遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【特集記事】痺れる新カテゴリー?「電子光虫」編

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

「シャイニング・ヴィクトリー」特集の第2弾は、「電子光虫」の特集をしたいと思います。

まずは、「電子光虫」の共通効果について確認しておきましょう。
エクシーズ素材にする場合、昆虫族のエクシーズモンスターにしか使用できません。

1番目の効果は、守備表示に関連する効果を持っています。

また、下級モンスターの2番目の効果は、エクシーズ召喚したモンスターに効果を付ける効果を持っています。(以下、付与効果と表記します)


〈モンスター〉
■電子光虫―コクーンデンサ
光3/昆虫族/0/2000
1ターンに1度、攻撃表示で存在する場合、自分の墓地の昆虫族・レベル3モンスター1体を対象に発動。
このカードを守備表示にし、対象モンスターを守備表示で特殊召喚する。

〈付与効果〉
●守備表示モンスターを攻撃する場合、相手はダメージステップ終了まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。


1番目の効果は、昆虫族・レベル3モンスターなら何でもOKなので、「電子光虫」以外も対象にできます。
レベル3で有名な昆虫族と言えば、やはり「インゼクター」が思い浮かびます。

このカードは、墓地肥やしのカードを入れることを前提に、3枚投入を推奨します。

■電子光虫―センチビット
光3/昆虫族/1500/500
1ターンに1度、このカードが表側攻撃表示から守備表示になった時発動。
デッキから昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

〈付与効果〉
●相手の全ての守備表示モンスターに1回ずつ攻撃できる。

攻撃表示から守備表示にする手間がありますが、デッキから昆虫族のレベル3モンスターを特殊召喚できます。

守備表示にするには、「電子光虫―ウェブソルダー」の効果を使うのが理想です。

守備表示にするカードとしては、

機装天使エンジネル
アヌビスの呪い
アースクエイク
重力解除
進入禁止!No Entry!!
砂漠の光
つまずき
などがあります。

環境や好みで選ぶといいでしょう。

デッキに入れる枚数は、2~3枚ぐらいがオススメです。

■電子光虫―ウェブソルダー
光3/昆虫族/500/1500
1ターンに1度、自分の攻撃表示モンスター1体を対象に発動。
そのモンスターを守備表示にし、手札から昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

〈付与効果〉
エクシーズ召喚成功時、相手フィールドの全ての表側表示モンスターは守備力が0になり、守備表示になる。

1番目の効果は自身も対象にできるので、基本的な使い方は、自身を選んで手札から昆虫族・レベル3モンスターを特殊召喚して、エクシーズ召喚につなげるのがベストです。

この効果で特殊召喚したい筆頭候補としては、付与効果と相性がよい、「バチバチバチ」がいます。

バチバチバチの付与効果は、貫通効果なので、ウェブソルダーの付与効果で、守備力0の状態で相手モンスターが全て守備表示になります。

さらに、センチビットを素材にしていれば守備表示のモンスターに1回ずつ攻撃ができるので、1キルを狙うことができます。

こちらも3枚積みを推奨します。

〈エクシーズモンスター〉
■電子光虫―スカラジエータ
光/ランク3/昆虫族/エクシーズ/1800/1400
昆虫族・光レベル3×2体以上
1番目
1ターンに1度、エクシーズ素材を2つ取り除き発動。
相手モンスター1体の表示形式を変更し、効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は、相手ターンでも発動できる。

2番目
1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。そのモンスターをこのカードのエクシーズ素材とする。

1番目の効果が特に強力!
エクシーズ素材がある限り、1ターンに1度、相手モンスターの効果を無効にできます。
しかも、相手ターンにも発動できます。

2番目の効果は、センチビットの付与効果をつけていればたくさんのエクシーズ素材を持つことができます。

エクストラデッキに2~3枚欲しいです。

■電子光虫―コアベージ
光/ランク5/昆虫族/エクシーズ/2200/1800
昆虫族・光レベル5×2体以上
ランク3・4の昆虫族エクシーズモンスターから素材を2つ取り除き、そのエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することもできる。

1番目
1ターンに1度、エクシーズ素材を1つ取り除き、発動。
相手の守備モンスター1体を持ち主のデッキに戻す。

2番目
1ターンに1度、フィールドのモンスターの表示形式が変更された場合に発動。
自分の墓地の昆虫族モンスター1体をこのカードのエクシーズ素材とする。

基本的には、「電子光虫―スカラジエータ」経由で出しますが、後に紹介する「光虫異変」を使ってエクシーズする方法もあります。

守備表示モンスターをデッキに戻す効果と、エクシーズ素材を補充できる効果を持っています。

デッキに戻す効果は、ペンデュラムモンスターが登場してから、除外とともに注目しています。

ただ、相手の守備表示モンスター限定なので、「月の書」や「エネミーコントローラー」などを一緒に併用するほうがいいでしょう。

その時に2番目の効果も発動して、エクシーズ素材が貯めれます。

1~2枚が目安です。

■電子光虫―ライノセバス
光/ランク7/昆虫族/エクシーズ/2600/2200
昆虫族・光レベル7×2体以上
ランク5・6の昆虫族エクシーズモンスターから素材を2つ取り除き、そのエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することもできる。

1番目
守備貫通効果。

2番目
1ターンに1度、素材を1つ取り除いて発動。
相手フィールドの守備力が一番高いモンスターを破壊する。
この効果は、相手ターンでも発動できる。

こちらも、「電子光虫―コアベージ」経由か、「光虫異変」を使ってエクシーズする方法があります。

2番目の効果は、今までの「電子光虫」と違い、守備表示でなくても、効果を発動できます。
効果そのものは、相手ターンにも発動できる「地砕き」というべきものです。

こちらも1~2枚がちょうどいいでしょう。

〈魔法・罠カード〉
■光虫基盤
フィールド魔法
「光虫基盤」の2番目の効果は、1ターンに1度しか発動できない。

1番目
自分フィールドの昆虫族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

2番目
自分の昆虫族エクシーズモンスター1体を対象として発動。
手札の昆虫族モンスター1体をそのエクシーズモンスターの素材とする。

昆虫族の攻撃力・守備力アップと手札の昆虫族モンスターをエクシーズ素材にできるフィールド魔法カードになっています。

このカード自体が事故になる可能性があるので、0~2枚ぐらいが目安です。

■光虫異変
通常罠
「光虫異変」は1ターンに1度しか発動できない。

1番目
自分の墓地の昆虫族・レベル3モンスター2体を対象として発動。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

2番目
自分の墓地からこのカードとエクシーズモンスター1体を除外して発動。
自分の全ての昆虫族・レベル3モンスターのレベルはターン終了時まで、除外したエクシーズモンスターのランクと同じ数値のレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。


1番目の効果で蘇生することで、すぐにランク3のエクシーズ召喚ができます。
蘇生対象は、昆虫族・レベル3モンスター全般なので、「電子光虫」デッキ以外でも入ります。

2番目の効果は、自分フィールドの昆虫族・レベル3モンスターのレベルを除外したエクシーズモンスターのランクと同じ数値にする、レベル変更効果。

コアベージを除外すればレベル5にすることができ、
ライノセバスを除外すれば、レベル7にすることができます。

特にコアベージを除外した場合、普段では出しにくい「甲虫装機―エクサスタッグ」のエクシーズを狙うことができますので、戦術として覚えておくといいでしょう。


【採用を考えているカード】
ここからは、採用を考えているカードについて、紹介したいと思います。

■インゼクター
少し紹介しましたが、レベル3モンスターが多いので、無理なく入れることができます。

相手モンスターが、
攻撃表示ならインゼクター
守備表示なら電子光虫
と使い分けができます。

■カオスモンスター
こちらは、インゼクターを入れることが前提条件ですが、電子光虫は光属性、インゼクターは闇属性になるので、自然と入れることができます。

バチバチバチ
「電子光虫―ウェブソルダー」と一緒にエクシーズ素材になると相性が良いのでオススメです。

光・昆虫族・レベル3というステータスも「電子光虫」と同じなので、1~2枚入れていても悪くはないカードです。

シンクロモンスター
「電子光虫」の縛りは、エクシーズ召喚の場合のみなので、シンクロ召喚は、何も問題なく自由に行うことができます。

ただ、採用するチューナーは、「電子光虫」の効果上、昆虫族・レベル3モンスターがオススメです。

ちなみに昆虫族・レベル3モンスターには、
赤蟻アスカトル
ナチュル・スティングバグ
ナチュル・バタフライ
の3体がいます。

シンクロモンスターを採用するなら、レベル6とレベル9のモンスターを入れるといいでしょう。

「電子光虫」の効果を上手く使えば、「氷結界の龍 トリシューラ」を出すこともできます。


■表示形式を変えるカード
相手モンスターだけの表示形式を変えるカードとして、
「月の書」
「エネミーコントローラー」
「砂塵のバリア ―ダスト・フォース―」などが癖がなく使いやすいと思います。

後は「電子光虫―センチビット」で挙げたカードを好みで入れるのがいいと思います。
(ただし、絶版なので手に入れることができないこともあると思います。)

■大樹海
昆虫族モンスターが、戦闘・効果で破壊された時に、破壊されたモンスターと同じレベルの昆虫族をデッキから手札に加えることができます。

「電子光虫」は、全てレベル3なので、状況に応じてサーチモンスターを選べます。

■ライヤー・ワイヤー
墓地のカードを除外する必要がありますが、相手モンスターを破壊することができます。

蘇生効果を持つ「電子光虫―コクーンデンサ」や「光虫異変」の効果を発動しづらくなりますが、貴重な除去カードなので、「インゼクター」を入れないなら採用を考えてみたいです。

「電子光虫」以外で、レベル3モンスターを並べることができるギミックがあれば、除外したモンスターを「虚空海竜リヴァイエール」で再利用することもできます。

他にも相性が良いカードがあると思いますので、もう少し考えてみたいと思います。

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。