遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【特集記事】ブラック・マジシャン編

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

Vジャンプフラゲ情報が、出回り始めたようですね。
いろいろな情報が出ているので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

さてその中でも、「ハイロン研究所」が気になったのは、「ザ・ダーク・イリュージョン」で強化される「ブラック・マジシャン」大師匠です。
本当に来ました。嬉しいです。

今回は、どうやら『相手ターンに自分が魔法・罠カードの効果を発動する』がキーワードのようです。

なお、わかりやすく紹介するために、一部を省略していますので、あらかじめご了承ください。

■マジシャンズ・ローブ
_20160224_164652

闇2/魔法使い/700/2000
1、2はそれぞれ1ターンに1度しか使えない。
1番目
相手ターンに手札の魔法・罠カードを1枚捨てることで、デッキから「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。

2番目
このカードが墓地にいて、相手ターンに自分が魔法・罠カードの効果を発動した場合、このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚した、このカードはフィールドから離れた場合、除外される。


このモンスターは、出来れば守備表示で特殊召喚したいので、「黒魔族復活の棺」を使って特殊召喚したいです。
魔法・罠カードがあれば、相手ターンに簡単に「ブラック・マジシャン」を出すことができるので、絶えずに手札に魔法(できれば速攻魔法)や罠カードサーチできるカードが欲しいところです。

2番目の効果は、墓地に存在する時に発動できる効果なので、「終末の騎士」や「ダーク・グレファー」などを使って墓地へ落としたいところです。
なお、注意すべき点は、『自分が魔法・罠カードの効果を発動した』とあるので、おそらく効果自体を無効にされてしまうと発動できないことです。


■マジシャンズ・ロッド
_20160224_164720

闇3/魔法使い/1600/100
1、2はそれぞれ1ターンに1度しか使えない。
1番目
召喚成功時、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

2番目
このカードが墓地にいて、相手ターンに自分が魔法・罠カードの効果を発動した場合、自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースすることで、このカードを墓地から手札に加える。


1番目の効果はサーチ効果になります。
ただ、テキストの『「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード』という部分がですが、

この部分を
「ブラック・マジシャン」と名のついた魔法・罠カードと解釈するべきなのか、それとも、カードのテキスト内に「ブラック・マジシャン」とついた魔法・罠カードと解釈すべきなのか判断に迷っています。

Vジャンプの記事から、答えは後者のようです。

このカードでサーチできるカードは、記入漏れがあるかもしれませんが、
「騎士の称号」
「黒魔術のカーテン」
「賢者の宝石」
「千本ナイフ」
「光と闇の洗練」
「黒・爆・裂・破・魔・導」
「黒・魔・導」
「魔術の呪文書」
「永遠の魂」
「奇跡の復活」
あとで紹介しますが、
「黒の魔導陣」
「イリュージョン・マジック」
「マジシャンズ・ナビゲート」
があります。

2番目の効果は、サルベージ効果。
リリースしなければならないので、使用は控えめにした方がいいでしょう。
1番目の効果をもう一度使いたい場合で、モンスターの数に余裕がある場合に使うといいでしょう。


■マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン
_20160224_164746

闇7/魔法使い/2100/2500
1、3はそれぞれ1ターンに1度しか使えない。
1番目
自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、手札から特殊召喚できる。

2番目
モンスターゾーンでは、「ブラック・マジシャン」として扱う。

3番目
このカードがフィールドに表側で存在する限り1度だけ、自分が魔法・罠カードの効果を発動した場合に、自分の墓地の「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚できる。


あまり積極的に採用したいとは思わないモンスターです。
「ブラック・マジシャン」を3枚採用しても、足りないと感じた場合に採用するのがいいでしょう。


■虚空の黒魔術師
_20160224_164451

闇/ランク7/エクシーズ/2300/2800
魔法使い族レベル7モンスター×2
1番目
エクシーズ素材があるこのカードが存在する限り、自分は相手ターンに速攻魔法及び罠カードを手札から発動できる。
その発動の際にこのカードのエクシーズ素材を取り除く。

2番目
エクシーズ召喚したこのカードが相手の効果or戦闘破壊で墓地へ送られた場合、手札・デッキから闇・魔法使い族1体を特殊召喚できる。その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。


後述する「マジシャンズ・ナビゲート」でエクシーズ召喚するのが、1番楽だと思います。
1番目の効果は、「アトラの蟲惑魔」よりもさらに対象が広がった効果です。
まだ、思いついていませんが、悪用できそうな効果ですね。
これから、相性のいいカードを探してみたいと思います。

2番目の効果は、保険になりそうです。
レベル制限はないので、「ブラック・マジシャン」や「混沌の黒魔術師」あたりを狙うといいかもしれません。
こちらの効果の対象モンスターも探してみたいと思います。


■黒の魔導陣
_20160224_164613

永続魔法
1、2はそれぞれ1ターンに1度しか使えない。
1番目
このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上から3枚確認する。
その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードor「ブラック・マジシャン」があった場合、相手に1枚見せて、手札に加えることができる。
残りのカードは、好きな順番でデッキの上に戻す。

2番目
自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を除外することができる。


個人的にはどちらの効果にも「ブラック・マジシャン・ガール」も対象に入れてほしかったです。
1番目の効果は、このカードを発動した時のみなので、メインは2番目の効果になります。
ターン1ですが、「ブラック・マジシャン」が登場するたびに、除去できるのはうれしい効果です。
「ブラック・マジシャン」のサポートカードの中では、比較的に使いやすいでしょう。


■イリュージョン・マジック
_20160224_164546

速攻魔法
1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」を2枚まで選んで手札に加える。


「ブラック・マジシャン」をサーチするだけなら、効率性やアドバンテージを考えるなら、「召喚師のスキル」があるので、積極的に採用するカードではないでしょう。

■マジシャンズ・ナビゲート
_20160224_164518

通常罠カード
1番目
手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。
その後、デッキからレベル7以下の闇・魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。

2番目
自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側の魔法・罠カード1枚を対象に発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


1番目の効果を使えば、すぐにランク7のエクシーズモンスターを出せます。
ただし、罠カードなので、出せるタイミングが遅れることがあります。

2番目の効果は、今までの歴代モンスターの強化カードに比べて、使いやすくなっています。


今後も、新たに情報が出ると思いますので、その都度、追加していきたいと思っています。
長くなりましたが、最後まで見ていただき、ありがとうございました。