遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【遊戯王雑記】Vジャンプ2月特大号編

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今回の雑記は、本日(12月16日)発売のVジャンプ2月特大号について触れたいと思います。
■付録
_20171216_002917
今月の付録カードは、「トリックスター・キャロベイン」!
効果は、先月に触れたので省略。
イラスト、かわいいですね。

緑色の服が赤色だったら、サンタコスプレになって、季節感が出ますね。
(さらに白い部分を赤にしたら、クリスマスツリーカラーに変身!)

もし、このブログを見ている方の中に、絵師さんがいましたら、ぜひともお願いします!m(__)m

ちなみに来月は、「E・HEROソリッドマン」が付録のようです。
_20171216_003746


■新制限
もうすでに知っている方もいると思いますが、
一応載せておきます。
【禁止】
エンシェント・フェアリー・ドラゴン

【制限】
SPYRAL GEAR-ドローン
SPYRAL-ジーニアス
ダンディライオン
ファイアウォール・ドラゴン
BF-隠れ蓑のスチーム
SPYRAL RESORT

【準制限】
トーチ・ゴーレム
同族感染ウィルス
影霊衣の術士 シュリット
マスマティシャン
ローンファイア・ブロッサム
スケープ・ゴート
汎神の帝王
盆回し
神の警告

【制限解除】
海皇の竜騎隊
増殖するG
ブラック・ホール
未来融合-フューチャー・フュージョン

【規制されたカードについて】
規制強化されたカードを見ると、ループに使われるようなカードや「SPYRAL」関連、トークンを生成するカードが目立ちます。

禁止の「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」は、予想外の規制でした。

また、「ファイアウォール・ドラゴン」の規制により、アニメ放送中の主人公のエースモンスターが規制されるという事態に。
(はじめてのパターンで、リンクモンスター初の規制です。)

まあ、ループとかに使われているようなので、仕方がない部分かもしれませんが。

トークン生成系カードからは、「ダンディライオン」の規制強化と「BF-隠れ蓑のスチーム」、「トーチ・ゴーレム」、「スケープ・ゴート」の3種が新たにリミットレギュレーションに加わることに。
こういうトークンを生み出すような、扱いやすいカードは、これからも規制の対象になる可能性がありそうですね。

その他の規制されたカードを見ると、「アロマ」などの植物デッキも被害を受ける結果に。
(「アロマ」のドラフト担当者が嘆いていました。)

いよいよ「にん人」の出番ですかね?


【緩和されたカードについて】
レアリティコレクションの発売が2月に控えているので、禁止からのエラッタ緩和があるのかなと思いましたが、ふたを開けてみればなかったのが、意外でした。
でも、新しいパターンのサイレントエラッタ(?)という形は残されているので、2月になるまではわかりませんが。

緩和で目立つのは、やはり「ブラック・ホール」でしょうか?!
とうとう「ブラック・ホール」が3枚入れれる時代に突入。
昔の自分に教えてあげたいです。

次に「汎神の帝王」の緩和は、1月に発売される「フレイムズ・オブ・デストラクション」も理由の1つかもしれないですね。
このタイミングで、「帝」デッキを作ってもいいかも。


■フレイムズ・オブ・デストラクション
_20171216_003319
ブルーエンジェルやリボルバーがアニメ中で使ったカードや新たなカテゴリーの「エレメントセイバー」が判明。

トリックスター」では、「トリックスター・シャクナージュ」が、良き効果を持ってますね。
この効果で左右のリンクマーカーを持つ「トリックスター」リンクモンスターを蘇生させたいものです。

「トポロジック・トゥリスバエナ」は、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の魔法・罠カード版とも言える効果。

ただ、自分の魔法・罠カードも巻き込まれるので、その点は注意!

「エレメント・セイバー」ですが、現在判明している分を見ると、全て戦士族で、属性はバラバラのようです。
レベル4以下の下級モンスターは、
・1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる効果。
・このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる効果。

を共通効果として持っているようです。
墓地で属性を変えれる効果は、「霊神」だけではなく、カオスモンスターなどにも応用できそうですね

ちなみに上級モンスターの「エレメントセイバー・ウィラード」は、特殊召喚した時に手札から墓地へ送った属性によって効果をカスタマイズできる面白い効果を持っています。
(真竜のマスターさんを思い出しますね。)

光霊神の登場は確定していますが、闇霊神もこのパックで出るのでしょうか?
久しぶりに面白そうなテーマに出会えました。


■リンクヴレインズボックス
ようやくカードセットの中身が少し判明。
Playmaker、Go鬼塚、ブルーエンジェル、リボルバーの関連カードで構成されるセットになりそうです。
20枚なので、普通に考えれば一人当たり5枚の枠かな。

トリックスター」デッキを作っている身としては、判明している分だけでも手に入れておきたいところです。
(絵柄もキュートです。)


■プレミアムパック20
_20171216_003429
「ジャンク・コネクター」の登場によって、戦士族や機械族で統一したデッキに、戦士族か機械族チューナーを入れて、「ジャンク」シンクロモンスターを出張させるということができそうですね。

また、ナンバーズからは、「No.5 亡朧竜デス・キマイラ・ドラゴン」が判明。
先にカオスナンバーズの方が出ていて、いつ出るのかなと思いましたが、ようやくのOCG化です。

「ペンデュラム・ホルト」は、ペンデュラム版の「強欲な壺」と言えるカード。
条件や制限がありますが、比較的に緩い感じで、ペンデュラムデッキのドローソースになりそう。

新ルールで逆風となりましたが、ここ最近はペンデュラムに追い風が吹きはじめています。


以上が、簡単ではありましたが、Vジャンプ2月特大号についてでした。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。