遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【戦力チェック】フレイムズ・オブ・デストラクション編~パート2~

※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

前回の続きです。
「フレイムズ・オブ・デストラクション(FLOD)」に入っているリンクモンスターや魔法・罠カードの中から気になったものをチェックしてみたいと思います。

■トポロジック・トゥリスバエナ
_20180124_231059
パックの表紙を飾るモンスター。
このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に、そのモンスターとフィールドの魔法・罠カードを全て除外する効果を持つ。

フィールドの魔法・罠カードの全体除去効果は、まさに圧巻!
しかも除外なので、再利用を許さない...。

モンスター1体の特殊召喚が、除外する大嵐に変換できるのは普通に強いですね。
(おまけにダメージも与えれます。)

「ブラック・マジシャン」デッキにとっては涙目リンクモンスター…(泣)


■スペース・インシュレイター
_20180124_231239
リンク素材は緩く、リンク先のモンスターの攻守を800ダウンさせたり、
サイバース族リンクモンスターがリンク召喚された時にリンク先に墓地から蘇生できるので、効果自体は悪くないと言えそう。

ただ、
・リンク素材にできず、フィールドから離れた場合に除外される。
・この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
という制約があるため、蘇生した後の使い方としては、今のところ「V-LAN ヒドラ」や「パワーコード・トーカー」の効果でリリースするという方法がベスト。


■ヴァンパイア・サッカー
_20180124_231431
このカードを使うなら、アンデット族には蘇生手段が多いので、2番目の「自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に...デッキから1枚ドローする」という効果を軸に使うといいでしょう。

相手の墓地からモンスターをアンデット族化して蘇生する効果やアドバンス召喚時に、相手フィールドのアンデット族を代わりにリリースできる効果もありますが、無理に使う必要はないでしょう。

個人的には、次のデッキビルドパックで、アンデット族(ヴァンパイア)っぽいモンスターもいるので、そちらで再び注目を浴びるカードになるかも?とか思っていたりします。


■剛鬼フェイスターン
_20180124_231531
実質、「剛鬼」モンスターのサーチ効果を発動させつつ、「剛鬼」モンスターを蘇生することができるカード。
蘇生させてもリンクマーカーが活かせる「剛鬼ジェット・オーガ」を蘇生させたいところです。

その後は、「剛鬼」モンスターでサーチした「剛鬼再戦」を使って、LINK3やLINK4モンスターへ。


■星遺物が導く果て
_20180124_231709
このカードの登場で、「星遺物」モンスターに少しずつ共通性が生まれ始めました。

自分のリンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れるか、戦闘で破壊された場合に、手札・デッキから「星遺物」モンスターを守備表示で特殊召喚できる永続魔法カード。

リンクモンスターの攻撃力ではダメだと思ったら、戦闘破壊されにいくのもありかもしれないですね。

ちなみに守備表示で特殊召喚なので、
・星遺物-『星鎧』
・星遺物-『星盾』
あたりが候補になるかと。

なお、「星杯に選えらばれし者」のテキストによれば、「星遺物」は全部で7つのようなので、これからあと3つが出てくるはず。
それらの「星遺物」次第では、このカードの評価も上がりそうなので、今のうちに3枚持っていてもいいかも。
今後に期待したいところです。


■星遺物からの目覚め
_20180124_231842
相手ターンにリンク召喚したいリンクモンスターが増えてきたら、このカードも活躍しそう。
現状では「トロイメア」がそれに該当します。

また、例えば「クリストロン」のような効果を使うと、『自分のターンに機械族シンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない』など召喚方法を制約する効果を受けてしまうようなテーマで、相手ターンにリンク召喚したいとかで採用ができるかもしれないです。

あとは、自分のバトルフェイズで追撃の一手として、使う方法も。


■豆まき
_20180124_232005
相手モンスターのレベルの数だけ、自分の手札を捨てて、ドローし、そのモンスターを持ち主の手札に戻すという罠カード。

理想は相手フィールドに「壊獣」を出して、それを手札に戻せればいいのですが、その前に手札がレベル分だけあるかどうかが問題になるので、現実的には難しそう。
相手の下級モンスターを対象にして、手札を入れ替えつつ、バウンスするという使い道が堅実的。

なお、手札を捨てるなので、「暗黒界」や「魔轟神」デッキとは相性が良さそうです。


【あとがき】
2回+アルファで、「フレイムズ・オブ・デストラクション」に収録されているカードについて見てきました。

取り上げたカードはもちろんのことですが、取り上げなかったカードの中にも、いいカードや個性が光るカードが多くて、優良パックだと言える内容でした。

これからのパックにも期待してます!
では、このあたりで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。