遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ミドレミコード・エリーティア」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【ドレミコード】テーマから「ミドレミコード・エリーティア」を考察します。

「ミドレミコード・エリーティア」のカード効果

f:id:hairon36:20210224151640j:plain

 星3 水 天使族/ペンデュラム 1100/400
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。

②:自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在する限り、自分の「ドレミコード」Pモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
【P効果 青6/赤6】
①:自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚は無効化されない。

「ミドレミコード・エリーティア」の登場で何ができるのか?

①相手の魔法・罠カード1枚を手札バウンス

「ミドレミコード・エリーティア」の①の効果は、自身の召喚・特殊召喚の成功で、相手の場の魔法・罠カード1枚を手札バウンスすることができます。

 

再利用されてしまう可能性があるものの、この効果で、相手の厄介な魔法・罠カードを一時的に退かすことができますし、相手ターンのエンドフェイズに「光神化」や「ドレミコード・ムジカ」などを発動して特殊召喚することで、自分のターンを迎える使い方もできそうですね。

 

②戦闘ダメージ軽減

②の効果は、自分のペンデュラムゾーンに偶数のペンデュラムスケールが存在すると適用される効果で、「ミドレミコード・エリーティア」は、自分の「ドレミコード」モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にします

 

この効果で、相手から受ける戦闘ダメージの軽減ができますが、「ミドレミコード・エリーティア」自体を狙われると、1回きりとなってしまうので、戦闘破壊されないようにしたいですね。

 

この効果を活かせる「ドレミコード」カードは今のところないですが、他のカードでは、「ジャンク・アタック」を相手モンスターに装備させて、「ドレミコード」モンスターを自爆特攻させて相手にダメージを与えたり、攻撃した時に効果を発動できる「熱き決闘者たち」、「ガーディアンの力」、「心太砲式」といったカードや「脆刃の剣」の維持に、「ミドレミコード・エリーティア」の効果を活かすことができそうです。

感想・まとめ

今回は、【ドレミコード】の「ミドレミコード・エリーティア」を考察しました。

召喚・特殊召喚で、魔法・罠カードを手札バウンスできる「ミドレミコード・エリーティア」ですが、戦闘ダメージ軽減効果に関しては、一応、相性が良いカードがあるものの、戦闘を行ったとか、攻撃宣言時に発動できる効果を持つカードでいいので、やっぱり【ドレミコード】テーマ内で欲しいですね。

 

なお、後ほど考察する「ラドレミコード・エンジェリア」の効果では、重要なモンスターだったりしますので、そちらもお楽しみに。

ではこれで、「ミドレミコード・エリーティア」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!