遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【新制限】2016年4月1日の新制限判明&コメント!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

とうとう新制限の情報が出ました。
動きがあったカードだけ紹介しておくと、

【新禁止】
EM モンキーボード
ラヴァルバル・チェイン
ライフチェンジャー

【新制限】
EMドクロバットジョーカー
EMペンデュラム・マジシャン
クリッター(エラッタ版)
サウザンド・アイズ・サクリファイス
爆竜剣士イグニスターP
彼岸の悪鬼 スカラマリオン
彼岸の旅人 ダンテ
魔界発現世行きデスガイド
竜剣士ラスターP
緊急テレポート
真帝王領域
氾神の帝王
ペンデュラム・コール
マスク・チェンジ・セカンド
名推理
モンスターゲート
揺れる眼差し
竜呼相打つ

【新準制限】
超再生能力

【制限解除】
グローアップ・バルブ
クリバンデット
D―HERO ディアボリックガイ
水精鱗―ディニクアビス
精神操作
月の書
封印の黄金櫃
闇の誘惑
竜の霊廟
死のデッキ破壊ウイルス



環境をリセットするために、EM竜剣士、彼岸、帝に規制をしてくることはわかっていましたが、まさかここまでするとは思ってもいませんでした。
環境3トップの規制だけでなく、その後を見据えて、インフェルノイドや魔術師デッキにも、制限の手が伸びています。


ほとんどのデッキが何らかの影響を受ける内容になったと思います。
特に、「ラヴァルバル・チェイン」の禁止は大きいと思います。

管理人のハイロンもその影響を受ける一人です。
フェルグラント、裏風シャドール、レッドアイズ、カオス・ソルジャー、デーモン、蟲惑魔、不知火の合計7つのデッキのエクストラデッキを変更する必要がでてきました。

「ラヴァルバル・チェイン」は、墓地に落としてから動くデッキに多くデッキに採用されていると思うので、戦術の見直しに迫られるデッキもあると思います。


次に「緊急テレポート」の制限も痛いところです。
これは、「超量帝」の活躍による制限だと思いますが、巻き添えを食らう形で、サイキック族デッキに影響が出ます。

実際に、ハイロン所有のデッキの中にも、ガスタ、霊獣、アーティファクト(超量採用型)、蟲惑魔の4つのデッキが構築の見直しを迫られています。

その他にも、彼岸、サフィラ、EMプラス(竜呼型にプラスタートルを採用したもの)、ムーンライト、オッド魔術師、クリフォート帝の合計16デッキの見直しをこれからする必要が出てきました。


ここまでいろいろと言ってきましたが、新制限を受けて、これから活躍が期待できそうなデッキを5つ取り上げていきたいと思います。

ここで取り上げたデッキ以外にもいろいろとあると思いますが、今後の参考にしてください。
■EMオッドアイ
「EM」デッキの新たな相方として、考えられるのが「オッドアイズ」です。
時期的にも、Vジャンプやマンガの付録が追い風になって、採用されるかもしれません。
元々初期のころの「EM」は、「オッドアイズ」のサポートとしての役割が強いイメージだったので、ありかなと思っています。

オッドアイズ」関連はまだ制限を受けていないので、「天空の虹彩」を採用したタイプが出てくるかも?

■SR幻影騎士団
可能性がありそうなデッキとしては、このデッキではないでしょうか??
「SR」も「幻影騎士団」もパーツ自体は規制を受けていません。

「彼岸の旅人 ダンテ」は制限になりましたが、1~2枚程度しか採用されていなかったような気がします。(記憶が曖昧ですが。)

「彼岸」に「幻影騎士団」を加えたタイプもあるので、どちらが新環境に適応できるのか楽しみです。

なお、このブログでは、「ファントムロイド」として過去にデッキを紹介しています。

■フェルグラント
「帝」デッキの後釜候補として、見ています。
3強の影に隠れていましたので、薄い存在でした。(実際、管理人も忘れていました。)
ですが、新制限によりついに日の光を浴びることができるチャンスが来ました!

「竜の霊廟」の無制限も追い風になっています。

■DD
「EM竜剣士」が登場するきっかけになったのが、ストラクチャーデッキだったので、同じ流れで強化された「DD」デッキにも活躍してほしいなと思い、選ばせてもらいました。

「DDD呪血王サイフリート」あたりが鍵になってくれればと思っています。

■メタルフォーゼ
「緊急テレポート」が制限になってしまいましたが、それでも「苦渋の決断」や「召喚師のスキル」があるため、活躍は見込めます。

また、優秀なドロー&融合カードの「錬装融合」があるので、「彼岸」や「帝」デッキがこのデッキを取り込んでいるかもしれません。
だだし、こちらのデッキは「ザ・ダーク・イリュージョン」が発売されてからになります。


5つのデッキを参考までに上げてみました。
遊戯王は、制限改定があるため環境に変化がありますが、その変化がたとえ「ピンチでも、チャンス」だと思って、前を向いて考えれば、答えはあるはずです。

皆さんも制限改定に負けないデュエリストを目指して、頑張りましょう!
ハイロンも今日からデッキ調整を頑張ります!

少し最後は、変な感じになりましたが、読んでいただきありがとうございました。