遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】目指せ!墓地からの特殊召喚!!「巨神竜フェルグラント」デッキ!!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

ストラクチャーデッキR-巨神竜復活―」のカードを中心にデッキを作ってみました。
_20160206_145948

「ライトロード・アーチャー フェリス」と「タイフーン」、エクストラデッキのカード以外は、いろんなストラクチャーデッキに入っているカードを使いました。
なので、過去のストラクチャーデッキを持っていれば、簡単に作りやすいデッキレシピになっていると思います。

デッキレシピは、おそらくスタンダードな構築になっている(?)と思います。
後は、決闘者の皆さまが個人的に改良していただければと思っています。
デッキレシピは、こちらです。
【デッキレシピ】
〈モンスター22枚〉
巨神竜フェルグラント×3
アークブレイブドラゴン×2
ライトロード・アサシン ライデン×3
巨竜の聖騎士×3
ライトロード・マジシャン ライラ×3
ゴブリンドバーク×3
ライトロード・アーチャー フェリス×2
巨竜の守護騎士×3

〈マジック12枚〉
竜の渓谷×1
おろかな埋葬×1
増援×1
光の援軍×1
死者蘇生×1
ソウル・チャージ×1
復活の福音×3
巨神竜の遺跡×3

〈トラップ6枚〉
タイフーン×3
リビングデッドの呼び声×3

エクストラデッキ
※現在、調整中
ラヴァルバル・チェイン×1
ライトロード・セイント ミネルバ×2
竜騎士フェルグラント×1
転生竜サンサーラ×1
他には、
ランク4の汎用性エクシーズモンスター
レベル8のシンクロモンスターなどからご自由に!


【デッキの戦術】
ストラクチャーデッキのコンセプトが、墓地からの特殊召喚なので、この2点を簡単に説明しておきます。

■墓地肥やし
「巨神竜フェルグラント」と「アークブレイブドラゴン」を墓地に送ることから始めます。

おろかな埋葬」や「竜の渓谷」でピンポイントに墓地へ送るか、ライトロードモンスターや「光の援軍」で、墓地へ落とす方法があります。

■墓地からの特殊召喚
「巨神竜フェルグラント」や「アークブレイブドラゴン」を墓地へ送った後は、蘇生できるカードを使って蘇生していきます。

「巨竜の聖騎士」や「巨竜の守護騎士」は、他にモンスター1体を用意して、これらをリリースすれば、墓地から「巨神竜フェルグラント」や「アークブレイブドラゴン」を特殊召喚できます。

この時に「巨神竜の遺跡」があれば、巨竜の騎士らの効果で、装備したモンスターをコストに、「巨竜トークン」を用意できて、蘇生効果を発動できます。

後は、普通に「死者蘇生」、「ソウルチャージ」、「復活の福音」、「リビングデッドの呼び声」を使って、「巨神竜フェルグラント」や「アークブレイブドラゴン」を蘇生させることができます。

【採用したカードについて】
■ゴブリンドバーク
「巨竜の聖騎士」や「巨竜の守護騎士」の装備する効果を発動できて、3番目の効果の墓地から特殊召喚する効果を発動するための準備ができるので、採用しました。

もちろん、ランク4のエクシーズモンスターになれる点も評価できます。

■竜の渓谷
「竜の霊廟」と迷いましたが、手札にきてしまった「巨神竜フェルグラント」や「アークブレイブドラゴン」の処理が、「巨竜の守護騎士」や「巨神竜の遺跡」ぐらいしかなかったので、こちらにしました。

なので、デッキから墓地へ送る手段よりも、手札にきてしまったカードの処理という役割が強い1枚になります。

また、「竜の霊廟」が手に入りにくいかもしれないことを考えるとこちらの採用になりました。

■ライトロードセイント・ミネルバ
_20160206_150058

確実性は、「ラヴァルバル・チェイン」に譲りますが、このデッキでは、ライトロードを8枚採用したので、墓地肥やしとドロー、そしてカード破壊の3つの役割が期待できます。

余裕がある場合は、こちらで様子見をするのがいいでしょう。

■転生竜サンサーラ
_20160206_150139

まずレベル5のシンクロは、「ライトロード・アサシン ライデン」と「巨竜トークン」でなることができます。

「転生竜サンサーラ」は、戦闘or相手の効果で破壊されれば、自分・相手の墓地からモンスターを特殊召喚できます。

まさにシンクロ版「死者蘇生」というべきモンスターです。


【最後に】
「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」は、ドラゴン族があまり入っていませんので、抜きました。

皆さんが思っているカードが入っていないこともあると思います。
今回は、作りやすさや使いやすさを重視しつつ、スタンダードな形を作ってみたので、この先の構築は、決闘者の皆さまに任せたいと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。