遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【雑記】ストラクチャーデッキRの今後についての考察!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

最近、「バスター・ブレイダー」デッキを調整しているハイロンです。
完成→修正の繰り返しです。

さて、これまで帝→巨竜の順番で、強化されてきましたストラクチャーデッキRですが、今後どんなストラクチャーデッキRが登場するのか気になったので、記事にしてみました。

現在のところ、第5期のストラクチャーデッキの後ろから順にRになっていますが、いずれは第4期のストラクチャーデッキもR化していくのかな。

このあたりは不明ですが、
これまで発売されたストラクチャーデッキRの傾向から、
・看板モンスターのパワーアップ版モンスターの新録
・過去のストラクチャーデッキの看板モンスターの再録
この2点は、間違いないようです。
(今後崩れていくかもしれませんが。)

これを踏まえた上で、過去のストラクチャーデッキのキーワードを振り返りながら、今後の出るであろうストラクチャーデッキRの注目ポイントを指摘しておこうと思います。

(注目ポイントについては、ハイロンの妄想が含まれておりますので、その点をご理解の上でご覧下さい。)

■暗闇の呪縛
_20160215_005359

「ウイルスカード」、「デメリットアタッカー」、「バーン」がテーマでした。

Rで登場する時は、「魔王ディアボロス」の効果が、まったく違うものになるのか、それとも相手のデッキトップを操作する効果がパワーアップするのかが注目です。

新規のウイルスカードの登場やバーン効果がもっと強化される可能性もあります。

(無いとは思いますが、デメリットアタッカー寄りの構築になったら、「スキルドレイン」が入った構築になるしれません。)

「闇王プロメテウス」の存在から、除外がデッキのコンセプトとして、新たに入ってくるかもしれません。

00枠の存在を考えると「死王リッチーロード」のリメイク版が登場するかもしれませんが、まったく違う効果になるでしょう。


■閃光の波動
_20160215_005332

「ライフゲイン」、「パーミッション」、「天使族」、「天空の聖域」がテーマとなっていました。

いい加減に、「天空の聖域」から離れてほしいのですが、「天空勇士ネオパーシアス」が看板モンスターだったので、Rでもこの部分は引き継がれるだろうと思います。

なので、「パーシアス」の大幅な強化になるかと思います。
(「代行者」寄りも考えられますが、7期のストラクチャーデッキがあるので、厳しいかもしれません。)
また、ライフゲインを活かしたデッキも引き継がれると思います。

残りの「パーミッション」の部分はどうなるは微妙なところです。

カウンター罠を主体にするなら、「解放のアリアドネ」の再録があるかもしれませんが、現時点ではペンデュラムモンスターが、ストラクチャーデッキRに入ったことがないため、薄いでしょう。

そうすると、「宣告者」のような手札誘発型のパーミッションが考えられます。
こちらの方が、現環境にぴったりかもしれません。


■機械の叛乱
_20160215_005243

「アンティークギア」、「ガジェット」、「機械族」がデッキの中心になっていました。

コンセプトはそのまま受け継がれ、現環境に適した形になると思います。

オベリスク・フォースの存在もあって、そのあたりのカードが収録されるかもしれませんが、問題は、エクストラデッキがあるのかないのかが、ポイントになります。

エクストラデッキがあれば、アンティークギアの融合モンスターが収録されるでしょうが、
これまでのストラクチャーデッキRには、エクストラデッキが未収録なので、「アンティークギア」と「ガジェット」のハイブリッド型がより強化されると見るのが自然でしょう。


■恐竜の鼓動
_20160215_005210

「恐竜族」、「高攻撃力の上級モンスター」、「ジュラシックワールド」がキーワードでした。

一応、キーワードをあげてみましたが、このストラクチャーデッキは、何をしたいのかよくわかりません。

どう強化すれば、環境に入ることができるのやら。

竜族と聞いて、すぐに思いつくのは「ジュラック」で、やはり戦闘破壊に関連する効果を中心に強化されるのですかね?

『戦闘破壊した場合、次の相手ターンのメインフェイズ1にモンスターの効果を発動できない。』のような感じなら、強化としては大丈夫な方ですかね(?)

大幅な変更が加えられることは間違いないでしょう。


以上が、今後のストラクチャーデッキRの注目ポイントでした。
第4期のストラクチャーデッキも、機会があれば振り返ってみようと思います。

ハイロンの妄想にお付き合いいただき、どうもありがとうございました。