Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

「ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドール」3箱で作る「シャドール」デッキ(2019)を紹介!!

f:id:hairon36:20191206163520j:image

どうも、ハイロンです。

今回は、「STRUCTURE DECK -リバース・オブ・シャドール-」が出たということで、そちらの商品を3つ使って作った即席の【シャドール】デッキを紹介したいと思います。

 

今回作った【シャドール】デッキを使う上でのポイントとしては…

☆「シャドール」の②の効果を使ってみよう!

☆隙あれば「シャドール」の①の効果も狙おう!

☆5つの方法で「シャドール」を融合召喚!!

になります。

 

では早速、デッキレシピから見ていきましょう!

デッキレシピ

〈メインデッキ40枚〉

f:id:hairon36:20191206170221j:image

※発売当時の2019年10月適用のリミットレギュレーションで構築してます。

〈モンスター20枚〉

シャドール・ビースト×2

シャドール・ドラゴン×1

シャドール・リザード×2

影霊の翼 ウェンディ×3

マスマティシャン×1

終末の騎士×1

影依の巫女 エリアル×1

聖なる影 ケイウス×1

シャドール・ヘッジホッグ×3

シャドール・ファルコン×2

超電磁タートル×1

ペロペロケルペロス×2

 

〈マジック14枚〉

おろかな埋葬×1

闇の誘惑×3

影依融合×3

ハーピィの羽根帚×1

神の写し身との接触×2

超融合×2

魂写しの同化×2 

 

〈トラップ6枚〉

堕ち影の蠢き×3

影光の聖選士×2

影依の原核×1

〈EXデッキ15枚〉

f:id:hairon36:20191206170201j:image

〈融合モンスター13枚〉

エルシャドール・ウェンディゴ×2

エルシャドール・ミドラーシュ×3

エルシャドール・エグリスタ×1

エルシャドール・アプカローネ×2

エルシャドール・シェキナーガ×2

エルシャドール・アノマリリス×1

エルシャドール・ネフィリム×2

 

〈リンクモンスター2枚〉

シャドール・ネフィリム×2

【スポンサードリンク】

 

 

【シャドール・ポイント】

「シャドール」の②の効果を使ってみよう!

 遊戯王 SD37-JP002 影霊の翼 ウェンディ (日本語版 スーパーレア) STRUCTURE DECK - リバース・オブ・シャドール -

まずは「シャドール」の②の効果を使って、アドバンテージを稼ぎます!

「シャドール」の②の効果は、『効果で墓地へ送られた場合』の効果なので、「マスマティシャン」や「終末の騎士」、「シャドール・リザード」、「堕ち影の蠢き」などを使ったり、後ほど紹介する融合モンスターの素材にして、その②の効果を起動させることができます。

 

今回採用した「シャドール」モンスターで積極的に墓地へ送りたいのは、

シャドール・ビースト

デッキから1枚ドロー

 

影霊の翼 ウェンディ

デッキから自身以外の「シャドール」モンスター1体を裏側で特殊召喚

 

シャドール・ヘッジホッグ

デッキから自身以外の「シャドール」モンスター1体をサーチ

 

シャドール・ファルコン

自身を裏側で特殊召喚

の4種類になります。

どれもアドバンテージを稼げるカードなので、手札状況や場面に応じて使い分けたいところです。

 

特に新規の「影霊の翼 ウェンディ」や「シャドール・ファルコン」は、相手ターンに発動することが多い「堕ち影の蠢き」で落とすことによって、相手の意表を突くことができるかもしれないですね。

 

その他の「シャドール」では、魔法・罠カードを除去できる「シャドール・ドラゴン」、墓地利用するタイプに対し、お互いの墓地のカードを3枚まで除外する効果を持つ「影依の巫女 エリアル」も使えますね。

 

隙あれば「シャドール」の①の効果も狙おう!

 遊戯王 SD37-JP005 シャドール・ヘッジホッグ (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK - リバース・オブ・シャドール -

 「シャドール」は、リバースモンスターでもあるため、リバース効果(①の効果がそれに該当)を持ってます。

 

ただ、能動的にリバース効果を起動させるカードは、このデッキでは、「影光の聖選士」の墓地効果ぐらいしかありません。なので、相手モンスターの攻撃を待つか、自分のターンで反転召喚するかの受動的な方法での発動になります。

 

リバース効果が大事なモンスターとしては、「シャドール・ヘッジホッグ」で、「シャドール」魔法・罠カードをサーチできます。

「シャドール」魔法・罠カードには、「シャドール」デッキの重要戦術である融合召喚をサポートするカードが多くあるので、重宝します。

 

他には、前の項目とかぶりますが、デッキから自身以外の「シャドール」を特殊召喚できる「影霊の翼 ウェンディ」や墓地から自身以外の「シャドール」を蘇生できる「シャドール・ファルコン」、カードバウンスができる「シャドール・ドラゴン」やモンスター除去ができる「シャドール・リザード」も狙い目です。

 

なお「シャドール」の効果は、①②のどちらかしか1ターンに1度、発動できないので、注意が必要です。

 

5つの方法で「シャドール」を融合召喚!!

f:id:hairon36:20191201125040j:plain

「シャドール」が最も得意とする融合召喚です。

 今回のデッキで融合召喚する方法は5つあって、それぞれに特徴やポイントがあります。

①「影依融合」による融合召喚

「シャドール」版の融合カードですが、最大の特徴としては、相手のフィールドにEXデッキから特殊召喚されたモンスターいる場合、デッキのモンスターを融合素材にできるところ。

 

これによりデッキ内の「超電磁タートル」や「ペロペロケルペロス」のような墓地で発動するモンスターをデッキに取り入れれるのがポイントです。

②「神の写し身との接触」による融合召喚

速攻魔法なので、相手ターンで融合召喚をしたり、追い打ちをかける融合召喚ができるのがポイントです。

③「超融合」による融合召喚

「シャドール」融合モンスターは、神属性以外の6つの属性を融合素材にするので、どのようなデッキ相手でも、相手モンスターを融合素材として使うことができるのがポイント。

 

こちらも速攻魔法なので、相手ターンで融合召喚をしたり、追い打ちをかける融合召喚もできます。

④「魂写しの同化」による融合召喚

装備した「シャドール」モンスターの属性を変えながら、融合を内蔵しているので、融合召喚ができるのがポイントです。

 

「エルシャドール・アプカローネ」をはじめ、状況に応じていろんな「シャドール」融合モンスターが出せるので、5枚の中では選択肢は多めです。

⑤「シャドール・ネフィリム」による融合召喚

 リバースモンスター2体で作れるリンクモンスターで、自己蘇生効果と融合を内蔵しているため、「エルシャドール・ネフィリム」や「エルシャドール・ミドラーシュ」が作りやすいのが特徴です。

これらのカードを使って、

「シャドール」+風属性

→「エルシャドール・ウェンディゴ

「シャドール」+闇属性

→「エルシャドール・ミドラーシュ」

「シャドール」+炎属性

→「エルシャドール・エグリスタ」

「シャドール」+地属性

→「エルシャドール・シェキナーガ」

「シャドール」+水属性

→「エルシャドール・アノマリリス

「シャドール」+光属性

→「エルシャドール・ネフィリム

属性が異なる「シャドール」2体

→「エルシャドール・アプカローネ」

 という組み合わせで融合召喚を狙います。

 

この中で狙いたい融合モンスターを挙げると、

モンスターの特殊召喚を制限する「エルシャドール・ミドラーシュ」、

 

「シャドール」カードを墓地へ送りつつ、特殊召喚されたモンスターに強い「エルシャドール・ネフィリム」、

 

守備力が高く、特殊召喚されたモンスターの効果の発動を無効にする「エルシャドール・シェキナーガ」の3体が筆頭候補になってきます。

 

それらのモンスターでは行き届かないところを「エルシャドール・アノマリリス」や「エルシャドール・エグリスタ」、「エルシャドール・アプカローネ」で補うと形を取るといいでしょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-」のみを使って、【シャドール】デッキ構築をしてみました。

 

あとはデュエルフィールドの裏側に書いているとおり、「クロシープ」などを取り入れるなどをして、細かい枚数調整をするだけでも、十分戦えますね。

 

今回は純構築を紹介しましたが、他にも【列車】や【占術姫】、【恐竜】、【ウィッチクラフト】を混合したタイプもあるようなので、さらに「シャドール」を深めたい方は、調べてみるといいでしょう。

 

ストラクチャーデッキ3つだけで、「シャドール」の基本形が簡単に作れるので、初心者の方や強いデッキを持ちたいと思っている方は、ここから始めてみるのもいいかもしれないですね。

 

上記を参考にして、構築してみてくださいね!

 

ではこのあたりで「ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-」を使った「シャドール」デッキの紹介を終わりたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

▼過去の3箱で作るストラクチャーデッキシリーズです。気になるものがあれば、見ていただけるとありがたいです▼

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com