遊戯王マスターラボ

デッキレシピやパックの開封結果を紹介している遊戯王ブログです。

【魔救マグネット】、【エルドリッチ堕天使】デッキを紹介!!

【スポンサーリンク】

f:id:hairon36:20210512141109j:plain

どうも、ハイロンです。

「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」が発売したということで、そちらに収録されたカードを使って作った2つのデッキを紹介したいと思います。

 

「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」には、「アダマシア」、「六花」、「エルドリッチ」の3テーマが収録されているわけですが、

  • 「魔救(アダマシア)」+「磁石の戦士」→【魔救マグネット】
  • 「エルドリッチ」+「堕天使」→【エルドリッチ堕天使】

という形で作ってみました。

 

デッキレシピとそのデッキについて、軽く感想や動かし方等を書いてみたので、興味のあるデッキがありましたら、見ていただけると幸いです。

(全部見てもらえると嬉しい限りです)

【魔救マグネット】デッキレシピ

f:id:hairon36:20210512141138j:plain

〈モンスター:24枚〉

電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン×2

電磁石の戦士α×2

磁石の戦士δ×3

電磁石の戦士β×3

魔救の分析者×3

魔救の追求者×3

電磁石の戦士γ×3

魔救の探索者×3

魔救の奇石-ドラガイト×2

 

〈魔法:10枚〉

マグネット・フィールド×3

テラ・フォーミング×1

おろかな埋葬×1

死者蘇生×1

魔救の息吹×2

サンダー・ボルト×1

ハーピィの羽根帚×1

 

〈罠:8枚〉

大捕り物×3

神の宣告×3

f:id:hairon36:20210512141213j:plain

エクストラデッキ:15枚〉

フォーミュラ・シンクロン×1

アクセル・シンクロン×1

A・O・J カタストル×1

ナチュル・ビースト×1

TG ハイパー・ライブラリアン×1

魔救の奇跡-ラプタイト×2

魔救の奇跡-ドラガイト×1

サテライト・ウォリアー×1

ゴルゴニック・ガーディアン×1

彼岸の黒天使 ケルビーニ×1

水晶機巧-ハリファイバー×1

崔嵬の地霊使いアウス×1

鎖龍蛇-スカルデット×1

ヴァレルソード・ドラゴン×1

元々「磁石の戦士」デッキとして作っていたものに、「アダマシア」チューナーを入れる形で、再構築してみました。

 

「アダマシア」チューナーのデッキからめくる②の効果を使って、召喚・特殊召喚に成功した場合の効果を持っている「磁石の戦士」モンスターを特殊召喚するのがこのデッキのコンセプトになります。

 

なお、採用した「磁石の戦士」モンスターは、サーチ、展開、墓地肥やしと何かしらのアドバンテージを得られますし、「アダマシア」チューナーも地属性・岩石族ということで、「マグネット・フィールド」の両方の効果に絡むことができる点もポイントになります。

 

EXデッキについては、練れていない部分もありますが、4月からのルール改訂&新制限適用もあって、暫定的なものになるのですがね…。

 

シンクロモンスターは、「磁石の戦士」にレベル3モンスターが多いので、レベル6だけでなく、レベル5も採用できます。中でも、デッキがほぼ地属性モンスター構築ということで、「ナチュル・ビースト」を採用できるのが強みです。

【エルドリッチ堕天使】デッキレシピ

f:id:hairon36:20210512141344j:plain

〈モンスター:20枚〉

堕天使スペルビア×3

堕天使ゼラート×1

堕天使テスカトリポカ×1

堕天使イシュタム×3

黄金卿エルドリッチ×2

堕天使ユコバック×3

増殖するG×3

トリックスター・ヒヨス×2

灰流うらら×2

 

〈魔法:14枚〉
トリックスター・ライトステージ×2

堕天使の追放×3

おろかな埋葬×1

名推理×3

死者蘇生×1

堕天使の戒壇×3

ハーピィの羽根帚×1


〈罠:6枚〉

ブレイクスルー・スキル×2

神属の堕天使×1

背徳の堕天使×1

魅惑の堕天使×2

f:id:hairon36:20210512141409j:plain

エクストラデッキ:15枚〉

転生炎獣アルミラージ×1

トリックスター・ブルム×2

見習い魔嬢×1

失楽の堕天使×2

No.90 銀河眼の光子卿×1

宵星の機神ディンギルス×1

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

No.84 ペイン・ゲイナー×1

No.77 ザ・セブン・シンズ×1

超弩級砲塔列車グスタフ・マックス×2

超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ×2

「黄金卿エルドリッチ」を「堕天使」デッキに出張させた形になります。

デッキの動かし方は、「堕天使」が基本になるので、ここでは割愛します。

 

メリットとしては、「黄金卿エルドリッチ」が入ることによって、手札の「堕天使」魔法・罠カードを送りながら除去をしつつ、「堕天使」モンスターのコピー効果の発動を狙えたり(特に、「堕天使」罠カード)、「黄金卿エルドリッチ」自身がレベル10ということで、「堕天使イシュタム」とともにランク10が狙いやすくなった点ですね。

 

魔法・罠カードであれば何でもいいので、こうして「黄金卿エルドリッチ」だけを出張させてもいいですね。

 

ただ、このデッキを作った後、「エルドリッチ」、「エリクドシル」、「黄金卿」を主軸としたアンデット族デッキに興味を持ち始めたので、そっちにシフトしそうです。

最後に

 「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」で登場した「アダマシア」、「エルドリッチ」を使ったデッキを作ってみました。

 

はじめは、「六花」と一部の「アダマシア」だけ手に入れればいいと思ってましたが、ふたを開ければ全てのテーマに手を出してました…(笑)

 

テキストだけでは、デッキの面白さがわからないものですね。

 

皆さんも興味があるデッキがあれば参考にして作ってみてくださいね。

ではこのあたりで【魔救マグネット】、【エルドリッチ堕天使】デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。