遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【コラム】新制限適用による手持ちデッキへの影響について!

※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

Vジャンプの発売に先駆けて、公式が4月1日からの新制限を発表し、その中身が判明しましたね。

おさらいしておくと、
【禁止】(デッキに入れれません🙅)
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
BF―朧影のゴウフウ

【制限】(デッキに1枚だけ!)
虹彩の魔術師
D-HERO ディスクガイ(※エラッタあり)
トーチ・ゴーレム
覇王眷竜ダークヴルム
捕食植物オフリス・スコーピオ
ローンファイア・ブロッサム
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ
召喚獣メルカバ
ルドラの魔導書

【準制限】(デッキに2枚✌️)
灰流うらら
召喚師アレイスター
真竜の継承
神の宣告

【制限解除】(デッキに3枚。自由の身♪)
召喚僧サモンプリースト
同族感染ウイルス
廻天
グリモの魔導書
貪欲な壺
氾神の帝王
モンスターゲート

という中身に。

いろいろと思うところがあるかと思いますが、
管理人としての感想は、多少のサプライズ感はあるものの、何かしっくり来ています。

(シャドール使いが待ち望んでいた「エルシャドール・ネフィリム」の復帰は、素直に嬉しいですね。)

管理人の感想をもう少し書いてもいいのですが、今回は、新制限適用による手持ちデッキへの影響というタイトルなので、そちらへ入りたいと思います。

今回の新制限によって、デッキ構築を見直さなければならなくなった手持ちのデッキは、

1.覇王魔術師ブラック・マジシャン
2.アロマージ
3.捕食堕天使
4.召喚獣シャドール
5.バスター・ブレイダー
の5つでした。

■覇王魔術師ブラック・マジシャン
【規制カード→覇王眷竜ダークヴェルム】
_20180316_143656

「覇王魔術師ブラック・マジシャン」デッキは、ブログでも紹介したことがありますが、「覇王眷竜ダークヴェルム」は、主に「魔術師」をペンデュラム召喚する(厳密には、ペンデュラムゾーンの安定供給の)ために、入れていました。

「覇王眷竜ダークヴェルム」の制限化によってデッキを見直した結果、「慧眼の魔術師」や「虹彩の魔術師」、「ペンデュラムグラフ」魔法・罠カードを入れて、「魔術師」寄りに固めました。

これからは「魔術師ブラック・マジシャン」として構築を維持していきたいと思います。


■アロマージ
【規制カード→ローンファイア・ブロッサム】
_20180316_143718

またしても、植物族デッキを影で支えるモンスターが規制されました。

「アロマージ」デッキでは、「アロマージ―ベルガモット」をリクルートしてくる役割もありました。

1枚でも頑張れそうですが、これからは似たような効果を持つリンクモンスターの「アロマセラフィ―ジャスミン」を活かすような構築になりそう。

空いた枠は、今では手に入りやすくなった「ジュラゲド」で埋めてみようと思います。


■捕食堕天使
【規制カード→捕食植物オフリス・スコーピオ
_20180316_143740

「捕食堕天使」デッキで、「捕食植物オフリス・スコーピオ」は、「捕食植物サンデウ・キンジー」をリクルートしてくるのに使っていました。

そしてその後、レベル8以上の「堕天使」とともに、「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚するという流れ。

制限によって空いた枠は、入れていなかった「ローンファイア・ブロッサム」や「終末の騎士」→「捕食接ぎ木」で蘇生という形で穴埋めしたいと思います。


召喚獣シャドール
【緩和カード→エルシャドール・ネフィリム
【緩和カード→召喚師アレイスター】
【規制カード→エルシャドール・ミドラーシュ】

_20180316_143801

「エルシャドール・ネフィリム」の緩和で、光属性を活かしやすくなったのと、リンクモンスターの「シャドール・ネフィリム」の融合先が増えた部分はいいのですが、やはり「エルシャドール・ミドラーシュ」の制限が痛手。

ですが、この機会に地属性や炎属性の「シャドール」融合モンスターへシフトしてみたり、「召喚獣」に寄せるような構築や、「クインテット・マジシャン」を活かすような構築を試してみる価値はありそう。
(まだ、方向性は固まってません。)


■バスター・ブレイダー
【規制カード→BF―朧影のゴウフウ】
_20180316_143823

最近、ツイッター上で公開したデッキでしたが、制限に引っ掛かってしまいました。

「BF―朧影のゴウフウ」は、リンク素材を増やしながら、「ワンチャン!?」の発動条件を満たしつつ、召喚権を残せるモンスターだったので、重宝してました。

さすがにリンク素材の部分は補えませんが、「ワンチャン!?」の発動条件の部分は、これからは「ジェスター・コンフィ」や「デビルズ・サンクチュアリ」、「閃刀機―ホーネットビット」で、穴埋めはできそう。


【あとがき】
私の場合は、今回の新制限発表で、上記の5つのデッキを見直さなければならなくなりましたが、皆さんのお手持ちのデッキへの影響は、いかがでしたでしょうか?

植物族デッキや「捕食植物」デッキ、「魔術師」ペンデュラムデッキあたりの規制が強いですが、手持ちデッキを見直してみて、まだ考えれば何とかなりそうな感じもしました。

今回の新制限によって、9期のカードへの規制がある程度は、落ち着いたのかなと思います。
(何か忘れているかもしれないですが...。)

10期に入って1年が経とうとしているので、次からはいよいよ10期のテーマにも規制の手が及ぶこととなるのでしょうか。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。