遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ドレミコード・フォーマル」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【ドレミコード】テーマから「ドレミコード・フォーマル」を考察します。

「ドレミコード・フォーマル」のカード効果

 f:id:hairon36:20210224152344j:plain

 カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分のPゾーンに「ドレミコード」カードが存在し、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体をデッキに戻す。その後、以下の効果を適用する。
●自分フィールドのPモンスターはその相手の効果を受けない。
●自分のPゾーンのカードはその相手の効果では破壊されない。
●自分のPゾーンのカードはその相手の効果では除外できない。

「ドレミコード・フォーマル」の登場で何ができるのか?

①3つの耐性を付与

 

 「ドレミコード・フォーマル」は、

●自分のPゾーンに「ドレミコード」カードがある

●相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時

上記の条件を2つとも満たした時に、発動できるカウンター罠カードで、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体をデッキに戻した後、3つの耐性を自分の場のカードに適用する効果を持ちます。

 

3つの耐性の中身については、

①自分フィールドのペンデュラムモンスターに、『相手の効果を受けない』という耐性を与える。

②自分のペンデュラムゾーンのカードに、『相手の効果では破壊されない』+『相手の効果では除外できない』の2つの耐性を与えます。

 

 ペンデュラムモンスターに付く耐性は強力で、相手からのカード効果は、ほとんど聞かなくなりますが、戦闘破壊には注意が必要です。

一方、ペンデュラムゾーンのカードに付く耐性は、主に、魔法・罠カード除去効果を想定したもので、破壊だけでなく、除外による除去をカバーしていますが、バウンスや墓地へ送るタイプの除去に対応していないので、油断は禁物です。

 

感想・まとめ

今回は、【ドレミコード】の「ドレミコード・フォーマル」について考察しました。

発動条件の1つとして、ペンデュラムゾーンに「ドレミコード」カードがいるものの、効果自体はペンデュラムカード全般に向けた効果であるため、「ドレミコード」をペンデュラムデッキに出張させるのであれば、採用を考えてみたいところですね。

 

ではこれで、「ドレミコード・フォーマル」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

遊戯王 第11期 DBAG-JP026 ドレミコード・フォーマル
 

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com