遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【雑記】実は、2度目のエラッタです!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今日は、一言、言いたいお客様がハイロン研究所に来ています。

こちらの方です。
■クリッター(年齢不詳)
_20160403_150435

禁止から出獄したクリッターさんです。
ここから先は、クリッターさんにバトンタッチしたいと思います。


皆さん、お久しぶりです。
出獄したクリッターです。

まさか、バスに乗り違えただけで、牢獄に入れられ、エラッタまでされるとは思ってもいませんでした。

そうそう。
エラッタで思い出しましたが、実は、2度目のエラッタです。

私の本来の能力は、

「墓地へ送られただけで、攻撃力1500以下のモンスターをサーチする」ものでした。

場所を問わず、墓地へ送られれば、サーチが可能でした。
この効果のおかけで、よくエクゾディアさんのデッキでお仕事をさせてもらいました。

だがしかし、そんな日常も長くは続きませんでした。

1度目のエラッタが私を襲いました。
それは、ブースターの「鉄鋼の襲撃者―METAL RAIDERS―」に再録されることになりましたが、お上からの圧力により、
「フィールドから墓地へ送られた場合のみサーチできることにしてくれ。」と言われました。

これが第1回目のエラッタです!

ちなみに、黒き森のウィッチさんも同じようなエラッタを受けました。

今回は、出獄と引き換えにエラッタを受け入れました。

2回目のエラッタは、新たに「1ターンに1度と、サーチしたターンは、手札に加えたカード及び同名カードの発動ができない」という条件がついています。

このエラッタにより、私はいずれ制限から緩和されるのでしょうか?
また、黒き森のウィッチさんも同じようなエラッタを受け入れることになるのでしょうか?

クリッターより。


クリッターさんは、大変な人生を送っていたそうです。
今後の活躍を見守っていきたいですね。

パーフェクトルールブックを買おうか悩み中のハイロンがお送りしました。
読んでいただき、ありがとうございました。