遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ドレミコード・エレガンス」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【ドレミコード】テーマから「ドレミコード・エレガンス」を考察します。

「ドレミコード・エレガンス」のカード効果

 f:id:hairon36:20210304113448j:plain

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
●手札から「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、EXデッキに表側表示で加える。その後、デッキからPスケールが奇数と偶数の「ドレミコード」Pモンスターを1体ずつ選び、自分のPゾーンに置く。
●自分のPゾーンからPスケールが奇数と偶数のカードを1枚ずつ持ち主のEXデッキに表側表示で加え、自分はデッキから2枚ドローする。

「ドレミコード・エレガンス」の登場で何ができるのか?

①デッキから「ドレミコード」PモンスターをPゾーンに置く。

「ドレミコード・エレガンス」は、3つの中から1つを選ぶタイプの魔法カードで、1つ目と2つ目の選択は、デッキから「ドレミコード」モンスターをペンデュラムゾーンに置くことができる効果になってます。

 

1つ目の方に関しては、制限がなく、デッキから好きな「ドレミコード」ペンデュラムモンスターを置くことができるので、ペンデュラムスケールの質を高めれます。

 

2つ目の選択肢に関しては、エクストラデッキに表側表示で加えるために、手札に「ドレミコード」ペンデュラムモンスターがいるものの、デッキから「ドレミコード」ペンデュラムモンスター2枚を置けるので、こちらも良質なペンデュラムゾーンを作ることができます。

なお、デッキからペンデュラムゾーンに置く「ドレミコード」のペンデュラムスケールは、奇数と偶数にしなければならない点に注意です。

 

②Pゾーンのカード2枚をEXデッキに加えて、2枚ドロー

「ドレミコード・エレガンス」の3つ目は、ペンデュラムゾーンのカード2枚をエクストラデッキに加えて、2枚ドローできる効果となってます。

エクストラデッキに加えるカードに関しては、ペンデュラムスケールが奇数と偶数のカード1枚ずつという条件があるものの、実質、ペンデュラムゾーンのカードをドローに変えながら、ペンデュラムゾーンのリセットができます。

 

ただし運用上の注意点としては、リセットの裏返しとして、ペンデュラムゾーンが空となる点で、この効果を使った以降にペンデュラム召喚を狙う場合は、別途ペンデュラムゾーンに置くカードを用意しておきたいところです。

感想・まとめ

今回は、【ドレミコード】から「ドレミコード・エレガンス」を考察しました。

最後の最後にとんでもない「ドレミコード」サポートカードが来ましたね!

「ドレミコード・エレガンス」の3つ目の効果に関しては、「ドレミコード」が全く関係していないので、ペンデュラムデッキにおけるドローソースとして使えるのが最大の注目ポイントで、このカードとともに出張させるのもいいかもしれないですね。

 

ではこれで、「ドレミコード・エレガンス」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!