遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【コラム】本日発売!Vジャンプ3月号について!!

※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

流れ的には、「プロンプトホーン」デッキ紹介なのですが、今日はVジャンプの発売日ということで、いつものように感想等を書きたいと思います。
(なおデッキ紹介は現在、最終編集中です。)

まず、最初は付録カードから。
E・HERO ソリッドマン
_20180119_233106
効果は「HERO」専用なので、「E・HERO」だけでなく、「D-HERO」でも活躍が見込めそうですね。

ただこのカードの登場により、「HERO」デッキに入っていた「ゴブリンドバーグ」や「ブリキンギョ」が戦力外に。
まだ種族や属性を活かせば、所属先が見つかりそうですが…。

過去に「HERO」デッキを作って入れていたことがありましたが、大変お世話になりました(泣)


■レアリティコレクション-20th ANNIVERSARY EDITION-
IMG_20180119_151133
いろいろと判明。

Vジャンプで新たに判明したカードとしては、
竜騎士ブラック・マジシャン(EXレア)
シューティング・スター・ドラゴン(EXレア)
E・HERO オネスティ・ネオス(アルティメット)
強欲で貪欲な壺(シークレット)
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン(コレクターズ)
フレシアの蟲惑魔(コレクターズ)
左腕の代償(ウルトラ)
深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト(スーパー)
海亀壊獣ガメシエル(スーパー)
の9枚。

まず注目は、「竜騎士ブラック・マジシャン」ですね。
海外の商品に入っていた新規カードうちの1枚。
残りの2枚も入ってくるのでしょうか?

「ブラック・マジシャン」デッキのバック(魔法・罠カード)を守れるのはありがたい効果です。
(ただ、「トポロジック・トゥリスバエナ」の除外効果には相変わらず弱いですが。)

また、何気に「ブラック・マジシャン」と扱える効果も「黒の魔導陣」との連携ができるので、自分のターンで「ティマイオスの眼」や「竜の鏡」を使い、出すのもいいですね。

その他では、「左腕の代償」の判明から「命削りの宝札」とかもあるといいな。(高くていいカードですし。)

また「海亀壊獣ガメシエル」は、レアリティ上げとしてもいい収録です。


今回のレアリティコレクションは、
アルティメットレア
ウルトラ
スーパーには、シークレットレアやコレクターズレア仕様のカードもあるようなので、「強欲で貪欲な壺」や「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」、「フレシアの蟲惑魔」は、アルティメットレア・ウルトラ・スーパーのどれかの枠ということも同時に確定しました。

前回のレアリティコレクションでは、1箱買えばウルトラやスーパーがほぼ全て揃っていたようです。
今回も同じような感じで、これらのカードがウルトラやスーパーの枠で収録されていれば、1箱で最低でも1枚は手に入る計算になりますね。

「強欲で貪欲な壺」がアルティメット以外なら、個人的には、持っていなかったので嬉しいです。


■デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ-
IMG_20180119_151338
パック表紙を見ている限りでは、3テーマとも新規でいくようです。
(それよりもパック表紙の右上の子のテーマが気になる。)

その中から今回は「空牙団」が判明!
見た目は獣族っぽいモンスターが多いのですが、種族はバラバラ。

下級モンスターは、手札から「空牙団」を特殊召喚できる効果と、他の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる共通の効果を持っているので、両方の効果がかみ合っています。

また、特殊召喚できる「空牙団」にはレベル制限がないので、上級モンスターの展開も可能。手札事故も起きにくいと言えそう。

_20180120_004800


■その他
最近、「オシリスの天空竜」がもらえると聞いて、デュエルリンクスに復帰してプレイしているのですが、どうやらタッグデュエルができるようになるみたいです。
こちらも楽しみです。

そして、「ザ・ヴァリュアブル・ブック20」の付録カードも判明。
魔法使い族5体を融合素材とする「クインテット・マジシャン」と魔法使い族版「竜の鏡」とも言える融合魔法の「円融魔術」2枚が付録に。
さらに20周年の特別企画も追加されているらしいです。

そして、最後に来月号は、「竜魔導の守護者」が付録に。
レアコレの「竜騎士ブラック・マジシャン」と相性がいいらしいですが、どうせなら「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」とも…(希望)
_20180119_233442
以上がVジャンプ3月号についての感想でした。
次回は、いよいよ「プロンプトホーン」を使ったデッキを紹介したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。