遊戯王マスターラボ

デッキレシピやパックの開封結果を紹介している遊戯王ブログです。

【七つの宝玉】〜【宝玉獣】パーツが集まるパック〜

【スポンサーリンク】

f:id:hairon36:20220302175815j:plain

ハロー!ハイロンです。

今回は、マスターデュエルでも【宝玉獣】デッキを作りたい!

だけど、どのシークレットパックを狙えば、効率よくデッキパーツを集めれることができるの?と思ってませんか??

 

そんな方にオススメなシークレットパックが、今回、取り上げる【七つの宝玉】になります。

シークレットパックとは?

期間(24時間)限定で出現し、1パック8枚中、4枚がピックアップの対象カードが出るパックで、シークレットパックのキーカード(ウルトラ・スーパーカードの一部)を入手した時に出現します。

 

キーカードの入手方法としては、

①パックでキーカードを引き当てる。

②クラフトポイントを使って、キーカードを生成する。

がありますが、なかには、ソロモードを進めてクリアすると出現するものもあります。

【七つの宝玉】とは?

破壊された場合に永続魔法カード扱いで魔法&罠ゾーンに置くことができるのが「宝玉獣」の特徴だ。七つの宝玉を揃え、「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」を呼び出そう!

【七つの宝玉】は、「宝玉獣」パーツが集まっているシークレットパックで、このシークレットパックに入っているウルトラやスーパーの一部のカードを手に入れることで、出現します。

 

【宝玉獣】は、戦闘や効果によって、モンスターゾーンで破壊された場合に、永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに置くことができるのが特徴で、魔法&罠ゾーンに置いたカードを使って、展開したり、アドバンテージを得たりしながら、「宝玉獣」モンスターを7種類集めて、「究極宝玉神」モンスターへ繋げるテーマになります。

【七つの宝玉】の対象カードリスト

【七つの宝玉】で出やすくなっているピックアップ対象カードは、以下の40種類になります。

f:id:hairon36:20220302175736j:plain

f:id:hairon36:20220302175747j:plain

ウルトラ:4種

究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン

究極宝玉神 レインボー・ドラゴン

究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン

宝玉の絆

 

スーパー:7種

レインボー・ネオス

虹の古代都市-レインボー・ルイン

レア・ヴァリュー、宝玉の氾濫

虹の架け橋、アドバンスド・ダーク

レインボー・ライフ、究極宝玉陣

 

レア:12種

宝玉獣 サファイア・ペガサス

The tripping MERCURY

宝玉の先導者、宝玉の守護者

宝玉の契約、手札断殺

宝玉の解放、宝玉の樹 

レインボー・ヴェール

オーバー・ザ・レインボー

宝玉の双璧、宝玉の集結

 

ノーマル:16種

宝玉獣 アメジスト・キャット

宝玉獣 アンバー・マンモス

宝玉獣 ルビー・カーバンクル

宝玉獣 エメラルド・タートル

宝玉獣 トパーズ・タイガー

宝玉獣 コバルト・イーグル

龍脈に棲む者、宝玉の導き

宝玉の恵み、ラスト・リゾート

誘発召喚、宝玉の祈り

ジェムフラッシュエナジー

カウンター・ジェム

虹の行方、虹の引力

拾っておきたい【七つの宝玉】のカードは?

【七つの宝玉】の拾っておきたいカードとしては、【宝玉獣】デッキを作るのであれば、関連カードを拾っておきたいところですが、それら以外のカードでは「レインボー・ライフ」と「手札断殺」が拾っておきたいカードとなります。

「レインボー・ライフ」

遊戯王カード 【レインボー・ライフ】 DE02-JP099-N ≪デュエリストエディション2≫

「レインボー・ライフ」は、手札1枚を捨てると、ターン終了時まで、自分が受ける全ての戦闘・効果ダメージをライフ回復に変える効果を持つ罠カードになります。

 

注目すべきポイントは、相手によって発生したダメージだけでなく、自分の使ったカードによって発生したダメージもライフ回復に変換できる点になります。

なので、自分のターンで発動できれば、自分のモンスターを自爆特攻させて、ライフを回復を狙ったり、カードを発動した後に、ダメージを受けてしまうデメリットのあるカードも、このカードを発動できれば、メリットに変えれるようになります。

 

相手モンスターの総攻撃に対して、このカードを発動できれば、攻撃を躊躇させることに繋がって、その結果、ワンキルを防止することにもなりますので、防御札として拾っておきたいカードですね。

「手札断殺」

遊戯王 手札断殺(ノーマル) ストラクチャー デッキ マスター・リンク (SD34) SD34-JP029

「手札断殺」は、お互いのプレイヤーは手札2枚を墓地へ送って、デッキから2枚ドローする魔法カードになります。

 

効果の分類としては、手札の入れ替えになりますが、お互いの手札が2枚以上なければ発動できない点や、普通に使っても自分(自分が使った「手札断殺」分)がマイナスとなるため、墓地で効果を発動できるカードや墓地へ送られた場合に効果を発動できるカードを組み合わせて、その損失分を補いたいところです。

 

一応、速攻魔法なので、相手ターンに発動して、相手の手札を崩すという使い方もできますが、相手の墓地を肥やしたり、手札事故を解消してしまうリスクもあります。

最後に

今回は、【七つの宝玉】について取り上げました。

【宝玉獣】関連のカードが詰まったパックなので、そのあたりのデッキを作りたい方や紹介した拾っておきたいカードを集めたい方は、【七つの宝玉】を出現させて、パックを開けてみてくださいね。

 

ではこれで【宝玉獣】のデッキパーツを集めることができる【七つの宝玉】の紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

関連商品

OCGでも【宝玉獣】デッキを作りたいと思った方は、こちらのストラクチャーデッキを手に入れると、【宝玉獣】の新規カードとともにデッキのパーツが一気に揃います。

関連記事

Next Structure Deck Category...! 

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

前回、紹介したシークレットパックは、こちらです。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com