遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ロクスローズ・ドラゴン」、「紅蓮薔薇の魔女」、「ブラッド・ローズ・ドラゴン」、「ガーデン・ローズ・フローラ」、「薫り貴き薔薇の芽吹き」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「ライトニング・オーバードライブ」から【ローズ・ドラゴン】の新規である「ロクスローズ・ドラゴン」、「紅蓮薔薇の魔女」、「ブラッド・ローズ・ドラゴン」、「ガーデン・ローズ・フローラ」、「薫り貴き薔薇の芽吹き」の5枚のカードを考察していきたいと思います。

「ロクスローズ・ドラゴン」のカード考察

f:id:hairon36:20210324224235j:plain

「ロクスローズ・ドラゴン」のカード効果

星3 闇 ドラゴン族/チューナー 1600/1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ロクスローズ・ドラゴン」以外の「ブラック・ローズ・ドラゴン」のカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドの表側表示の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは植物族Sモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

「ロクスローズ・ドラゴン」の登場で何ができるのか?

①「ブラック・ローズ・ドラゴン」が記されたカードのサーチ

「ロクスローズ・ドラゴン」は、召喚・特殊召喚の成功で、「ブラック・ローズ・ドラゴン」が記されたカード1枚をサーチすることができます

 

現在、該当するカードとしては、「レッド・ローズ・ドラゴン」、「ブルーローズ・ドラゴン」、「紅蓮薔薇の魔女」、「薫り貴き薔薇の芽吹き」、「憎悪の棘」、「漆黒の薔薇の開華」の6種類になります。

この中では、「ロクスローズ・ドラゴン」を「ストライカー・ドラゴン」にしたり、墓地に非チューナーの「ローズ・ドラゴン」モンスターがいるのであれば、「薫り貴き薔薇の芽吹き」(後ほど紹介)が筆頭候補となってきそうです。

 

②自身をサルベージ

「ロクスローズ・ドラゴン」の②の効果は墓地効果で、自身をサルベージできますが、以下の条件を満たす必要があります。

●対象モンスター:「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは植物族シンクロモンスター

●発動条件:戦闘または相手の効果で破壊された場合

条件自体は難しくないので、発動機会は多いです。

ただし、自分の効果で破壊された場合には反応しないので、自分が使う「ブラック・ローズ・ドラゴン」の全体破壊効果などでは発動しない点に注意です。

 

③「レッド・ローズ・ドラゴン」とのシナジー効果

「ロクスローズ・ドラゴン」の登場によって、「レッド・ローズ・ドラゴン」の効果が強化されます。

具体的に挙げると・・・

  1. 「レッド・ローズ・ドラゴン」の効果で、特殊召喚できる「ローズ・ドラゴン」モンスターが増える。
  2.  「レッド・ローズ・ドラゴン」を素材に絡めて「ブラック・ローズ・ドラゴン」をシンクロ召喚できれば、レベル10のシンクロ召喚が狙えるようになる。

となっていて、特に2番目は「ロクスローズ・ドラゴン」がレベル3のチューナーということから、「ブラック・ローズ・ドラゴン」を「ブラッド・ローズ・ドラゴン」へ進化させることができます。

「紅蓮薔薇の魔女」のカード考察

f:id:hairon36:20210324224210j:plain

「紅蓮薔薇の魔女」のカード効果

星1 光 植物族/チューナー  800/1700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。デッキから「黒薔薇の魔女」1体を手札に加え、デッキからレベル3以下の植物族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。その後、手札から「黒薔薇の魔女」1体を召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスターの中から、「ブラック・ローズ・ドラゴン」または「ブラッド・ローズ・ドラゴン」1体を選んでEXデッキに戻す。

「紅蓮薔薇の魔女」の登場で何ができるのか? 

①「黒薔薇の魔女」のサーチ&効果確定

「紅蓮薔薇の魔女」は、自身をリリースすることで、

・「黒薔薇の魔女」をサーチ

・デッキ内のレベル3以下の植物族モンスター1体デッキトップに置く

・サーチした「黒薔薇の魔女」1体を召喚

の3つを行う効果を持っていて、デッキトップに置くことから、「黒薔薇の魔女」の効果を発動しても、破壊はない状態になります。

 

なお、デッキトップに置くレベル3以下の植物族モンスターですが、現在のカードプールでは「薔薇の妖精」ぐらいしかなく、「薔薇の妖精」の効果を使うことで、「黒薔薇の魔女」とともにレベル7のシンクロ召喚が狙えます。

 

②特定のシンクロモンスターの回収

「紅蓮薔薇の魔女」の②の効果は、墓地での効果で、自身を除外することで、墓地・除外されている「ブラック・ローズ・ドラゴン」または「ブラッド・ローズ・ドラゴン」1体を回収できます。

「ブラッド・ローズ・ドラゴン」のカード考察

f:id:hairon36:20210324224257j:plain

「ブラッド・ローズ・ドラゴン」のカード効果

星10 炎 ドラゴン族/シンクロ 3200/2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。お互いの墓地のカードを全て除外する。このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族Sモンスターを素材としてS召喚していた場合、さらにこのカード以外のお互いフィールドのカードを全て破壊できる。
②:カードを破壊する効果を相手が発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にする。その後、自分のEXデッキ・墓地から「ブラック・ローズ・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚できる。

「ブラッド・ローズ・ドラゴン」の登場で何ができるのか?

①墓地除外+αとして全破壊

「ブラッド・ローズ・ドラゴン」は、シンクロ召喚の成功で、お互いの墓地のカードを除外できます。

墓地のカードを除外するだけなので、目に見えるようなアドバンテージは取れないものの、昨今では墓地を利用しないデッキはないので、間接的な影響力が大きい効果になります。

 

それから「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族シンクロモンスターを素材にしていた場合には、さらに自身以外フィールドのカードを全て破壊できるというもので、「ブラック・ローズ・ドラゴン」の全破壊効果を使わずに、そのまま「ブラッド・ローズ・ドラゴン」をシンクロ召喚するという選択肢も生まれます。

(なお、「ブラック・ローズ・ドラゴン」と違い、自身は破壊の範囲に入らない点も注目です。)

 

②カード破壊効果を無効

「ブラッド・ローズ・ドラゴン」には、自身をリリースすることで、相手のカード破壊効果を無効にできる効果も持っています。

 

リリースしてしまうので、自分の場が空になる心配もありますが、「その後」の効果によって、自分のエクストラデッキ・墓地から「ブラック・ローズ・ドラゴン」を特殊召喚できるため、その点はカバーできそうです。

 

ただし、この方法でエクストラデッキから出てきた「ブラック・ローズ・ドラゴン」は、蘇生制限を満たしていないので、できることなら墓地からの特殊召喚を狙っていきたいところです。

「ガーデン・ローズ・フローラ」のカード考察

f:id:hairon36:20210324224322j:plain

「ガーデン・ローズ・フローラ」のカード効果

星5 光 植物族/シンクロ/チューナー 800/1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのフィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、そのコントローラーのフィールドに「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。このターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。

「ガーデン・ローズ・フローラ」の登場で何ができるのか?

①フィールド魔法を破壊

「ガーデン・ローズ・フローラ」の①の効果で、フィールド魔法1枚を破壊ができ、さらにフィールド魔法を破壊されたコントローラーに、「ローズ・トークン」1体を攻撃表示で特殊召喚します。

 

「ローズ・トークン」は、「ブラック・ガーデン」の効果に使ったり、相手のフィールド魔法を破壊した場合には、相手の場に攻撃表示で出ることから、高攻撃力モンスターで攻撃するターゲットにすることもできそうですね。

 

②相手メインフェイズにシンクロ召喚

「ガーデン・ローズ・フローラ」の②の効果は、シンクロチューナーの多くが持つ相手ターン中にシンクロ召喚できるという効果になります。

 

「ガーデン・ローズ・フローラ」とレベル2の非チューナーを用意することで、相手ターン中に「ブラック・ローズ・ドラゴン」のシンクロ召喚を狙えば、植物族らしいイメージの動きになりますね。

(厳密には、ドラゴン族ですが...笑)

 

なお、シンクロチューナーなので、「水晶機巧-ハリファイバー」でも出せるモンスターになります。

「薫り貴き薔薇の芽吹き」のカード考察

f:id:hairon36:20210324224405j:plain

「薫り貴き薔薇の芽吹き」のカード効果

速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
②:セットされたこのカードが破壊された場合、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ブラック・ローズ・ドラゴン」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「薫り貴き薔薇の芽吹き」の登場で何ができるのか?

①「ローズ・ドラゴン」モンスターの特殊召喚

「薫り貴き薔薇の芽吹き」の①の効果によって、手札・墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスターを守備表示で特殊召喚できるので、シンクロ召喚やリンク召喚に繋げたいところです。

また速攻魔法ということもあり、相手ターンで壁モンスターを特殊召喚するという使い方もできます。

 

「ローズ・ドラゴン」であれば基本的には何でも良いのですが、守備表示で特殊召喚するため、リンクモンスターの「クロスローズ・ドラゴン」だけは蘇生できないですね。

 

②墓地・除外ゾーンから「ブラック・ローズ・ドラゴン」関連のモンスターを特殊召喚

「薫り貴き薔薇の芽吹き」の②の効果は、セット状態のこのカードが破壊された場合の効果で、墓地・除外されているカードの中から該当するモンスターを特殊召喚できます。

 

この効果で特殊召喚できるモンスターですが、「ブラック・ローズ・ドラゴン」、「ブラッド・ローズ・ドラゴン」、「ロクスローズ・ドラゴン」、「レッド・ローズ・ドラゴン」、「ブルーローズ・ドラゴン」、「紅蓮薔薇の魔女」の6種類となってます。

 

相手のカードによる破壊だけでなく、自分のカードによって破壊した場合でも発動できるので、「ブラック・ローズ・ドラゴン」などをシンクロ召喚する前にこのカードを伏せて置くことで、がら空きになるということが防げそうです。

感想・まとめ

【ライトニング・オーバードライブ】に収録される「ロクスローズ・ドラゴン」、「紅蓮薔薇の魔女」、「ブラッド・ローズ・ドラゴン」、「ガーデン・ローズ・フローラ」、「薫り貴き薔薇の芽吹き」を考察しました。

 

今回の新規は、一見するとバラバラに見えますが、レベル7をシンクロ召喚するという点は共通しているので、そこまでたどり着くパターンが増えた強化なのかなと考察してみて思いました。

 

あと「ブラック・ローズ・ドラゴン」が進化したことに驚きましたし、個人的には「薫り貴き薔薇の芽吹き」が良さそうなカードなので、「ローズ・ドラゴン」を軸にして作りたいですね。

(過去に挫折した経験がありますが...笑)

 

ではこれで、【ローズ・ドラゴン】の新カード考察を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【ライトニング・オーバードライブ】関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com