ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】哀しき機械葬送曲もいよいよ最終楽章へ!「幻影オルフェゴール」デッキ!!


f:id:hairon36:20190205224737j:image

今回は、「幻影オルフェゴール」デッキを作ってみたので、そのデッキの紹介をしたいと思います。

ただ、「幻影オルフェゴール」と名乗ることに対しては、「幻影」パーツが少ないので気が引けますが…。

 

では、本題に入りたいと思います。

「オルフェゴール」について

今回の主役である「オルフェゴール」は、「ソウル・フュージョン」で登場した闇属性・機械族のテーマで、下級モンスターは、墓地から自身を除外することで、自身以外の「オルフェゴール」を特殊召喚できる効果を持っているのが特徴になります。
つまり、展開力がウリのテーマと言うことになりますね。


ただ、「オルフェゴール」モンスターの効果を使ってしまうと、ターン終了時まで闇属性モンスターしか特殊召喚できないという縛りを受けてしまうので、その後の展開には注意が必要ですが、闇属性で統一していればあまり関係ないですね。


「オルフェゴール」の効果の性質上から、準備段階として墓地肥やしからスタートしなければならないので、「オルフェゴール」デッキを作る際には、墓地肥やし手段も必要となってきます。

では、続いてデッキレシピに入りたいと思います。

デッキレシピ(2019年1月~3月までの構築)

〈メインデッキ編〉

f:id:hairon36:20190205140436j:image

〈モンスター19枚〉

オルフェゴール・ディヴェル×3

終末の騎士×3

オルフェゴール・スケルツォン×3

星遺物―「星杖」×1

幻影騎士団サイレントブーツ×2

オルフェゴール・トロイメア×2

灰流うらら×2

夢幻崩界イヴリース×3

 

〈マジック13枚〉
オルフェゴール・バベル×1

おろかな埋葬×1

増援×1

サイバネット・マイニング×2

オルフェゴール・プライム×2

ハーピィの羽根帚×1

墓穴の指名者×3

超融合×2

 

〈トラップ8枚〉

大捕り物×3

幻影霧剣×3

オルフェゴール・クリマクス×2

 

エクストラデッキ編〉f:id:hairon36:20190205140506j:image

 〈エクストラデッキ15枚〉
●リンクモンスター9枚
トロイメア・マーメイド×2

見習い魔嬢×1

オルフェゴール・ガラテア×2

幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ×1

オルフェゴール・ロンギルス×1

オルフェゴール・オーケストリオン×1

トポロジック・ボマー・ドラゴン×1

●エクシーズモンスター2枚
宵星の機神ディンギルス×2

No.84 ペイン・ゲイナー×1

No.77 ザ・セブン・シンズ×1

●融合モンスター2枚
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2

 

はじめは、「幻影騎士団ダスティローブ」や「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」を入れてましたが、単体で引くと少し使いにくいと個人的に思ったので、「幻影騎士団」のパーツは必要最低限にし、空いた枠に「サイバネット・マイニング」やパワーカードなどを取り入れました。

なお、「灰流うらら」や「墓穴の指名者」を採用しているのは、特殊召喚を多用するため、「増殖するG」を打たれると困るので、それを意識しています。

 

デッキレシピ(2019年4月からの構築)

〈メインデッキ40枚〉

f:id:hairon36:20190501220723j:image

〈モンスター20枚〉

オルフェゴール・ディヴェル×3

ライトロード・アサシン ライデン×3

マスマティシャン×1

終末の騎士×1

オルフェゴール・スケルツォン×3

星遺物―「星杖」×1

幻影騎士団サイレントブーツ×2

オルフェゴール・トロイメア×2

灰流うらら×2

夢幻崩界イヴリース×2

 

〈マジック12枚〉

オルフェゴール・バベル×1

おろかな埋葬×1

増援×1

オルフェゴール・プライム×2

ハーピィの羽根帚×1

墓穴の指名者×3

ツインツイスター×1

超融合×2

 

〈トラップ8枚〉

大捕り物×3

幻影霧剣×3

オルフェゴール・クリマクス×2

 
エクストラデッキ編〉

f:id:hairon36:20190501220748j:image

〈リンクモンスター9枚〉

トロイメア・マーメイド×1

オルフェゴール・ガラテア×2

幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ×1

オルフェゴール・ロンギルス×1

オルフェゴール・オーケストリオン×1

 

〈エクシーズモンスター2枚〉

宵星の機神ディンギルス×2

No.84 ペイン・ゲイナー×1

No.77 ザ・セブン・シンズ×1

 

〈融合モンスター2枚〉

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2

 

シンクロモンスター3枚〉

サイバース・クアンタム・ドラゴン×1

邪竜星-ガイザー×1

ヴァレルロード・S・ドラゴン×1

 2019年4月からの新制限によって、「終末の騎士」が制限になったことによって、少しデッキの構築を見直す必要がでてきました。


「終末の騎士」の代わりとして、普通は「ダーク・グレファー」や「スクラップ・リサイクラー」を入れると思います。


ですが管理人はシンクロ戦術を取り入れたいと考え、「増援」を採用していたこともあり、戦士族のチューナーで墓地肥やしができるモンスターを探すとヒットしたのが、「ライトロード・アサシン ライデン」になります。


「ライトロード・アサシン ライデン」の効果は、ピンポイントの墓地肥やしではありませんが、「オルフェゴール」モンスターが落ちてくれれば、レベル7~8のシンクロ召喚ができるため、取り入れることにしました。

 

ではここからは、この「幻影オルフェゴール」デッキの特徴について、紹介していきたいと思います。

手札1枚から「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」が立つ!

遊戯王 LVP2-JP076 幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ (日本語版 シークレットレア) リンク・ヴレインズ・パック2

やはり、「幻影オルフェゴール」デッキを作りたいと思うきっかけは、これではないでしょうか?

 

「終末の騎士」が1枚あれば、「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」+「幻影霧剣」をセットする状態まで作れるのは、やはり強いです。

また、 手札1枚と「夢幻崩界イヴリース」の2枚でも、同じようなことができるのもすごいですね。

 

参考までに、「終末の騎士」と「夢幻崩界イヴリース」からの主な展開方法を挙げておきます。

知っているよという方は、読み飛ばしていただけたらと思います。

●「終末の騎士」1枚からのパターン

f:id:hairon36:20190207010759j:image

1、「終末の騎士」の効果で、デッキから「オルフェゴール・ディヴェル」を墓地へ送る。

2、墓地の「オルフェゴール・ディヴェル」の効果で、デッキから「オルフェゴール・トロイメア」を特殊召喚

3、「終末の騎士」と「オルフェゴール・トロイメア」で、「オルフェゴール・ガラテア」をリンク召喚。

4、墓地の「オルフェゴール・トロイメア」の効果で、「オルフェゴール・ガラテア」を対象にして、デッキから「星遺物-『星杖』」を墓地へ送る。

5、墓地の「星遺物-『星杖』」の効果で、除外されている「オルフェゴール・トロイメア」を特殊召喚

6、「オルフェゴール・ガラテア」の効果で、除外されている「星遺物-『星杖』」をデッキに戻して、デッキから「オルフェゴール・バベル」をセット→発動。

7、「オルフェゴール・トロイメア」と「オルフェゴール・ガラテア」で、「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」をリンク召喚。

8、「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」の効果で、デッキから「幻影騎士団サイレントブーツ」を墓地へ送り、「幻影霧剣」をセット。

9、墓地の「幻影騎士団サイレントブーツ」の効果で、デッキから「幻影霧剣」をサーチ。

●「夢幻崩界イヴリース」と手札1枚からのパターン

f:id:hairon36:20190207010817j:image

1、「夢幻崩界イヴリース」を素材に、「トロイメア・マーメイド」をリンク召喚。

2、「トロイメア・マーメイド」のリンク召喚時の効果で、手札を1枚を捨てて、デッキから「オルフェゴール・トロイメア」を特殊召喚

3、「トロイメア・マーメイド」と「オルフェゴール・トロイメア」で、「オルフェゴール・ガラテア」をリンク召喚。

※4以降は、「終末の騎士」のパターンと同じ

 

 業界初!?リンクモンスターからのエクシーズ??

遊戯王カード 宵星の機神ディンギルス(シークレットレア) ダーク・ネオストーム(DANE) | シーオルフェゴール エクシーズ 闇属性 機械族 シークレット レア

「オルフェゴール」には、ランク8のXモンスターである「宵星の機神ディンギルス」がいるのですが、ある特殊な方法で出せます。

それが、「オルフェゴール」リンクモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚です!

(この方法によるエクシーズ召喚は、業界初!!です。)

 

実際には、下準備として「オルフェゴール・スケルツォン」を墓地へ送っておく必要がありますが、墓地の「オルフェゴール・スケルツォン」の効果から蘇生した「オルフェゴール・ガラテア」の上に重ねてX召喚するのがベストでしょう。

 

なお「宵星の機神ディンギルス」は、闇属性Xモンスターなので、「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」がいる場合は、そのリンク先にX召喚することで、「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」の2番目の効果のトリガーにもなります。

 

さらなる高みへ。重ねてエクシーズ!!

遊戯王  黒 No.77 ザ・セブン・シンズ(N)(PP18-JP011)

このデッキでは、「宵星の機神ディンギルス」を使って、重ねてエクシーズの究極生命体である「No.77 ザ・セブン・シンズ」になることもできます。

 

まず「No.77 ザ・セブン・シンズ」へたどり着くには、「宵星の機神ディンギルス」をランク10かランク11の闇属性・Xモンスターにしなければなりません。
そこで登場するのが、「No.84 ペイン・ゲイナー」です。

 

ただ、このモンスターをX召喚するには、ランク8~10の闇属性・Xモンスターで、X素材を2つ以上ないと重ねてエクシーズができません。

 

あれ?「宵星の機神ディンギルス」から「No.84 ペイン・ゲイナー」を出せないじゃん?!と思った方もいるかもしれませんが、

ここで「宵星の機神ディンギルス」の特殊召喚成功時の効果を思い出してほしいです。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
●除外されている自分の機械族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

「宵星の機神ディンギルス」をX召喚した時に選択する効果ですが、「No.84 ペイン・ゲイナー」のX召喚を狙う場合は、X素材を増やす方を選択することになります。

そうすれば、「宵星の機神ディンギルス」はX素材を2つ持つランク8の闇属性Xモンスターになるので、「No.84 ペイン・ゲイナー」を上に重ねてX召喚することができるようになります。

 

さらにそこから重ねるだけで、戦闘・破壊耐性を持つ攻撃力4000の「No.77 ザ・セブン・シンズ」になれますので、圧倒的な力を持ってバトルフェイズへ突入しましょう。

 

秘密兵器で、相手モンスターを利用!

超融合 シークレットレア 遊戯王 20th アニバーサリー レジェンド コレクション 20th-jpc91

最後に、このデッキには秘密兵器として、相手モンスターを利用するカードを採用しています。それが「超融合」と「大捕り物」です。

 

「超融合」で融合召喚するのは、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」で、フィールドにいる闇属性2体(トークンを除く)を素材にして融合召喚できるので、闇属性主体のデッキやミラーマッチの時には、頼もしいカードとなるでしょう。

 

なお、相手が闇属性主体のデッキでなくても、「幻影オルフェゴール」デッキに採用したモンスターがほぼ闇属性なので、バトルフェイズに追撃の融合召喚をして、瞬殺するといったことも狙えます。

 

「大捕り物」は、コントロール奪取の永続罠カードで、攻撃力が一番高い相手モンスターを奪って、バトルフェイズをやり過ごしたり、奪ったモンスターを「オルフェゴール」モンスターとともに、「オルフェゴール」リンクモンスターなどにしてしまうと無駄がないです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

やはり「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」+「幻影霧剣」を簡単に立てることができるのは強い。

 

このデッキは、管理人が「大熱波導師ビート」に次ぐ、新たなガチ寄りのデッキが欲しい...と思ったをきっかけに、いろいろな人のデッキレシピを参考にしながら、「幻影オルフェゴール」デッキを作りました。

 

ちなみに、「オルフェゴール」自体は、出た当初に「星遺物」との混合で作ったことがありますので、それ以来となります。

※その時の記事はこちら↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 
そちらも良かったら参考にしていただければと思います。

 

ではこのあたりで「幻影オルフェゴール」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。