが適用されているためですww

(再録してください!お願いします!)

 

それから、デッキ内にレベル8が多くなったということで、「No.77 ザ・セブン・シンズ」以外のランク8モンスターのパターンを増やすために、「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」や「銀河眼の光波竜」、「No.62 銀河眼の光子竜皇」を増やしました。

 

妨害カードの追加

遊戯王OCG 妖精伝姫-カグヤ ノーマルレア MACR-JP038 MAXIMUM CRISIS(マキシマム・クライシス)

最後に、追加した妨害カードを紹介して、終わりたいと思います。

前回紹介したデッキにも妨害カードがありましたが、どちらかというと受動的なカードが多かったので、こちらから動けるカードに変更してみました。 

それが、

妖精伝姫-カグヤ

トリックスター・リンカネーション

拮抗勝負

の3種類です。

 

「妖精伝姫-カグヤ」は、相手ターンでもバウンス効果を使えるモンスターですが、召喚時に「妖精伝姫-シラユキ」や自身をサーチできる効果があるため、このカード1枚の召喚で、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」の特殊召喚コストを用意できるモンスターという点も採用ポイントになりました。

 

トリックスター・リンカネーション」は、相手がサーチやサルベージしてきた時などを狙って、手札入れ替えという形の妨害しながら、除外枚数を増やせるカードでもあるので、採用しています。

 

「拮抗勝負」は、パワーカードでもありますが、除去しつつ裏側で除外するため、「破壊竜ガンドラ―ギガ・レイズ」の攻撃力を上げるのに役に立ちます。

 

最後に

「金のギガ・レイズ」デッキは、いかがでしたでしょうか?

やっぱり「機巧蛇―叢雲遠呂智」の登場が大きく、便利ですね。

 

最近、管理人の頭が衰えてきているので、こういった頭を使わない脳筋デッキが好みになりつつあります…(笑)

 

もし、ご興味があれば作ってみてくださいね!

 

ではこのあたりで「金のギガ・レイズ」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 ▼ちなみに、管理人はこのデッキのスリーブとして、これを使ってますよ。