遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「聖殿の水遣い」、「遺跡の魔鉱戦士」、「流離のグリフォンライダー」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」から「勇者トークン」と冒険する仲間たちである「聖殿の水遣い」、「遺跡の魔鉱戦士」、「流離のグリフォンライダー」の3体を考察したいと思います。

どれも「運命の旅路」の効果でサーチできるモンスターとなってますね。

聖殿の水遣い

f:id:hairon36:20210825233620j:plain

星3 水 魔法使い族 1500/1200

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

②:手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分のデッキ・墓地から「アラメシアの儀」1枚を選んで手札に加える。

③:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。 デッキから「勇者トークン」のトークン名が記されたフィールド魔法カード1枚を選んで自分フィールドゾーンに表側表示で置く。

「聖殿の水遣い」の①の効果は、「勇者トークン」が存在する場合に自身を手札から特殊召喚できる効果で、「勇者トークン」関連のモンスターに共通する効果となってます。

 

②の効果は、このカードを手札・墓地から除外することで、デッキ・墓地から「アラメシアの儀」を手札に加えることができる効果になります。

「勇者トークン」を使うデッキにとっては、「アラメシアの儀」が重要なキーカードとなるため、「運命の旅路」を経由して、このカードをサーチしたり、墓地肥やしカードで墓地へ送っておきたいところですね。

 

なお墓地肥やしに関してですが、召喚に成功した場合にデッキからモンスターを墓地へ送れるモンスターで、このカードを墓地へ送ることを思いつくかと思いますが、「アラメシアの儀」を発動するターンは、通常召喚したモンスターの効果を発動できない点に注意です。 

 

③の効果は、「勇者トークン」が存在する場合に、デッキから「勇者トークン」が記されたフィールド魔法カード1枚を自分フィールドゾーンに表側で置く効果になります。

 

この効果で置けるフィールド魔法は、「暗黒神殿ザララーム」と「迷い花の森」の2枚で、「聖殿の水遣い」の①の効果で特殊召喚していれば、自然と③の効果を使える流れになりますし、「アラメシアの儀」からのスタートでもここまで来れます。

遺跡の魔鉱戦士

f:id:hairon36:20210825233636j:plain

星4 炎 戦士族 2300/1000

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合、このカードは攻撃できない。

③:「勇者トークン」のトークン名が記された自分のモンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。デッキから「勇者トークン」のトークン名が記された罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

「遺跡の魔鉱戦士」の①の効果は、「聖殿の水遣い」と共通する手札から特殊召喚できる効果になります。

さらに「遺跡の魔鉱戦士」は、「勇者トークン」がいないと攻撃できない②のデメリット効果が付いてますが、①の効果で特殊召喚していれば、この永続効果は無視できます。

攻撃力2000の「勇者トークン」とともにダイレクトアタックをするだけで、ライフを半分削れてしまうのはシンプルながら強いですね。

 

③の効果は、「勇者トークン」が記された自分のモンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、デッキから「勇者トークン」が記された罠カード1枚をセットできるというもの。

現状は、モンスター除去効果を持つ「サンダー・ディスチャージ」と、モンスターを手札・墓地から特殊召喚ができる「リザレクション・ブレス」のどちらかになるので、状況に合わせて、セットしたいところです。

流離のグリフォンライダー

f:id:hairon36:20210825233655j:plain

星7 風 鳥獣族 2000/2800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

「流離のグリフォンライダー」 の①の効果も、共通する手札から自身を特殊召喚する効果になります。

②の効果は、「勇者トークン」が存在していれば使える効果で、「流離のグリフォンライダー」をデッキに戻すことで、魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にし破壊するカウンター効果になります。

こちらの効果も、上記のモンスターと同じく①の効果で特殊召喚できていれば、いつでも使える効果となりますが、場を離れてしまうので、隙きをつかれないようにしたいですね。

感想・まとめ

「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「聖殿の水遣い」、「遺跡の魔鉱戦士」、「流離のグリフォンライダー」の3体を考察しました。

 

「勇者トークン」がいれば、手札から特殊召喚できて、すぐに何かしらの効果が使えるようになっているのは、連帯感や仲間意識を感じますね。 

 

ではこれで「デッキビルドパック グランド・クリエイターズ」に収録される「聖殿の水遣い」、「遺跡の魔鉱戦士」、「流離のグリフォンライダー」の考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com