遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】竜剣士軍からの寝返り?!イグナイト入りの「アモルファージ」デッキ!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

シャイニング・ヴィクトリーが発売してから、「アモルファージ」デッキをずっと考えていたハイロンです。

デッキ作りは、今までで、一番難易度が難しかったですが、なんとか形になりました。
参考になればと思い、ご紹介させていただきます。


【デッキ構築にあたって】
■アモルファージの採用編
「アモルファージ」は強力なメタ効果を持つペンデュラム効果とエクストラからの特殊召喚を封じるモンスター効果の2つの効果を持っています。

どちらの効果も強力なのですが、その効果を使って相手を封じるには、相当な時間や手間がかかる上に、不安定であることがわかりました。

そこで、安定性を求めるために「アモルファージ」モンスターの選別をしました。

「アモルファージ」のペンデュラムスケールとレベルやステータス、効果を総合して判断した上で、ポイントを次の2つに絞りました。

ペンデュラムゾーンに置きたいモンスター
エクストラ封じ用のモンスター

ペンデュラムゾーンに置きたいモンスターは、この3体。

ガストル→モンスター効果
ルクス→魔法カード
プレスト→罠カード

この中から、どれを一番封じて戦いたいを考えた結果、モンスター効果を選びました。
_20160123_220954

次にエクストラ封じ用のモンスターは、レベル4の「アモルファージ」の中から、ステータスが高い「アモルファージ・ヒュペル」と「アモルファージ・キャヴム」の2種類にしました。
_20160124_171621

この2種類は、ペンデュラム召喚用として使うので、ペンデュラムゾーンには、積極的には置きません。
なので、ペンデュラムゾーンのもう片方に置くペンデュラムモンスターを別に用意する必要があります。

■イグナイトの採用編
もう片方に置くペンデュラムモンスターの鍵となるのは、「アモルファージ・ライシス」と「アモルファージ・インフェクション」のある部分と相性がいいかどうかに着目しました。
_20160124_171544

「アモルファージ・ライシス」で注目すべき部分は、『自分のペンデュラムゾーンのカードが破壊された場合』です。

この部分を読んだ時、「イグナイト」が思いつきました!
_20160124_171406

「イグナイト」は、もう片方に「イグナイト」がいれば、ペンデュラムゾーンのカードを破壊して「イグナイト」をサーチできるので、「アモルファージ・ライシス」の2番目の効果を発動できて、「アモルファージ」をデッキからペンデュラムゾーンに置くことができます。

サーチした「イグナイト」をペンデュラムゾーンに置けば、ペンデュラム召喚の準備ができます。
さらに「イグナイト」は、手札にある「アモルファージ」のペンデュラムスケールによって、サーチ先を変えることができるので、とても便利です。
_20160124_171511

「アモルファージ・インフェクション」では、
『自分フィールドのモンスターがリリースされた場合、または効果で破壊された場合』とあります。

「アモルファージ」の維持コストのリリースで、発動できることもありますが、
「イグナイト」専用のサポートカードの「イグニッションP」の効果を使って、
「イグナイト」を破壊しつつ、「イグナイト」サーチと「アモルファージ」のサーチをすることができます。

これらの相性の良さから「イグナイト」を「アモルファージ」の相方にして、デッキを作りました。

デッキ作りの背景が長くなりましたが、以上を踏まえた上でのデッキレシピはこちらになります。


【デッキレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アモルファージ・ヒュペル×3
イグナイト・ドラグノフ×3
イグナイト・イーグル×3
イグナイト・マスケット×3
エキセントリック・デーモン×2
アモルファージ・キャヴム×3
アモルファージ・ガストル×3

〈マジック 14枚〉
イグニッションP×2
増援×1
大熱波×3
月鏡の盾×2
アモルファージ・インフェクション×3
イグナイト・リロード×3

〈トラップ 6枚〉
アモルファージ・ライシス×3
イグナイト・バースト×1
連成する振動×2

エクストラデッキ 0枚〉


【デッキの戦術】
「アモルファージ・ガストル」をペンデュラムゾーンに置いて、モンスター効果の発動をできなくしつつ、ペンデュラム召喚した「アモルファージ」でエクストラデッキからの特殊召喚を封じます。

その後は、「アモルファージ」の永続魔法や罠カードで、相手モンスターとの攻撃力・守備力の差をつけて、戦闘で優位にしていきます。

「イグナイト」もフィールド魔法があれば、1700~2000の攻撃力になるため、戦力として使用できるし、リリースコストにもなります。
(「アモルファージ」の維持コストが、「アモルファージ」に限定していないため。)


【採用したカードについて】
■エキセントリック・デーモン
モンスター効果は、リリースなので「アモルファージ・インフェクション」の発動トリガーになり、
ペンデュラムゾーンでは、破壊なので、「アモルファージ・ライシス」の発動トリガーになります。
1枚2役をすることができるので、とても便利です。

■イグニッションP
ペンデュラムゾーンの「イグナイト」を破壊すれば、「イグナイト」をサーチしつつ、「アモルファージ・ライシス」の効果を発動できます。

モンスターゾーンの「イグナイト」を破壊すれば、「イグナイト」をサーチしながら、「アモルファージ・インフェクション」の効果で「アモルファージ」をサーチできます。

なお、このカードでサーチできる「イグナイト」は、魔法・罠カードも対象になるので、状況によって使い分けるといいでしょう。

■大熱波
「アモルファージ」をペンデュラム召喚することができなくなりますが、不安定な「アモルファージ」にとって時間稼ぎになるカードです。

なお、セットはできますので、リバースすることができれば、エクストラデッキからの特殊召喚を封じる使い方もできます。

「イグナイト」は通常モンスターのため、このカードを受けずに、召喚・特殊召喚できます。

■月鏡の盾
装備すると戦闘では、ほぼ勝てる装備魔法です。
「アモルファージ」は、ステータスが低めで、永続魔法・罠カードがないと勝てないこともあるので、このカードを採用しました。

守りと攻めの両方に使えるカードです。


【弱点】
「ハーピィの羽根帚」や「ツインツイスター」などを使われると、一気に不利になることが多く、立て直す前に終わることがほとんどです。

これらの対策として、「アモルファージ・ルクス」を入れることも考えられますが、「アモルファージ・ガストル」とペンデュラムスケールが同じなので、両方置くのは難しいです。
(ペンデュラム召喚ができなくなります。)

また、モンスターの全体除去を使われると、相手にエクストラデッキからの特殊召喚を許してしまう上に、ペンデュラムゾーンのリリースコストが用意できずに、こちらも不利な状況になります。

また、高い攻撃力のあるモンスターも突破できないので(永続魔法・罠カードが2~3枚あれば、何とかなることもありますが。)、こちらも厳しいです。


【最後に】
他にも良さそうなカードがあると思いますが、モンスター効果を発動できなくする+エクストラデッキ封じをコンセプトにデッキを作ってみました。

何とかデッキにすることができましたが、不安定さは相変わらずなので、もう少し改良の余地がありそうです。

今後も、「アモルファージ・ルクス」を中心とするデッキと「アモルファージ・プレスト」を中心とするデッキをいろいろと考えてみたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。