遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【特集記事】ペンデュラム・ドミネーション発売直前!「DD」特集!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

さて今週末は、「ストラクチャーデッキ―ペンデュラム・ドミネーション」の発売が控えていますが、皆さんはチェックしていますでしょうか?

自分自身はブログの記事作成などで、チェックできていなかったので、ここで詳しく見ていきたいと思います。

ストラクチャーデッキ全体】

「DD」デッキを作っていなかった方にとっては、嬉しい収録内容です。

出た当初は、数千円していた「地獄門の契約書」や、書籍・応募者全員サービスなどの限定カードが再録されて、安く作れるようになっています。

「DDD烈火王テムジン」や「DDD神託王ダルク」などのカードが、未収録なのは残念なところです。

デッキの戦術としては、「墓地肥やし」がキーワードになりそうです。

墓地肥やしにも2つのパターンがあって、現時点ではどちらがいいのかは、発売後に判断するとして、一応、両方のパターンを紹介しておきます。

●墓地へ送るカードを選べる墓地肥やし

「終末の騎士」

「ダーク・グレファー」

「DD魔導賢者コペルニクス」など

●デッキの上から数枚墓地へ送る墓地肥やし

「カードガンナー」

「クリバンデット」など

墓地肥やしをした後は、以下のような戦略がとれそうです。

・「闇魔界の契約書」を使ってペンデュラムゾーンを完成。

・「DDネクロ・スライム」を使って、融合召喚

・「DD」チューナーを使って、シンクロ召喚

・「DD魔導賢者ニュートン」や「ダーク・バースト」などで、サルベージ。

他にも何かできそうですが、今考えられるのは、こんな感じですかね。

他に何かあれば、コメントなどで教えていただきたいです。

【新カードについて】

■DDD極智王カオス・アポカリプス

_20151211_154946

知らなかったのですが、モンスター効果は相手ターンでのみ使える効果なのですね。

使いにくい効果ですが、考え方しだいでは、相手ターンで自分のモンスターゾーンが空っぽでも、表側の魔法・罠カードが2枚あれば、相手はこのカードを警戒しなければならないという考え方ができます。

このカードが普通の効果モンスターであれば、「ウイルス」カードと相性がとても良く、もっと使い道があったのに。

その点が残念です。

■DDD呪血王サイフリート

_20151211_154917

このカードをぜひとも使いたいと思っています。

1ターンに1度、表側の魔法・罠カード1枚の効果を次のスタンバイフェイズまで無効にする効果を持っています。

ちなみに相手ターンでも発動できます。

表側の魔法・罠カードと書いているだけなので、相手が発動した通常の魔法・罠カードに対しても無効効果を発動できます。

つまり、魔法・罠カードに対して、とても制圧力があります。

戦略・効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「契約書」カード×1000ライフを回復します。

こちらの効果は、オマケ程度に考えておいてよいでしょう。

■DDラミア

_20151211_155016

手札・墓地にいる場合に、手札・フィールドの「DDラミア」以外の「DD」か「契約書」を墓地へおくることで、特殊召喚できます。

「DD」や「契約書」カードを手札からも墓地へ送れるので、通常召喚権を使って墓地肥やしをしていても、すぐにシンクロ召喚に使えます。

なお、この効果を使って特殊召喚した場合、お決まりの除外が待っています。

このため「D・D・R」の採用も考えることができます。

上記のカードを中心にしたデッキを作りたいと思っていますが、果たしてどうなるでしょうか?

発売が楽しみです!

ありがとうございました。