遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【特集記事】月に代わってお仕置き!ムーンライト特集!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

発売が近づいてきた「シャイニング・ヴィクトリー」の特集をしてみたいと思います。
まずは、私も作る予定の「ムーンライト」にスポットをあててみたいと思います。

_20160113_220622

【新規の月光カード】
〈モンスター〉
■月光蒼猫(ムーンライト・ブルー・キャット)
闇4/獣戦士族/1600/1200
1の効果は、1ターンに1度しか発動できない。
1番目
このカードが特殊召喚に成功した場合、「月光蒼猫」以外の「ムーンライト」1体をターン終了時まで、元々の攻撃力の倍になる。

2番目
このカードが、戦闘・効果で破壊された場合、デッキから「ムーンライト」1体を特殊召喚する。

1番目の効果で、「月光舞獅子姫」を対象にすれば、攻撃力7000で攻撃できるので、夢がありますが、出す手間を考えると、狙えればと言ったところです。

「月光狼」や「月光舞猫姫」を対象にするのが、現実的で、オススメかな。

2番目の効果は、効果破壊にも対応したリクルート効果。「ムーンライト」と書いているだけなので、自身も対象にできます。3枚投入推奨のカードです。

■月光紫蝶(ムーンライト・パープル・バタフライ)
闇3/獣戦士族/1000/1000
2の効果は、1ターンに1度しか発動できない。
1番目
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送ることで、「ムーンライト」1体の攻撃力はターン終了時まで、1000アップルする。

2番目
墓地のこのカードを除外することで、手札から「ムーンライト」1体を特殊召喚する。

1番目の効果で攻撃力をアップしながら、2番目の効果の発動機会を作れます。
相手ターンで発動できるかは、現時点では不明ですが、1000アップは大きいので、2枚以上の採用が好ましいと思います。

_20160113_220410

■月光白兎(ムーンライト・ホワイト・ラビット)
闇2/獣戦士族/800/800
1番目
召喚時に、「月光白兎」以外の墓地の「ムーンライト」1体を守備表示で特殊召喚する。

2番目
1ターンに1度、このカード以外の「ムーンライト」カードの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを持ち主の手札に戻す。

このカードで、墓地から「ムーンライト」を釣ってきて、「融合」するパターンもしくは、特殊召喚した「ムーンライト」のモンスター効果を使うパターンの使い方があります。

2番目の効果は、1番目の効果を使った後に発動できれば、確実に1枚戻せるので、どちらの効果も噛み合っています。

こちらも3枚投入が推奨です。

■月光黒羊(ムーンライト・ブラック・シープ)
闇2/獣戦士族/100/600
1番目
このカードを手札から捨て、以下の効果から1つ選んで発動する。
●「月光黒羊」以外の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を手札に加える。
●デッキから「融合」1枚手札に加える。

2番目
このカードが融合素材になって墓地へ送られた場合に発動できる。
「月光黒羊」以外のエクストラデッキの表側の「ムーンライト」ペンデュラムモンスターまたは、墓地の「ムーンライト」1体を手札に加える。

2つの効果をまとめると効果は、「融合」のサーチもしくは、「ムーンライト」のサルベージ。

ステータスが低いのが難点だが、2~3枚の間の採用がいいと考えています。

_20160113_220531

■月光狼(ムーンライト・ウルフ)
光6/獣戦士族/ペンデュラム/2000/1800
〈モンスター効果〉
このカードがモンスターゾーンに存在する限り、「ムーンライト」が守備表示モンスターを攻撃した場合、貫通ダメージを与える。
〈ペンデュラム効果〉
ペンデュラムスケール1
1番目
自分は、「ムーンライト」モンスターしかペンデュラム召喚できない。

2番目
1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールド・墓地から融合素材モンスターを除外して、「ムーンライト」融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

モンスター効果は、「ムーンライト」モンスターに貫通効果を与えるもので、自身も含まれます。
融合モンスターが横にいれば、戦闘で大ダメージを覚悟しておく必要があります。

ペンデュラム効果は、「ムーンライト」しかペンデュラム召喚できない制約効果と、フィールド・墓地から除外して、「ムーンライト」融合モンスターを融合召喚できる効果。

ペンデュラム効果に、「ミラクル・フュージョン」が付いていると考えていただければ、強さがわかっていただけると思います。
なので、3枚採用確定でいいと思います。

■月光虎(ムーンライト・タイガー)
光3/獣戦士族/ペンデュラム/1200/800
〈モンスター効果〉
1ターンに1度しか使用できない。
フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、墓地の「ムーンライト」1体を特殊召喚する。
〈ペンデュラム効果〉
ペンデュラムスケール5
1ターンに1度、自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

モンスター効果も、ペンデュラム効果も墓地の「ムーンライト」を特殊召喚できる効果を持っています。

ただ、ペンデュラム効果での特殊召喚は、いろいろな制約を受けるので、融合素材に積極的に使いたいです。
特に、普段では出しにくい「月光舞豹姫」や「月光舞獅子姫」を狙ってみるのもいいでしょう。

採用は、「月光狼」との兼ね合いから3枚でいいでしょう。


〈融合モンスター〉
融合モンスターは、「月光舞猫姫」は3枚で、後は1枚~2枚でいいと思います。

効果は、どれも似たような感じなので紹介だけになります。
■月光舞猫姫(ムーンライト・キャット・ダンサー)
闇7/獣戦士族/融合/2400/2000
「ムーンライト」×2
1番目
戦闘では破壊されない。

2番目
1ターンに1度、自分メインフェイズ1にこのカード以外の「ムーンライト」1体をリリースして発動。
このターン、相手モンスターはそれぞれ1度だけ戦闘では破壊されず、このカードは全ての相手モンスターに2回ずつ攻撃できる。

3番目
このカードの攻撃宣言時に発動する。
相手に100ダメージを与える。

■月光舞豹姫(ムーンライト・パンサー・ダンサー)
闇8/獣戦士族/融合/2800/2500
「月光舞猫姫」+「ムーンライト」
上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

1番目
相手の効果で破壊されない。

2番目
1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動。
このターン、相手モンスターはそれぞれ1度だけ戦闘では破壊されず、このカードは全ての相手モンスターに2回ずつ攻撃できる。

3番目
このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動。このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで200アップする。

■月光舞獅子姫(ムーンライト・ライオ・ダンサー)
闇10/獣戦士族/融合/3500/3000
「月光舞豹姫」+「ムーンライト」×2
上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみ特殊召喚できる。

1番目
このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

2番目
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

3番目
1ターンに1度、このカードがモンスターを攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。


〈罠カード〉
■月光輪廻舞踊(ムーンライト・リンカネーション・ダンス)
通常罠
1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合発動できる。
デッキから「ムーンライト」モンスターを2体まで手札に加える。

ペンデュラムセットを加えたり、「月光蒼猫」や「月光紫蝶」、「月光白兎」あたりが狙い目。

採用は、1~2枚程度でいいと考えています。

【採用を考えているカード】
ここからは、「ムーンライト」と相性の良さそうなカードをあげてみたいと思います。

■カオスモンスター
「ムーンライト」の下級と融合モンスターは、闇属性、「ムーンライト」のペンデュラムモンスターは、光属性なので、自然と入れやすいです。

ただ、光属性はペンデュラムモンスターで、そのカードの性質上墓地に溜まりにくいので、もう少し光属性を入れる必要があります。

■終末の騎士、マスマティシャン、おろかな埋葬
墓地肥やしの定番。
「月光紫蝶」を墓地に置いて、自身を除外して手札から「ムーンライト」を特殊召喚したり、
「月光白兎」の召喚時の効果に備えたり、
「月光黒羊」のサルベージ効果を使ったり、
「月光狼」のペンデュラム召喚による融合の準備など、
いろいろなことができます。

■「炎舞」シリーズ
「ムーンライト」は、全て獣戦士族なので、無理なく入ります。

「天キ」や「天枢」、あたりが採用候補。

戦闘を安全にするために「玉衡」を入れるのもありかなと考えています。

■闇の誘惑
闇属性が多いので無理なく入りますが、「炎舞」で十分ではないかと考えています。

入れるなら除外を活かせるようなカードと組み合わせたいです。


探せばまだまだあると思うので、発売日までもう少し探してみたいと思います。

以上で「ムーンライト」特集を終わります。
ありがとうございました。